« 花の中にいるのは? | トップページ | 花の中にいるナニカ »

2014年4月25日 (金)

用の美

柳宗悦さん言うところの用の美とは・・・理解が半端なので説明が難しい。

日用実用品にはおのずと現れる美しさがある・・・という解釈は間違っているそうです。

まっ、いいじゃないですか、美を目的としない実用品は下手な美術品より美しいことがある、という解釈でも。

そんなことを思ったのは、NTT武蔵野研究開発センター通称電通研の技術資料館を見学してのこと。

↓「LSIテスタ(ULTIMATE)」だそうです。

B0098_140408lsitesta

意味も使い方もわかりませんが美しい。

(欲を言えば、左上の青と赤の線がなんとかなりませんかしら。)

アップルの故スティーブ・ジョブズ氏はデザインにとても気を使ったそうです。

聞いた話ですと、基盤のパターンが美しくないと言って、やり直しさせたそうな。

普通、基盤を取り出して鑑賞する人はいませんよね。

けど、気にくわなかったそうな。

担当者は大変だったろうな、と思う気持ちと同時に、ジョブズ氏のこだわりがわかる気もします。

ワタシ凡人なれど、いまどきの家具の何が嫌いかって、タンスでも書棚でも、裏の仕上げが雑なのが嫌いです。

見えないからいいじゃないか?

いんえ、嫌です。

天板がぼろぼろになった小ダンスが捨てられないのは、後ろがきちんと仕上げてあるからです。部屋の真ん中において、ぐるっと回って見たって恥ずかしくない。

(天板部分は恥ずかしいけど。直さなくちゃ。)

使いこまれた道具もいいですね~

↓掘削機の部品だったはず。右:ローラビット、左2個:ティースビット。

B0097_140406roler

↓碍子です。「裸」のほうに注目しないで、右を見てくださいまし。

B0095_140406gaisi

磨いて文鎮にしたいな・・・

↓海底のケーブル模型ですよん。かなり大きいです。

B0092_140406cable_2

電通研の見学に行ったのは、4月6日でした。

地元市の桜まつりの日に合わせて、一般公開されます。この日桜まつりは開催されたものの、あいにくと雨に降られてぱっとせず。とっとと隣接の電通研に行ったのでした。

以前にも見学していますから、端からじっくり見ようという殊勝な気持ちは持ち合わせず、面白そうなところだけつまみ食いしてきました。しょーもない野次馬です。

帰りがけの雨にけぶる電通研横の桜並木。

8299_140406sakura

なお、4月6日は、地元市の桜まつりのほかに

○日立中央研究所の庭園公開

○東大田無農場の観桜会

の日でした。

東大田無農場に行きたいな・・・と思っていましたが雨に流されて意欲溶解。

この次4月27日のはずです。行くぞっ。

と思ったら、知人から電話がありまして、○○さんが亡くなって云々。八ヶ岳の山の中に行ってくるだす・・・

|

« 花の中にいるのは? | トップページ | 花の中にいるナニカ »

ちまちま日常」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

同感です。安く上げるために見えないところは雑に仕上げる。とにかく安くして売れればいい。時代を表しているのでしょうか。見えないところもしっかり仕上げる。だから高いし、直してでも使う。そんな物を選べる人になりたいです。しかし、お金はたんまりあるわけではないのでよく吟味して、少しだけ購入します。

投稿: いち | 2014年4月26日 (土) 05時17分

いちさん こんにちは。
コメントありがとうございます。
安いモノには安いなりの、高いモノには高いだけの理由がありますね。
できる範囲で良質のモノとつきあいたい・・・とは思っています。
というわけで、最近は消耗品以外買っていませんcoldsweats01

投稿: マイマイ | 2014年4月26日 (土) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/59489452

この記事へのトラックバック一覧です: 用の美:

« 花の中にいるのは? | トップページ | 花の中にいるナニカ »