« 東京国立博物館 表慶館2 | トップページ | 東京国立博物館 本館 »

2014年2月10日 (月)

大雪の後

2月8日(土)は朝から雪でした。

東京地方も大雪予想で、不要不急の外出は避けるようTVで訴えていました。

ワタシは一種の生き物係りをやっておりますので外出せざるをえず、諸々の用をすませて帰宅するのが7時頃となりまして、雪は降るわ積もるわ風は横殴りだわ、の悲惨な道を辿りました。

歩いている人なんて殆んどいやしない。必死に雪かきする人はいらっしゃいましたけど。

お家へ帰ってベランダを見たら、鉢に雪が積もってました。ベランダのてすりにもこんもりと。

明日の朝写真に撮ろう、と思っていましたら、夜中に水音が聞こえまして、そう、軟弱な東京の雪は早くも溶け始めておりまして、ベランダまっさら。

夜に証拠写真を撮っとけばよかった・・・

↓近所のお宅の屋根です。30センチ近く積もっているかも。

7871_140209yane

↓近所の公園のベンチ。都知事選の投票に行く途中で見ました。

7874_140209yuki

積雪を測っておけばよかった・・・

↓別の公園。踏み荒らされた後ですが、結構積もってます。

7879_140209yuki

お家でおとなしくしている予定でしたが、午後になって雪が溶け始めてきて、思いました。

明日になったら、溶けた雪が凍りついて歩きにくくなる。今日なら・・・

それっと吉祥寺方向へ。

住宅街の雪だるまさん。

7902_140209yukidaruma

帰りに撮ろうとしましたら、行くときにはあった葉っぱの目が落ちていました。

この写真は、胴体に引っかかっていた葉っぱで目を合成しています。

もっと可愛い顔でした・・・

↓凝った雪だるまさん。目は空き缶の底です。

7900_140209yukidaruma

実はこの雪だるまがあったのは、一年前「吉祥寺の殺傷事件」が起きた現場に面したところでした。

事件後しばらくは、花束などが備えられていましたが、もう何の痕跡もありません。

ここを通りかかる人で覚えている人はどのくらいいるかな・・・

↓お店の呼び込み担当の雪だるま。まあね、人気ものだものね・・・

7899_140209yukidaruma

TVで「雪の井の頭公園」の映像を流していましたので、つい公園へふらふらと・・・

↓雪に浮かぶ七井橋。

7883_140209nanai

雪に浮かぶスワンボート。

7886_140209swan

↓お尻が冷えちゃうのよね。わたしもよお。

7886_140209swanup

水面が雪原。

7885_140209ike

雪原を縫って、川が流れていきます。え?

↓雪融け水があちこちで流れ込んでいました。かいぼり中だというのに。

7887_140209mizu

かいぼりステーションを覗いてきました。

捕獲の結果が張り出されています。この写真では分かりませんが、「実物大」だそうです。

7895_140209sakanal350

7896_140209sakana

↓駆除対象。

7894_140209sakanal350_2

金魚1匹って・・・

(アップの写真追加)
7894_140209kingyo

実物大とは、こんな具合です。

7897_140209sakana

右の係りの方の身長からご想像ください。

でっけえ・・・生きてるまま見物できたら、もっと面白かったかも。

↓クサガメ。

7891_140209kusagame

上の張り紙では保護に分類されていますが、容器の説明には「最近の研究で外来種であることがわかってきた」とあります。へ?

なお、漢字だと「草亀」ではなく「臭亀」のようです。

|

« 東京国立博物館 表慶館2 | トップページ | 東京国立博物館 本館 »

おさんぽ2・井の頭公園など」カテゴリの記事

動物生物」カテゴリの記事

自然・東京の雪」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

東京は雪がすごかったのですね。関東地方は太平洋側を低気圧が進むときに2月や3月に重い雪が降りますが、今回は本格的な積もる粉雪のようでした。この時期、大学の年度末試験の時、いつも雪の中を多摩動駅から長い山道を登りキャンパスへ続く隧道にたどり着いた時ホッとしたことを思い出します。今は立派なモノレールなんか出来てしまって随分時が流れたんだなぁと思っています。

しかしソウギョやアオウオはでかいですね!びっくりです。

投稿: いち | 2014年2月11日 (火) 04時48分

いちさん おはようございます。
コメントありがとうございます。
思いがけない大雪でしたが、溶けるのも早かったです。
 
ソウギョもアオウオも巨大でした。
生きている姿を見たら、きっと感動モノだったろうと思います。
せめて標本に、と思うのですが、魚粉になっちゃったそうです。
外来魚ゆえ仕方ないことかもしれませんが、残念・・・

投稿: マイマイ | 2014年2月11日 (火) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/59104645

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪の後:

« 東京国立博物館 表慶館2 | トップページ | 東京国立博物館 本館 »