« 青渭神社 | トップページ | 暮の植物多様性センター »

2014年1月 6日 (月)

暮の深大寺再訪

急に寒くなりましたね。

昨日は久しぶり井の頭公園を歩いて見ようと思っていたのですが、あまりの寒さに挫折(軟弱もんです)。図書館で予約の本を受け取っただけで買物もせずさっさと帰りました。

で、家にこもってパン焼いたりミシン掛けしたり毛糸編んだり・・・一応、女子です。

--------------------------------

昨年12月23日の散歩の4です。まだ新年になれません。

青渭神社の脇から深大寺に、またやってきました。前日より人出が少ないようです。

今度はばっちり撮りました。深大寺の石看板。

7435_131223sekihi

山門でござる。

7436_131223sanmon

人が少ないのは風情があっていいですね。山門を内側から撮りました。

7443_131223sanmon

鐘楼でござる。静かでいいでしょ。

7442_131223shoro

で、お地蔵さん多数を撮っちゃっいましたけど、派手なのが風車と気づきまして・・・もしや・・・合掌。

7437_131223jizo

本堂に向かって右手には「旧庫裡」があります。

7439_131223kori

7440_131223kori

無用の立入りご遠慮願います、とありながら、展示体制。入ってるカップルいましたよ~

7438_131223kori

表に並べられたこれは大釜でしょうね。炊飯器にとってかわられてお役御免なのでしょうか。

7441_131223kama

供養しないと化けて出るとか・・・

↓本堂です。わーい、撮り放題です。

7448_131223hondo

↓本堂内の阿弥陀如来像の説明。この日は勿論、お目にかかれませんでした。

7444_131223honzonl350

向かって右に目出度そうな物件がございます。

7450_131223hondo

「天水華座(てんすいけざ)」と申しまして、天の恵みの雨水を溜めるものだそうな。

7445_131223tensuil350

京王のバス・電車開業100周年記念奉納だそうな。

↓この日はからから。

7446_131223hasu

で、カメさんうろうろ。

7449_131223kame

向かって左にもありまして、こちらではカエルさんまごまご。 雨が恋しい。

7454_131223kaeru

↓これはですね、本堂の前面の柱の下部の彫り物です。

龍かな・・・

7452_131223hasira

いや、毛の生えた亀かな、と・・・(分かりません)

7451_131223hasira

本堂と元三大師堂をつなぐ廊下です。時折お坊さんが急ぎ足で通過します。

7455_131223rouka

廊下の前後に、五大尊の滝と五大尊池があります。手前の池は見ましたが、滝は見えたのかな・・・(記憶曖昧)

元三大師堂は前日見ましたから、前庭を通って西へ抜けます。

(前日は人がいっぱいで、ちゃんと写真撮ってないことを忘れていました。)

で、隅にある小さな神社の前で、(これは前日写真を撮ったから)と、狛犬とナニカのみ撮影。

(でも、前日の写真、再掲しますね↓)

7303_131222jinja

年代モノの狛犬様です。

7457_131223koma

どっちが阿で、どっちが吽だかわかりません。うんうん。

7458_131223koma

↓燈篭に見えて灯りを入れる所なし・・・

7459_131223toro

「白山社」というそうです。説明によりますと、

明治18年再建の時に白山・稲荷・山王の三神を合社したもので、白山権現は「縁結び」、稲荷大明神は「商売の神、屋敷神」、山王権現は「地主神」だそうです。

7456_131223hakusanl350

さらっと書いてありますが、明治18年再建って、もしかして、明治の「神仏分離令」によって起きた「廃仏毀釈」により、壊されちゃったとか・・・いや、神社は対象じゃないですよね。神道は国教になったんですもんね。何があったのでせう。

なお、この説明書き、5行目の「窺えます」が「窺えす」になってます。ま抜け。

こちらの門から出ます。

7460_131223mon

乾門。乾(北西)の方角にあります。現代語で言えば北西門。

7461_131223inui

↓扉の妖怪に見えまする。

7462_131223inui

そういえば、鬼太郎関係素通りしちゃった。いや、通らなかった。この次はちゃんと参道から入らねば・・・

↓美味しそうな深大寺風景です。

7464_131223mise

上の風景の右手に進みますと、こちらも賑やかそうですが・・・

7472_131223enmei

がっちり横穴作りの延命観音様です。

7471_131223enmei

昭和41年に海底から引き上げた大石に観音様が彫られていたそうな。

7467_131223enmei

これこそ廃仏毀釈で海に投げ込まれたのかしら・・・

↓観音様が見えますかな。合掌。

7470_131223choju

実は、乾門を出る前に「銅造釈迦如来倚像」も見学したしました。

如来様は白鳳時代の古いもので、国の重要文化財だそうですが、釈迦堂があまりにぴかぴかでして、写真撮る意欲でず。パスいたしました。 合掌。

実は、乾門を出てすぐ「深大寺動物霊園」がありました。

そちらは行く気になれずパス。動物好きですよ。好きですけどね・・・

実家の猫や犬は庭の隅に埋めていましたっけ。実家の実家地方では、牛が死んで密かに裏山に埋めたとか・・・

今埋める場所がないから、こうして霊園が繁盛、じゃなくて必要なんですけどね。合掌。

延命観音の前を西に進みますと、水源湧水池です。

↓この方どなた? 深沙大王さまじゃないはず。 

7473_131223suigen

(追記:不動明王さまのようです。)

静かでしたよ。

7474_131223suigen

↓ここからも水が出ていたような・・・

7475_131223suigen

ピンぼけ写真です。

水の神様、深沙大王さまのお堂はこの近くです。この日は反対方向に上がっていきます。

7476_131223saka

しまった。深沙大王さまにちゃんとお参りすればよかった・・・

坂道の途中に大木の痕跡。

7477_131223ki

原始の光景のような。

7478_131223ki

で、上りきって出たのは、都立神代植物公園の横の道。この時点で2時。さあ、どっち行くべきか・・・

まだ続きあります。

|

« 青渭神社 | トップページ | 暮の植物多様性センター »

おさんぽ31・調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暮の深大寺再訪:

« 青渭神社 | トップページ | 暮の植物多様性センター »