« 街角の抗争 | トップページ | おさかなレスキューの意味 »

2014年1月28日 (火)

宇賀神さんのお引越し

宇賀神さまは正体不明の神様です。分かっているのは、胴体がとぐろを巻いた蛇で、頭が人間ということ。

その頭も、爺さんだったり、若い女人だったり・・・

wikipediaによりますと、〈神話の宇迦之御魂神(うかのみたま)に由来するするものと一般的には考えられている〉が、諸説ありまして〈出自が不明〉で決定的な説はなさそうです。

そもそも、ワタシには弁財天もよく分かりません。神様なんだから神道だろうと思っていたら、仏教の神様だなんて。

ああっ、世の中知らないことばかりだっ。

先日、井の頭弁財天の参道を黒門から歩きまして、「井之頭弁財天石鳥居講中」という謎の石碑をみつけまして、なんだ?と思っておりましたら、つい最近まで宇賀神さんが乗っかっていたそうな。

で、その宇賀神さんはどこへお引越しを?

昨年、井の頭弁財天様が12年に一度のご開帳をしたのにあわせて、境内にお移りになられたそうです。

頭が爺さまの宇賀神さま。1月23日にようやくお目にかかれました。

7590_140123ugajin

吉日って、いつよ?

7591_140123ugajin

昔は、黒門から弁財天にお参りするのが正式ルートだったようですが、いまは殆んどの人が吉祥寺駅から来ます。坂の上にこんな神様がいたなんて知らない人が圧倒的。

ワタシもつい最近まで知りませんでした。

弁財天の狛犬だって、昔は坂の上の、燈篭などと一緒にあったそうです。

スコティッシュフォールド系狛犬様。いや、それじゃ狛猫になっちゃう。

7585_140123koma

まっすぐそろえた足が古代オリエント風。・・・ペルシャ系・・・やっぱ狛猫・・・

7588_140123koma 

↓今はこんな風に親切な解説板が立っていますが、ワタシの知る頃はなんの表示もなかったぞな。

7650_140124seizoul350

おかげで、いつも「なんか石碑があるわね」と思いつつ通りすぎていたのが、実は遺跡の記念碑だったりして。

7561_140111iseki

御殿山遺跡、というそうで。

7560_140111isekil350_2

↓こんな看板も。 〈井の頭池遺跡群」

7583_140123isekil350

そういえば、大分前のことになりますが、公園(神田川部分)に面した吉祥寺南町の一等地にマンションが建つことになって、掘り返したら遺跡が出てきて、発掘作業のため工事が中断した、なんてことがありましたわねえ。

知り合いが、その高級マンションを買おうとしていたので覚えているざますよ。

抽選のため南向きの部屋が手に入らなくて買うのやめた・・・んだったざますよ。

おほほ、ワタシなら南向いてなくても買ったざますよ・・・お金がなかっただけざますよ。

弁財天の近くにはこんな石碑もありました。

↓徳川三代将軍家光公の石碑なるぞよ。

7651_140124fukagawa

家光公が「井之頭」の名をコブシの木に彫ったという伝説が刻まれているそうです。

かなり頻繁に通りかかっていながら、この日まで気がつきませんでした。まこと人間の目は節穴。

↓こちらは弁財天の手水舎。

7584_140123tyouzu

子どもが小さかったころ、この近くで遊ばせては、どろどろになったのを手水で洗っていましたっけ。ろくにお参りもせず、じゃばじゃばと。当時も今と変らぬ罰当りでした。

弁財天様。頻繁に来ながら、お賽銭を上げたのは数えるほどしかありません。

7586_140123benten

(そういえば、この日も賽銭箱素通りしちゃった。)

立派ですねえ・・・

7587_140123benten

で、弁財天様の近くにプールがあったことを知ってる人、いますか。

今は東屋のある一角です。

7648_140124pool

通称「井戸水プール」。地下水をくみ上げているので、真夏でも水温が低く、すぐ冷えるプールでした。

昭和8(1933)年にできたそうです。

ワタシ、乙女時代に入りましたよ。冷えて寒いので、隣の浅いプールに漬かりに行ったら、「そこは小さい子用! 大人は出て!」と怒られました。

昭和60(1985)年頃に廃止され、代わりに西園に「西園プール」ができて、子どもを連れていきましたわね。

その西園プールも、2002年頃廃止になったようです。思い出がどんどん消えていきますわね・・・

↓この石のオブジェはなんでしょう。もしかして井戸水プールの名残?

7649_140124pool

弁天様の近くには梅林があります。

24日、池のかいぼりの様子を見に行ったら、1本だけ咲き始めていました。

7655_140124ume

こんな具合。今日あたりもっと咲いているかも。

7655_140124umeup

寒いけれど、花は律儀ですわねえ。

で、一つショック。自然文化園の温室が地震で被害を受け、取り壊されることにはなっていましたが、23日に通りかかったら、ほんとになにもなかった・・・

7578_140123onsitu 

温室を裏から見るの、好きだったんですけど・・・

こんなんでした。

100804onsitu2

(2010年8月)

地震直後にはこんな表示があったのですが、それきりとなりました。

110508onsitu

(2011年5月)

|

« 街角の抗争 | トップページ | おさかなレスキューの意味 »

おさんぽ2・井の頭公園など」カテゴリの記事

コメント

へぇ、宇賀神さんと言うのは神様でしたか。
私が現在住んでいる地域には、
宇賀神さんと言う姓の方が多くいらっしゃいます。
珍しいなとは思っていましたが、
何か関係があるのでしょうか?
胴体に蛇。きゃぁ!です(^_^;

投稿: kiri | 2014年1月28日 (火) 21時07分

kiriさん おはようございます。
宇賀神さんは弁天様とよくセットにされる神様のようです。
弁天様の頭の上に乗っかっていたりするようで。
石像は愛嬌がありますが、生身だったら不気味・・・
 
ネットにこんな記事がありました。
「~特有の苗字といってもいいようです。宇梶、宇賀地、宇賀持、宇加地なども同じです。」
以下詳しく説明あり。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153146076

投稿: マイマイ | 2014年1月29日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/59025840

この記事へのトラックバック一覧です: 宇賀神さんのお引越し:

« 街角の抗争 | トップページ | おさかなレスキューの意味 »