« 近藤勇生家跡から都立武蔵野の森公園へ | トップページ | 玉川上水 境水衛所跡~浄水場 »

2013年12月 7日 (土)

シマウマのお通り

丸の内仲通りを馬が駆け抜けていきます。

へん、捕まえられるもんなら捕まえてみやがれ・・・

6790_131201simauma

とポーズを決めるトラウマ、じゃなくてシマウマ。虎縞は黄色と黒です。

12月に入っていますが、師走の気分ゼロ。ホカホカ暖かい日には晩夏を引きずっていたりします。

12月1日、丸の内の出光美術館に行ってきました。ほほほ、野っ原を土ぼこりにまみれて歩き回るだけじゃございませんことよ。

たまには都心の空気に触れておくですよ。

「江戸の狩野派 優美への革新」展です。

詳しくは出光美術館サイトをご覧下さいまし。
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

前もそう思ったんですけどね、館内暗いです。中高年にはちょっと目が疲れます。

で、展示内容はどうだったかと?

楽しい絵が多かったですよ。美術批評なんぞできませんが、絵は見て楽しいのが一番かと近頃思っています。

描いている人が真っ先に楽しんでいる絵。

今回もたくさんありましたけれど、一押しは、会場入って直ぐの

「伝 狩野元信 『花鳥図屏風』 室町~桃山時代 六曲一双 出光美術館」でした。

鳥さんがね~嬉しそうなんですよ~

(高尚な美術批評は専門家にお聞き下さいまし。) (^-^;)

「狩野永納 『遊鶴図屏風』 江戸時代 六曲一双 出光美術館」も楽しそうでした。

会期は15日までです。

で、この日は心身のエンジンがかからず、出かけるのが午後になりました。美術館のあと皇居東御苑再訪の予定でしたが、多分入園受付時間に間に合わないはず。(後で調べたら、11月1日~2月末日は3時半締切でした)。

急きょ予定変更しまして、以前から行ってみたかった丸の内JPタワーの「インターメディアテク」へ。

わかりやすく言い換えると、東京駅前の「KITTE」ビル内の東京大学総合研究博物館のミュージアムです。つい最近TVで取り上げられたので、ご存じの方も多いはず。

で、今やっているのが「驚異の部屋―京都大学ヴァージョン」です。
http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0010

博物館です。博物です。脳みそで言えば博覧強記みたいに事物がぎっしりと詰まっておりまして、まさに驚異の部屋でした。

おーっおーっと見学しましたよ。

大好きな鉱物標本もぎっちりありましたよ。世界の著名ダイヤのレプリカセットには笑っちゃいましたよ。オルロフとかコーイヌールとか持ち主に不幸をもたらすことで有名なホープのブルーダイヤとか・・・みるからにガラス風で・・・本物を見たわけじゃありませんけどね・・・本物そっくりに作ったらヤバイ用途に使われますでしょ・・・その前にこれだけの名ダイヤがセットで出てきたら本物と思うほうがどうかしてますけど・・・展示場所を変えて生産国の違う数セットありましたよ・・・最初のは英国製だったかしら、後のはロシア製、他は何製だったかしら・・・アハハ・・・

旧郵便局で使われていた木製の棚や机などもいい雰囲気でしたよ。

あ、撮影禁止なので、写真は一切ありませんです。

鳥の剥製のところでつまづきました。ぎっちり剥製が並んでいましたが、毛並がね・・・死んだ鳥のです。生きてる鳥の毛はあんなに乱れていませんひしゃげていません・・・壮大な死体展示ですわね・・・

と思ったらもうダメ。車酔いしたみたいに気分が悪くなりました。

そのあとの動物剥製、もちろんダメ。

人体模型、ダメーッ。

しまいには爬虫類標本もダメ、魚標本もダメになりまして、うぷっ。

機械類の展示場所に行きましてようやく一安心。金属とか鉱物はいいですね~

はあ、体調絶好調の時に来ましょう。帰ります。

↓東京見物バスです。SKY BUS TOKYO Tokyo View from Top。

6788_131201view

屋根のない2階席にお客さんがいましたよ。行ってらっしゃい~

東京駅はすぐそばです。おなじみ、はとバスがとまっていました。

6791_131201hato

一度は乗って見たいような、遠慮しときたいような。

そういえば、新装なった東京駅を見るのは初めてでした。 (行きは有楽町駅で降りました。)

6786_131201tokyo

中途半端な時期なので、イベントいっさいなし。今年もライトアップするんでしょうかしら。

昨年のミチテラスは見事だったようですね。

131205tokyo

東京ミチテラス2012「TOKYO HIKARI VISION」公式映像
http://youtu.be/-JtM6GwIQhk

おっ、今年もなんかやるみたいですよ。

東京ミチテラス2013
http://www.tokyo-michiterasu.jp/

多分、すごい人でしょうね・・・

↓今さらですが、東京駅のドーム。

6793_131201dome

で、この日は、早々とおウチに帰りました・・・

じゃなくて、吉祥寺で途中下車して、物欲まみれになってお買いものなんぞをして、その後歩いて帰宅しましたので、丸の内ではそれほど動いていないのに、歩数17848でした。

|

« 近藤勇生家跡から都立武蔵野の森公園へ | トップページ | 玉川上水 境水衛所跡~浄水場 »

おさんぽ4・都心編」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

江戸狩野派は、豪華絢爛だけど、金ピカshine
で、逆に疲れない(笑)
まあ、昔のお殿様なんてなにもすることが
ないから、これ位刺激的な部屋にいないと、
頭がポケちゃうのよね(^^ゞ

京大博物館は面白いでしょ。
なんや分からん(説明してもらうとその時は
分かった気になるけど)我楽多・・・
もとい、資料がいっぱいあって、一日遊べ
るね。

投稿: なかっちょ | 2013年12月 7日 (土) 11時21分

こんばんは。
お殿様もそれなりに辛いのですね(笑)。
京大博物館は強迫的に我楽多もとい資料を詰め込んでいますね。
体調の良いときでないと楽しめません・・・
(゚ー゚;

投稿: マイマイ | 2013年12月 7日 (土) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/58702288

この記事へのトラックバック一覧です: シマウマのお通り:

« 近藤勇生家跡から都立武蔵野の森公園へ | トップページ | 玉川上水 境水衛所跡~浄水場 »