« 大雪の後 | トップページ | 笑う雪だるま »

2014年2月12日 (水)

東京国立博物館 本館

立春過ぎてから本格的に寒くなりましたねえ。

昨日なんぞ昼頃に歩いていましたらに雪が舞いました。風花(かざはな)でして、降りはしませんでしたが、傘を持っていなかったので、少々ぎょっとしました。

---------------------------------------

2月2日の東京国立博物館キョロキョロの3です。

「クリーブランド美術館展」と「人間国宝展」を見てまいりましたが、どちらも「撮影不可」、会場の平成館内も撮影不可。ですので証拠写真はありませぬ。

「クリーブランド美術館展」はですね、海外流出しちゃった日本絵画の里帰り+α(アンリ・ルソーなど)です。

どういうタイミングでこれらの作品が海外に行ってしまったのか、惜しいことをしたものよ・・・というのが正直な感想でした。

「人間国宝展」はですね、正直言うと作者の個性が前面に出すぎて軟弱モノは押しまくられた感あり。疲れましたぞ。立派すぎる芸術は鑑賞するにも心構えが必要です。

↓で、本館です。

7845_140202honkan

〈昭和13年(1938)開館。渡辺仁設計。コンクリート建築に瓦屋根をのせた「帝冠様式」の代表的建築。平成13年(2001)、重要文化財に指定。〉(パンフより)だそうです。

本館はですね、撮影禁止の表示のないものは写真撮っていいんです。

長いこと、禁止と思い込んで写真撮らず。固定観念を改めることは必要ですね、何事においても・・・

早速、二階へ上がる階段をぱちり。

7829_140202kaidan

闇からオフィーリアが降りて来そうな・・・

二階から踊り場を見下ろしました。天井が高いんですのよ。

7819_140202honkan

踊り場というか中二階というか、この扉の向こうに何があるかはわかりませぬ。

7820_140202honkan

二階に上がったところの広い廊下には椅子があります。正面に見えるのは時計です。

7818_140202honkan

なるべく人がいない写真を、と思うのですが、なかなか立ち去ってくれませぬ(右に写っている人々)。

違う角度から撮りました。

7821_140202honkan

↓これは踊り場からというか中二階からというか、見上げて撮りました。

7828_140202honkan

こんな階段もありましたが、上がれませぬ。

7824_140202honkan

さて、これはどこにあった扉かしら・・・

7822_140202honkan

扉の取っ手が素晴らしい。

7823_140202honkan

↓これはどこの文様よ・・・

7827_140202honkan

いろいろ見すぎて、記憶がごっちゃになってます。

↓えーと、この照明は・・・

7825_140202netuke

そうそう、高円宮根付コレクションの部屋の天井でした。

↓中央奥にみえるのがコレクションです。

7826_140202netuke

高円宮根付コレクションは現代物が中心になっています。

古いものは明治時代に大量に海外流失したそうです。当時の人々には当たり前すぎて、特別の価値を見出せなかったんでしょうね。今から考えると惜しいことをした・・・

↓暗いんですよん。加工ソフトで無理やり明るくしています。

7816_140202netuke

この部屋自体がまた素敵でして、ワタシの寝室にしたいなあ・・・夜中にうなされるだろうなあ・・・

7817_140202netuke

この根付コレクション部屋も人が入れ替わり立ち変わりでして、写真撮るのに苦労しましたよん。

さて、あまりにもモノがありすぎて頭がクラクラしましたが、へええと思ったものを少々写真を撮ってきました。

↓「ガラス玉」は古代の宝物です。

7809_140202garasu

ワタシの幼少の宝物もガラス玉でしたけど、モノが違いますわね、ほほほ。

↓犬張子、じゃなくてえ・・・犬張子かしら。

7810_140202inu

とぼけた顔の天然パーマのオヤジさん風。お尻にサザエの尻尾みたいなトグロ・・・

↓必見らしいです。「自在置物 鷹」。明珍清春作。江戸時代18~19世紀。

7811_140202taka

ブレているのは暗いからです。ソフトで無理矢理明るくしてます。

7812_140202taka

自在置物は別の部屋にもありました。

海老。

7830_140202ebi

龍。

7831_140202ryu

7832_140202koi

それぞれ作者が誰か・・・知りたい方は是非博物館でお確かめ下さいまし。

メモしよう、なんて根性は残っていませんでした。

↓本館の屋根には鬼瓦。

7808_140202yane

ぐるっと一通り回ってくたびれましたが、まだ「東洋館」が残っておりまする。(続きまする)

|

« 大雪の後 | トップページ | 笑う雪だるま »

おさんぽ・博物館」カテゴリの記事

コメント

昭和13年?そんな時代に建てられたとは…。
自分の家だったら、暖房費が…
3枚目の写真、扉の奥がちょっと気になりますね
自在置物って、初めて聞きました。
どういう意味なんざんしょ?

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2014年2月12日 (水) 12時54分

美術館の中(絵)は、撮ってはいけないもの、
と思っていましたのが、
海外では、OKだったりするんですよね。
知らないと損することが多いです。
鬼瓦、見事です。
尼寺、、じゃなくて国立博物館へGO!ですね・

投稿: kiri | 2014年2月12日 (水) 18時28分

ジャネット・ぽこ・リン さん こんにちは。
きっと底冷えしますよお~
暖房費で破産しますよお~
 
自在置物は、体や関節が動くように作られた細工物です。
子どもの頃、似たようなおもちゃがありましたが、こっちは国宝です。
動かしたら怒られるでしょうね。
でもやってみたい・・・

投稿: マイマイ | 2014年2月13日 (木) 15時25分

kiriさん こんにちは。
国立博物館は1日楽しめますよお。
3月には花見で庭園が公開されますから、それに合わせて行くといいですよお。
人出がすごいとは思いますが。
 
白金の松岡美術館に行ったとき、撮影OKと知り、それだけで感動したことがあります。

投稿: マイマイ | 2014年2月13日 (木) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館 本館:

« 大雪の後 | トップページ | 笑う雪だるま »