« 宇賀神さんのお引越し | トップページ | 国立博物館 表慶館 »

2014年1月29日 (水)

おさかなレスキューの意味

井の頭池・おさかなレスキューを見物したのは25日の午前中。

なぜか疲れ果てて、午後の部を諦めて帰ってきました。

その時は色々なものを見すぎたのだと思っておりました。中高年の智慧熱みたいなものかと。

「おさかなレスキュー」

いい言葉ですよね。水が引いていく池からお魚を救出してあげるんですもの。ついてに、悪者のブラックバスやブルーギルを駆除する、正義の味方・・・

単純なワタシはそう考えておりました。

引き上げられたお魚は計測ステーションに運ばれて、悪い奴以外は弁天池に放流されるんだ、と。

が、あれれ、ブラックバスでもブルーギルでもないお魚が外されていくよ。

7756b_140125gairai

網に入れられたあの赤いのなんだろ、鯉は放流されるんだから、鯉じゃないよね・・・

7755_140125gairai

左の白い仮設小屋にしまわれました。

後から理解したことですが、実は鯉も外来種でした。それでも黒い鯉(真鯉)はなんらかの理屈で放流グループに入ったのですが、色のついたのはダメ。

あの赤いお魚は緋鯉だった・・・そんなあ・・・端午の節句の鯉幟、どうしてくれるんだ・・・

7753_140125higoi

ギギというお魚も「国内外来種」という、ややこしい概念で駆除の対象だそうです。

7749b_140125gigi

これが生物多様性というやつか。単純なワタシには、わけわからんぞ。

25日の帰りがけに弁天池を覗いたら、黒い鯉ばっかりでした。

7766_140125bentenike

以前は緋鯉、錦鯉が混じってカラフルでした。

おさかなレスキューの、結構厳しい現実でした。

現場を眺めているうちに、ついつい歴史上の出来事を連想してしまい、なけなしの脳みそが疲れ果てた気がします。

-----------------------------------------

かいぼりの集計結果はまだ公表されていないようです。

ネットには、外来魚が9割で内6割がブルーギルとブラックバス、とか、99%が外来魚とか、いや70%だとか、いろいろな数字が入り混じっています。現場に「かいぼりステーション」が設置されるそうですから、様子を見に行くつもりです。

ワタシにはこの方のブログが興味深かったです。

いぞらぞ「魚の骨格標本日誌」
「井の頭公園のかいぼり」

http://blog.goo.ne.jp/isolado-kokkakuhyouhonn/e/f69982df47d8be69ba84b8d812db645f

(コメント欄に興味深いコメントが寄せられています。)

|

« 宇賀神さんのお引越し | トップページ | 国立博物館 表慶館 »

おさんぽ2・井の頭公園など」カテゴリの記事

動物生物」カテゴリの記事

コメント

「いぞらぞ」さんのとこを拝見してきました。
奥が深いですdog

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2014年1月29日 (水) 21時36分

外国のお魚さんが、飛行機に乗り、電車にのって、
勝手に吉祥寺かいわいまで来るはずは無いん
ですけどねぇ......

京都の鴨川でも、「大々的に外来種の捕獲作戦
がはじまる。」
と、新聞にでました。

投稿: なかっちょ | 2014年1月29日 (水) 22時08分

ジャネット・ぽこ・リン さん。
素人の手に余る問題のようですわねfish

投稿: マイマイ | 2014年1月30日 (木) 14時44分

なかっちょさん。
お魚を助けるんだ、と頑張った小学生が、「ボクが助けた大きな魚、肥料になるの」とかつぶやいていたとしたら、切ない・・・

鴨川では、どこまでを外来種とみなすのでしょうか。
鯉なんぞ、すっかり日本になじんでしまっていますよね。

投稿: マイマイ | 2014年1月30日 (木) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/59031012

この記事へのトラックバック一覧です: おさかなレスキューの意味:

« 宇賀神さんのお引越し | トップページ | 国立博物館 表慶館 »