« ふたたび野川公園~ | トップページ | 武蔵野の森公園の端っこ »

2013年12月12日 (木)

近藤勇墓所と撥雲館

寒くなりましたねえ。一昨日は大雨降るし雷は鳴るし、時ならぬ嵐に仰天しました。

12月8日散歩の2です。

富士見大橋の下を通って野川公園南側に行きまして、梅林などを抜けたあと正門から出て、龍源寺へ向かいます。

のつもりでしたが、「東門」というものがございまして、龍源寺こっち、みたいな案内がありました。

近道はありがたいです。遠回りするのは道を見失っているときだけで結構です。

あ、ありました。お堂の屋根が見えます・・・裏から入れるのかな、ときょろきょろしていると、

「不審者を見つけたら、まよわず110番」みたいな張り紙がありました。

・・・・・・

不審者ではありませんが、基本野次馬です。余計な事態を引き起こさないよう、正面に回ることにいたします。

曹洞宗大澤山龍源寺にございます。新選組局長近藤勇の生家宮川家の菩提寺だそうでして、近藤勇さんの墓もございます。

6901_131206ryugenji

門前には、石碑がございます。

6897_131208kondo

ネット情報によりますと、右二基は「青面金剛庚申供養塔」だそうです。道教系です。

日本は神仏混淆と言われますが、道教も参入しております。儒教はどうだったかな・・・あれは道徳みたいなもんでしたか。あ、「仙人」は道教系ですよ。

↓昭和63年に、三鷹市剣道連盟さんが建てておられます。

6897_131208kondoup

「近藤勇先生慰霊剣道大会を毎年開催」とあります。

三鷹市剣道連盟年表によりますと、第1回開催は昭和32年です。

昭和42年には、近藤勇100年祭記念剣道大会を主催しています。

↓史蹟近藤勇墓所でございます。これがお墓ではありません。お墓はお寺の中にあります。

6898_131208kondoubosho

胸像にございます。

6899_131208kondo

アップにございます。

6899_131208kondoup

で、肝心のお墓に参っておりません・・・

罰当たりモンですので、野次馬根性で境内に入るのが憚られました。

近藤勇さん、享年35。

馬齢を重ねるという表現が似つかわしくなってくると、若くして死んだ人々に申し訳ないような気がします。凡人なので気がするだけで終っちゃうのですが。

wikipediaによりますと、近藤勇墓所と言われるものは他にもあるそうです。

〈近藤の遺体は東本願寺法主が受け取り埋葬したとされるが、

一説に同志により奪還され、愛知県岡崎市の法蔵寺に葬られたともいわれ、同寺に近藤の首塚がある。

また東京都三鷹市の龍源寺(先述の出身地、現・調布市野水のすぐ近く)や

処刑場の近隣であるJR板橋駅前にも旧同士だった永倉新八により建立された墓所がある。

福島県会津若松市の天寧寺には土方歳三が遺体の一部を葬ったとされる墓があり、

山形県米沢市の高国寺にも近藤勇の従兄弟近藤金太郎が首をひそかに持ち帰り埋葬したとされる墓がある。

毎年、民間団体が近藤勇を弔う為に「近藤勇忌」を流山市や会津若松市等で行っている。

戒名は貫天院殿純義誠忠大居士。〉
 (改行しています。)

義経伝説はモンゴルまで広げちゃいましたが、近藤さんも広範囲ですね・・・

wikipediaの記述にあるとおり、慶応4年4月25日(1868年5月17日)に斬首されています。

かのマリーアントワネットがギロチン斬首されたのが1793年、なんと野蛮な、と思っていましたが、約70年後の日本も内戦真っ只中、処刑は斬首・・・今から考えると恐ろしい・・・

なお、この近辺は市境が入り組んでおりまして、野川公園は小金井市、龍源寺は三鷹市、近藤勇生家跡は調布市です。

塀越しに中を覗いてみました。

6903_131208ryugenji_2

柿がたわわに実り、近藤勇さんの時代からさほど変わっていないかのような長閑な光景でした。

お寺前の三鷹市大沢地蔵合唱団。

6900_131208jizo

演目は「ああ新撰組」・・・

(三橋美智也版 http://youtu.be/gzox2TAF0AU

ついでに 三橋美智也 新撰組の唄
http://youtu.be/_E6NWCWG2NY

↓不審者発見。煙突から侵入しようとしてますよっ。

6904_131208entotu

前回は生家跡に行きましたので、今回は道路の向こう側の「近藤道場撥雲館」に参ります。

6905_131208hatuunnkan

こちらは調布市です。個人宅内にありますので、見学はできません。

6906_131208hatuunkanl350

たまたま開いていた門扉越しに撮らせていただきました。

6907_131208hatuunkan

上の説明によりますと、昭和50年代まで道場として使われていたようです。

太平洋戦争時には、調布飛行場建設のため移転し、戦後また道路拡幅のため現在地に移転したそうです。

先の東日本大震災では無事だったようです・・・

6910_131208oka

散歩は丘を越えて続きます・・・

|

« ふたたび野川公園~ | トップページ | 武蔵野の森公園の端っこ »

おさんぽ31・三鷹市」カテゴリの記事

おさんぽ31・府中市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
近藤勇のお墓がこんなにあるとは…。
いや、今日も、目から鱗でしたdog

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年12月12日 (木) 20時35分

近藤勇胸像は美男でしょ。
実物はもっと多摩地方の顔、えらが張ってて頬も張り出してる武骨な男だったと思ってます。

バチは当たりませんから次はお寺の中に入ってお墓のお参りしてくださいませ。
墓所に入ってすぐの右側です。

投稿: 多摩散歩人 | 2013年12月12日 (木) 23時27分

ジャネット・ぽこ・リン さん こんにちは。
目によく効くマイマイ印の鱗落し…(嘘嘘)
検索するまで知りませんでしたbleah
世の中、知らないことだらけです。

投稿: マイマイ | 2013年12月13日 (金) 13時25分

多摩散歩人さん こんにちは。
胸像も結構エラが張ってました…
が、諸々の要素でイケメンに見えますね。
こういう昔の日本人顔が少なくなったような気がします。
お墓参りは次回いたします。
(まだ行くつもりです…笑(゚ー゚))

投稿: マイマイ | 2013年12月13日 (金) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/58731425

この記事へのトラックバック一覧です: 近藤勇墓所と撥雲館:

« ふたたび野川公園~ | トップページ | 武蔵野の森公園の端っこ »