« 時の贈り物 | トップページ | 野川公園への道 »

2013年12月 3日 (火)

東小金井駅から笠森神社へ

11月30日、以前の小金井散歩で到達できなかった「野川公園」に行くため、東小金井駅で降りました。

公園そのものを目指すならバスでよいのですが、それでは物足りない。といって、地元から歩くにはちょっと遠い・・・

2回目の東小金井駅です。

当日は快晴でして、電車の中から富士山がばっちり見えました。

ホームから撮ろうと思ったら、あれれ、周辺の建物に埋もれています。

6670_131130fuji

愛用のコンパクトデジカメでは、これ以上の望遠は無理。

↓トリミングしてみました。ボケボケですね・・・

6670_131130fujiup

駅前の小金井市のこみゅにちぃバス、もといコミュニティバスのcocoバスです。

6672_131130bus

小金井の桜色だそうです。

6671_131130bus

目的地は野川公園なのですが、マップの途上にはいろいろ記載があります。

とりあえず「マロンホール」へ行ってみました。名産の栗会館かと思いましたが、正式名称は「東小金井駅開設記念会館」です。

入口脇に石碑と胸像がありました。東小金井駅開設に私財を投げ打って奔走した宮崎金吉氏を記念するものだそうです。

6673_131130kaisetu

東小金井駅の開設は、1964年(昭和39年)9月10日。全国初の請願駅(全額地元住民負担)〉小金井市民新聞より)でして、「マロンホール」は〈その歴史を後世に伝えようと建設した民間施設〉だったそうです。

(中に入ればよかったなあ・・・)

マロンホールの向かいはモンブラン、じゃなくて「太陽寺」です。

コンクリート寺でして、法事もやっているようでして、境内に立ち入るのは遠慮しました。

が、ちょこっとだけ中がのぞけます。黄緑観音様がおわします。苔むしたのでしょうか。

6674_131130kannon

↓東小金井地蔵合唱団。

6675_131130jizo

 ♫低気圧に乗って 北へ向かうわ~

 (お地蔵さま、ごめんなさい)

さて、地図に従って南下します。

この公園はどこだったかしら。住宅公団の団地の一角だったような。

6679_131130zo

↑この滑り台、ゾウさんですよね。そう見えるんですけど・・・

公団内の道はマップによりますと桜の名所だそうです。今は枯葉舞う秋。春にぜひ来ましょう。

で、その先にいきなり大木です。公園の表示はありません。

6681_131130ki

旧家の跡地なのでしょうか。同じような写真をもう1枚。

6682_131130ki

大きな木はほっとします。右端の人影から大きさを想像くださいまし。

で、ぐるりと回ったら小さな駅がありまして、え? 西武多摩川線の新小金井駅でした。

線路を渡って駅の東側に行きますよ。

6685_131130fumikiri

可愛い踏切です。田舎を思い出しました。

親の様子を見に週末ごと通っていた日々、幹線駅からのタクシー代が結構嵩むので、時間はかかるけれど、少しは実家に近くなるローカル線に乗り換えて行きました。

単線でしたよ。小さな踏切でしたよ。無人駅でしたよ・・・

↓これはなんでしょう。

6686_131130torii

写真の下のほうに、どでんと停車中の車が写っていたので大幅にカットしました。鳥居です。

笠森稲荷神社です。連なる鳥居が素敵ですこと。

6687_131130kasamori

笠森稲荷神社に関してはネット情報がそれほどありませんが、神社人によりますと、

〈笠森稲荷の「かさ」の音は「瘡」に通じることから疱瘡や皮膚病除けの流行神としても知られている。〉

小さな神社ですが、興味深いところです。

6691_131130kasamori

入口のお狐様。柴犬系でしょうか。

6692_131130kitune

昔は緑溢れる背景だったでしょうね・・・

6693_131130kitune_2

子狐がうなだれている気がします。

ちょうど境内のお掃除中だったので、参道の連なる鳥居を一気に潜り抜けて奥へ向かいました。

お社にございます。正面からでは畏れ多いので、斜めから写真を撮らせていただきました。

6696_131130yasiro

上の写真の右わきには、小さなお狐様がびっしり。

6694_131130kitune

↑左下でだるまさんが突っ伏しているのが気になります。

一人だけ場違いで、お狐様に慰められているのか、小言を言われているのか・・・

お社前でお狐様が番をしています。

6697_131130kitune

律儀に「子狐組」と「玉」組に分かれています。

6698_131130kitune

お賽銭箱の前には、紫をまとった高貴なお狐様。

6699_131130kitune

↓ここの神社は「正一位稲荷大明神」だそうです。

6699_131130ititi

大きなお社の左隣に小さなお社。こちらでもお狐様が番をしています。

6700_131130kitune

うしろのお狐様が栗鼠系かな・・・

6700_131130kituneup

境内から振り返りました。 来た道を引き返すことにします。

6701_131130torii

逆方向一番手前のお狐様です。

6702_131130kitune_2

手袋がお好き・・・じゃなくて、掃除の人が置いただけです。スマートな別嬪キツネさん。(雌雄があるのでしょうか)

↓こちらは竹ぼうきの柄がお好き・・・じゃ、ありません。

6703_131130kitune

なんとなく精悍なハンサムキツネ君に見えます。

お次はちょっといかついドーベルマン系。赤いふりふりエプロンが似合っています。

6704_131130kitune

↓骨を咥えてるんじゃありませんよね。 ありがたい巻物?

6705_131130kitune

先ほどのお狐様は玉を咥えている様子。横顔が凛々しい。

6706_131130kitune

その次は、入口の柴犬?系お狐さまでした。

ありがとうございました。この次はちゃんとお参りしますので、くれぐれも罰当てないでくださいまし。

神社を出てさらに南下します。 神社の横はこんな原生林風・・・

6707_131130mori

都会と田舎が混ざり合っております。

笠森稲荷神社のすぐ近くに「天神社」がありましたが、こちらは「参拝以外お断り」みたいな掲示がありまして、野次馬としては入りづらくパスしてきました。

気軽に入れてくれませんかしら・・・

天神社の近くの畑か庭かで、皇帝ダリアが見ごろでしたよ。 

6688_131130koutei

で、野川公園は遠い・・・続きます。

|

« 時の贈り物 | トップページ | 野川公園への道 »

おさんぽ31・小金井市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/58688653

この記事へのトラックバック一覧です: 東小金井駅から笠森神社へ:

« 時の贈り物 | トップページ | 野川公園への道 »