« 踏んだり蹴ったり、繋がらなかったり | トップページ | 大雪の後 »

2014年2月 8日 (土)

東京国立博物館 表慶館2

2月2日の東京国立博物館キョロキョロの2です。

前回、天井の写真だった「表慶館」の続きですよん。

特別展(クリーブランド美術館展/人間国宝展)に来たのですが、こっちに興味津々。時間の都合で割愛、なんてならないよう、先に見ておきます。ふっふっふ。

7844_140202hyoukei

明治33(1900)年に、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して、国民の寄付で建設された奉献美術館だそうです。

ネオ・バロック様式。

重要文化財。

前回来たときは、大震災の影響だったのか公開されていませんでしたが、昨年(2013)9月にリニューアルオープンしたそうです。

ただし、1階部分だけ。

↓2階は見上げるだけです。以前は上がれたのになあ・・・

7795_140202ue

真上は吹き抜けドーム。

7794_140202dome

ドーム内には、花環形の内側に女性やハープなど様々なモチーフが描かれているそうですけど・・・見えませんよね。

下に視線を戻せば、アルコーブに見事な飾りがあります。

7793_140202kabe

真ん中に葱坊主怪人の目玉が見える、なんて言ってちゃいけません。

更に下を見ると・・・

7804_140202yuka

モザイクの床です。フランス産の大理石でできているんですって。

7802_140202yuka

入り口から向かって、ホールの左手の部屋です。

7797_140202situnai

椅子が現代風なんですが、まあ、それなりに調和して、いい雰囲気ですねえ。

7798_140202situnai

突き当たりに、2階への階段がありますが、見ての通り上がっちゃいけません。

7799_140202kaidan

ホールに向かって右側も同様のつくりなのですが、今回は右側への扉は閉ざされていました。

ですので、ホールの奥の部屋に進みます。

ほほほ、良い雰囲気ざましょ。

7801_040202situnai

椅子がアレですけどね、まあ、気軽に腰掛けられてよいかと。

7800_140202situnai

この部屋の先は・・・裏口に出ちゃいます。

この日は玄関に引き返してきましたけれど、裏にまわっておけばよかったかなあ。裏、じゃなくてテラスとか言うんじゃないかしらん。

玄関に戻ってふと、上を見上げれば、まっ、こんなとこにも凝った意匠がありました。

7805_040202kabe

中央の直線模様は中華に見えますけど、違いますわね。

玄関の狛ライオンの後姿。これぞ狛獅子。吽形のほうです。

7806_140202lion

で、外に出ると、レリーフがあります。

7807_140202gaiheki

あれえ? これもネオ・バロック? 

なんのこっちゃか分かるようアップにしますと

7807_140202hannya

7807_140202dougu

7807_140202dougu2

和模様だと思いまする。

この日は、他の壁面を見てきませんでしたが、きっと面白いものがあるはず。次の機会にぐるっと回ってみましょ。何が出るかなあ?

↓正面に向かって左の端を外からみたところです。

7853_140202hyoukei

今思うに、ガラスドアにへばりついて中を覗いてくればよかった・・・

(次の機会にそうしましょ)。

表慶館の裏で、梅が咲き始めていました。

7856_140202ume

教えてくださった方がいらっしゃいまして、おばちゃん同士、旧知の間柄であるように、しばし、くっちゃべりました。

こういう時、おばちゃんであることのありがたみをひしひしと感じます。

とんがっていた若い頃、こんな風に通りすがりの人と話ができるようになる日が来るとは思いもしませんでした。年取るのも悪かないです。

↓博物館に来る前の通りすがりの国立西洋美術館の庭でも梅が咲いていました。

7791_140202simin

梅の向こうの団体さんは「カレーの市民」(だと思います)。

|

« 踏んだり蹴ったり、繋がらなかったり | トップページ | 大雪の後 »

おさんぽ・博物館」カテゴリの記事

コメント

写真が良くとれていて内容がよくわかります。また写真期待してます。

投稿: なかさん | 2014年2月 8日 (土) 13時57分

この時代の建物は重厚感があって良いですね。
(年代など詳しくないので一緒くたにしてます^^;)
時間ができたら行ってみます。

投稿: kiri | 2014年2月 8日 (土) 15時14分

なかなか素敵ですね
おフランスの大理石の床も良いですね~。
こういう家に住んでみたいものです。
ははは、夢のまた夢ですけどね…

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2014年2月 8日 (土) 23時08分

素敵な建物ですね。写真も上手に撮れていますね。
私も、昨年数十年ぶりに国立博物館に行き、展示物のみならず建物も見る価値ありと思いました。
今年はゆっくりと訪ねてみたいです。

投稿: barcarole | 2014年2月 9日 (日) 11時26分

なかさん コメントありがとうございます。
写真を撮るのは結構難しくて・・・
次回は期待外れかもしれませぬ(^-^;

投稿: マイマイ | 2014年2月10日 (月) 09時35分

kiriさま おはようございます。
時間ができたら、といわず是非お出かけください。
3月には、普段は入れない庭園が、お花見公開になるはずです。

投稿: マイマイ | 2014年2月10日 (月) 09時37分

ジャネット・ぽこ・リンさま おはようございます。
こういう素敵なお家は見るだけにしておいた方が良いかもしれません。
今の季節、底冷えが半端じゃないかも・・・

投稿: マイマイ | 2014年2月10日 (月) 09時39分

barcarole さま コメントありがとうございます。
本館も素敵でした。
写真は上手く撮れませんでしたが、続きで少しアップする予定です。

投稿: マイマイ | 2014年2月10日 (月) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館 表慶館2:

» キトラ体感、いよいよ 東京国立博 [ローカルニュースの旅]
奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画を紹介する特別展「キトラ古墳壁画」の開会式が21日、東京・上野の東京国立博物館であった。「四神」(方角の守護神)のうち朱雀・白虎・玄武と、獣頭人身の子・丑の「十二支像」の壁画が、22日から村外で初めて公開される。5月18日まで。... [続きを読む]

受信: 2014年4月24日 (木) 17時55分

« 踏んだり蹴ったり、繋がらなかったり | トップページ | 大雪の後 »