« 勤労感謝 | トップページ | 恋ヶ窪用水~姿見の池 »

2013年11月25日 (月)

国分寺 熊野神社~恋ヶ窪用水跡~

11月17日国分寺散歩の3です。

日立中央研究所庭園の見学を終えまして、歩き足りません。そこで、裏側をぐるっと回ることにしました。

駅に向かうのと反対方向にとことこ・・・ほとんど歩いている人はいません。

角にちょっとした案内図がありまして、左におれると「曲り松」だのいろいろ書かれていましたが、実際に歩いて見ると「はてな?」・・・(後でネットで調べたら、松はどうも枯れちゃった様子・・・)

が、斯様な建物がありましたぞ。

6541_131117ie

レトロ、ノスタルジック・・・窓をご覧下さいまし。枠にパテを詰め込んでいそう。

6540_13111ie_2

↓こちらもよろしい雰囲気で。

6542_131117ie

こういうものにばかり目がいくのは、中高年の証しでしょうね・・・

↓熊野神社にございます。いえ、本殿じゃなくて手水場。

6544_131117tyozu

竜神様がおわします。

6545_131117ryu

なんかねー、お口の中で金歯がキラリ、みたいな・・・

6545_131117kinnba

この手水場にはさらに面白いものがありました。

手水の使い方の作法が掲示されていますが、なんと乙女チックな少女マンガ風イラスト・・・それも何十年も前の画風の・・・

遠慮して写真を撮ってこなかったのが悔やまれます。

↓上の上の上の写真の一部を拡大。赤い水玉ワンピースの可憐な女の子がちらり。

6544_131117sahou

で、↓燈籠。下は龍が巻きついていますが、右上部は炎が噴き出しているような・・・

6547_131117toro

え、ニャロメ?  

6547_131117ryuup

いくらなんでも赤塚漫画がこんなところにあるわけがない。横に回ってみましょ。

↓やっぱりニャロメ・・・

6546_131117ryu

気を取り直して、↓こちらが本殿です。

6548_131117jinja

こちらは狛犬です・・・ 狛ニャロメじゃありません。

6549_131117koma

↓すみません、取り澄ましたニャロメにしか見えなくなりました・・・バチあてないで下さい。

6550_131117koma

↓本殿脇の境内社です。八雲神社とかいろいろ・・・(暗記したつもりで忘れました)。

6551_131117jisha

ちょうど七五三のお参りをしている方がいらっしゃいましたので、罰当たりは退散することにします。

その前に殊勝におみくじなんぞを・・・社務所の前で足元に巨大ヒトデ出現。

6552_131117kirikabu

へ? 大木の伐採跡でした。けなげにキノコが生えてます。左端もキノコの「若芽」。

6553_131117kabu

おみくじは、吉は持って帰る、凶は神社においていく、のが作法だそうです。

ワタクシはといいますと、「小吉」でしたのでお持ち帰り。吉に「小」がつくあたり、小人物にふさわしいですわね・・・

大吉は凶に通ず、とか言う人もいますけどね・・・大は小を兼ねるとも言いますでしょ(たとえが間違ってます)。

縁起物付きのおみくじでした。引き当てたのは金の「かえる」さん。「外出先から無事帰るという意味」でして、ちょうど良かった・・・

↓不発弾? とぎょっとしましたが、「明治三十七・八年戦役記念」碑でした(日露戦争のことです)。 境内にありました。

6554_131117seneki

近代国家になる過程で日本はいろいろ戦争を経験してるのよねえ・・・

鳥居の階段のところで頭を下げて辞去。さあ、どっちに行きましょうか。

マップには「東福寺」の「一葉松」(ひとはまつ)が見所として記載されています。が、東福寺はいずこぞ。

少しあるいてお墓があったので、ここかと階段を上がりましたが、ただの霊園のようです。うろうろしていたら、不快に感じたどなたかがいらっしゃったのか、風もないのに卒塔婆がカタカタ・・・(最近オカルトづいています。)

失礼しました~、と退散。

東福寺は諦めて、反対側「恋ヶ窪用水跡」と書かれた場所に向かいます。といっても、神社の四つ角の向こう側。

↓寂れていませんか。文字がかすれてて実物でも読めませんです。

6555_131117mukasi

鎌倉街道とも書いてあります。

↓旧街道らしい雰囲気。

6556_131117kamakura

いいのか、女子が一人でこんな所を歩いて・・・と思いつつ前進すると、あれま、行き止まり。西武国分寺線に突き当たりました。線路の向こう側は暗渠なのでしょうか。

6557_131117senro

用水はこんな雰囲気です。

6559_131117yousui

現役なのでしょうかねえ・・・涸れてますよ。

6558_131117yousui

(後、別の場所で水量豊かな恋ヶ窪用水に遭遇いたします。)

引き返しの旧鎌倉街道。

6560_131117kamakura

元に戻って、今度はマップに「エックス山」とある謎の山に向かいます。

↓坂の町国分寺は道路が深い。中央の橋みたいなのはJR武蔵野線かな・・・

6561_131117saka

↓その先の四つ角は上にも道があります。

6562_131117saka

上のガードレールの隙間から木がぶら下がって生えてるみたい。

先に進むと「国分寺市市民室内プール」がありました。

6563_131117pool

入ってはみませんが、排水口のレトロが雰囲気が素敵。室内もさぞかし・・・

隣接する市役所分庁舎の前には古井戸利用のポンプがありましたぞ。

6565_131117ido

むやみに触ってはいけない雰囲気なので眺めるだけ。

で、そのまた隣が「エックス山」西恋ヶ窪緑地です。

6566_131117xyama

誰もいませんでしたぞ。

ちょっとした山の中の雰囲気でして、いいのか女子が一人でこんな所を歩いていて・・・と思いましたが、周囲は住宅でした。

江戸時代から続く、農用林・薪炭林だそうです。

6568_111317xyamal350_2

一回りして自然を楽しんで、こんどはぐるりと周囲を歩くと、柵越しにタラノキがたくさん生えているのが目に留まりました。タラの芽の季節には、ちょいと手を伸ばせば届きそうです。

名残を惜しみながら山をおりますと、そこは俗世間。コンクリート道路を車が行きかう街風景でした。

このあたりも開発が盛んなようですが、もともとが農地。道路整備もすすんでいるようですが、いきなり道が狭くなったり、と街風景が錯綜しています。

6569_131117douro

↑熊野神社の近くに戻ってきました。いきなり道がプッツンしている向こうの大きな木があるあたりが神社です。

電柱に「東福寺」と表示がありまして、あたりうろうろ行ったり来たり。

で、神社の角にでみつけました↓。

6570_131117bashou

芭蕉の句碑とありますが、句は見つからず・・・ あれ、もしかして側面に刻んであったのかな。

で、まだ続きます。

|

« 勤労感謝 | トップページ | 恋ヶ窪用水~姿見の池 »

おさんぽ3・国分寺市」カテゴリの記事

コメント

最近、狛犬をみるとマイマイ様を思い浮かべます。
お顔が似てるなんてことじゃないですよ。
似顔絵でしか知らないですもん。

それと、女子ではなく女史なのでどんな道も大丈夫かと、、、

投稿: kiri | 2013年11月25日 (月) 18時33分

おはようございます。
狛犬からは卒業しようと思いつつ、千差万別なのでつい引き寄せられています。
 
たいていの道は大丈夫ですが、
人の道は踏み外した気がします・・・

投稿: マイマイ | 2013年11月26日 (火) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/58622671

この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺 熊野神社~恋ヶ窪用水跡~:

« 勤労感謝 | トップページ | 恋ヶ窪用水~姿見の池 »