« 井の頭公園 池の中には・・・ | トップページ | 井の頭公園池 おさかなレスキュー »

2014年1月24日 (金)

井の頭公園 罰当りの所業

池に自転車などを放り込むのも許しがたい罰当りですが、その上をいく罰当りの所業↓。

7597_140123inari

昨年5月、公園内の神社が燃えました。昨日(1月23日)に寄ってみましたら、まだ修復されていませんでした。木の部分は炭化しています。赤く燃えているように見えるのは、朱塗りのところなどです。

〈井の頭公園 弁天様の北東(鬼門の方角)に祀られている「親之井稲荷」神社が、5月1日午後11時過ぎに火災に逢った。

近所の人の通報で火は約30分ほどで消し止められたが、全焼した。ここは普段火の気のないところで、放火の可能性が高いとみて調べているようです。〉 (井の頭町会のニュース)

許せんぞよ。

7596_140123inari

吉祥寺に住んでいた頃は、何度かお参りしました。

7592_140123inari

小さい小さい稲荷様です。

7595_140123inari

弁天様に人が溢れていても、こちらはいつもひっそり。

7593_140123inari

鳥居の中に入れなくなっちゃっています。

7594_140123inari

究極のバチアタリモンめが・・・

さて、本日24日もお昼に抜け出して、井の頭公園へとっとこ。気になって仕方ありません。

本日の七井橋。

7634_140124ike

橋から西側を見たところ。かなり水がひいてます。

7632_140124ike

ゴミはですねえ、水が引くにつれて新たに出現しておりますのですよ。

自転車は勿論、台車、傘やビデオデッキ、ラジカセ、ビール瓶・・・

証拠写真を撮りましたが、掲載する気になれませぬ。とにかくゴミがいっぱい。

↓ひょうたん橋近くも水位が下がっています。 

7640_140124ike

といっても現地を見てないと、良くわかりませぬ。

↓で、比較のため、11日のほぼ同じ場所の写真を再掲載。

7529_140111ike

下がってますでしょ。

これだけ下がれば十分なのか、↓このパイプ分は停止しているみたいです。

7642_140124ike

よって、パイプの先のプールも停止。

7639_140124ike

↓七井橋を遠くから見ますた。

7644_140124ikel350

明日は、この橋の上が特等席になるのでしょうかねえ・・・

|

« 井の頭公園 池の中には・・・ | トップページ | 井の頭公園池 おさかなレスキュー »

おさんぽ2・井の頭公園など」カテゴリの記事

動物生物」カテゴリの記事

コメント

さすが、地元でいらっしゃるだけに、すぐに、参上とはお早い!昨日、NHKだったか? 放映していました。自転車が何台も。外来魚の駆除もされていましたね。そこで、話題にはなっていませんでしたが、亀も、どこへ行っても、ミシシッピアカミミガメ(小さなときは、ミドリガメ)ばかりですね。日本のイシガメはほとんど見かけません。何でも、水面下に捨てるとは、よろしくないですね。

投稿: しらこばと | 2014年1月24日 (金) 19時22分

お互い好きですねえ。
私も気になって午後に行きました。
七井橋はきっと込み合うでしょうから、私は池に下りるステップ近くでウロウロしてるつもりです。

どこかにシャワーでも用意してるのかと捜してみましたが、その気配はありませんでした。

天気もいいし、レスキュー隊の子どもたちは大はしゃぎすることでしょう。
では明日。

投稿: 多摩散歩人 | 2014年1月24日 (金) 20時11分

しらこばとさま。
見ていて恥ずかしくなるようなゴミの堆積でした。
水が濁って中が見えないのも一因でしょうね。
清流が復活することを望んでいます。
池には亀もたくさんいた筈ですが、さて、何亀だったでしょうか。アカミミガメだろうとは思いますが。

投稿: マイマイ | 2014年1月24日 (金) 21時34分

多摩散歩人さま。
やっぱり・・・(笑)
 
明日は、1時間くらい出遅れざるを得ません。
見物できる場所が残っているかな・・・
橋の上はまずだめでしょうね。
ステップ近辺にもぐり込むつもりで行きます。

投稿: マイマイ | 2014年1月24日 (金) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/59001215

この記事へのトラックバック一覧です: 井の頭公園 罰当りの所業:

« 井の頭公園 池の中には・・・ | トップページ | 井の頭公園池 おさかなレスキュー »