« タミさんのパン焼器 2 | トップページ | 近藤勇墓~大沢の里横穴古墳へ »

2013年12月26日 (木)

いちごの橋から くまの森へ

東京地方は実に寒くなっています。猛暑の後は酷寒がやってくるというのは本当かも。

12月22日の散歩です。目指すは深大寺なのですが、前回取りこぼしがありますので、JR東小金井駅より歩き始めました。

例によって、あちこち引っ掛かります。

↓で駅前で、いきなり遭遇。

7121_131222post

ゴミ箱・・・ではなく、図書返却ポストでした。善意前提の設置ですね。落書きしちゃいけません。

なるべく違う道を、と日本歯科大学のグラウンドの横を行くことにします。

歩き始めてすぐのコンビニで、小ぶりの地元柚子7個105円を売っていました。荷物になるからと迷いましたが、冬至です。買っちゃえ・・・この先余計な物を抱えないようにしなくちゃ。

しばらくして小さな踏切を西から東へと渡りました。小さいのですが、注意書きがいっぱいです。

7123_131222fumikiri

「くぐるな あぶない」「東八道路には出られません」ほかに、線路に石おくな電車に物なげるな、非常ボタンはここよ・・・

くぐって危ない目にあった人がいたんですね、東八道路に出られなくて八つ当たりした人がいたんでしょうね、石置いたんでしょうね物投げたんでしょうね・・・

ほっとくと、どんどんエスカレートするのが人間ですものね。

近くの花屋さんの花台。

7122_131222hanaya

花屋と書いてあると思っていましたが、良く見ると花星でした。店名ですわね。

違う道を、と願いましても、国際基督教大学の横か、二枚橋の坂を通るしかありません。

せめて途中にある「いちご橋」を渡りましょうか。

↓なんの変哲もない橋。

7124_131222itigo

なんだ「一五橋」か・・・いや「一期橋」か。一度渡ったら二度と渡れない橋・・・ なわけありません。

↓潰れた苺のような色合いと質感の表示石がありました。苺橋だ・・・

7125_131222itigobasi

やっぱり。

7126_131222itigo

地元名物、オレンジ苺。新品種です。一年中実をつけます。(嘘です。)

苺橋から南。鉄塔が見えます。

7127_131222itigo

振り返ると、西武多摩川線の電車が通過します。

7128_131222densha

昔なら、わーいわーい、と手を振ったものですが、いい年こいてねえ・・・

橋を渡りましたが、引き返して、国際基督教大学の横を行くことにしました。

柵の間にデジカメを差し込んで構内をパチリ。いや、フェンスの隙間に先をつっこんでだったかしら・・・

7131_131222icu

コンパクトデジカメだからできる芸当です。落として泣きを見ないよう、ストラップに手を通しています。

で、野川公園に到着しまして、前回と同じく野川沿いを歩きました。

↓なんだか分かりますかな。

7132_131222nogawa2

水面を撮ったのですよ。こんがらがった藻屑みたいなのは、木の枝が波に揺らいでいるところ。

白い部分は、お日様です。怖いもの知らずの素人は太陽を撮っちゃいます。

右下の赤いのはなんでしょね。まさか誰か溺れていたんじゃないでしょね。

↓しばらく進んで、前回は気づかなかった湧水発見。

7133_131222nogawa

川べりを流れて野川に注ぎます。

7134_131222nogawa

なおも先に進みます。今回は自然観察園には行きません。

↓カラスの生る木。

7136_131222karasu

カメラ向けたら飛び立っちゃいましたが、カラスがぎっしり止まっていました。真下を通るのはちょっと恐怖で、遠回りしました。

鴨さんの群れ。逆光。

7137_131222nogawa

違う方向から、と思ったら逃げられちゃいました。

7140_131222kamo

↓またしても富士見大橋の下へ。一種のゲージツです。

7141_131222hasisita

橋はまた鳩の家でもあります。

7142_131222hato

画面明るくしていますが、実際は真っ暗でして、鳥目の鳩さん、家へ帰るのが大変じゃないかと、どうでもいい心配をしました。

その先が前回行かなかった「くまのもり」です。多分「熊の森」。

なんだ、普通の公園でした。

7143_131222kuma

と思ったのは束の間。奥は湧水あり崖ありの森です。

7144_131222kuma

↑下が緑色なのは、SDカードの容量限度で記録できなかったためかと。

旧式デジカメなので、2GBのカードの1GBしか認識できません。ここでSDカード交換。

で、撮影続行。地面はどこも落ち葉で埋め尽くされていました。

ひときわ見事なのが紅葉の落ち葉。朽木にも降り積もり・・・

7146_131222kareha

「枯れ葉の寝床」(森 茉莉)・・・

7149_131222kareha

お耽美していたいけれど、先があります。行きます。

ここにも湧水 くまの森からの流水あり。野川に注ぎます。

7152_131222kuma

パールピンクに塗られた「泉橋」を渡って竜源寺方向にまいります。

↓で、お耽美気分がいっぺんに吹き飛びました。

7154_131222fukuro

コンセプトは親子フクロウだとは思いますが、小さいおじさんの大小コンビが頷きあっているようにみえます。

「あいつ絶対ヘン」

「待て待て、現行犯逮捕じゃないと」

襲われる前に助けて下さいまし。いや、ワタシが疑われているのか。

ということで、今回の散歩、延々と続きますです。

|

« タミさんのパン焼器 2 | トップページ | 近藤勇墓~大沢の里横穴古墳へ »

おさんぽ31・三鷹市」カテゴリの記事

おさんぽ31・小金井市」カテゴリの記事

おさんぽ31・野川と周辺公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/58817941

この記事へのトラックバック一覧です: いちごの橋から くまの森へ:

« タミさんのパン焼器 2 | トップページ | 近藤勇墓~大沢の里横穴古墳へ »