« 桃頭 | トップページ | 日立中央研究所庭園公開1 »

2013年11月14日 (木)

寝起き猫

左源五郎鮒作「寝起き猫」・・・

6438_131109neko

「にゃあ」と呼びかけたら「ぬぁあ」と返してくれました。

市内某所の某老人ホームの前庭の植え込みでお休みでした。起こしてごめんね。

穏やかなネコさんでした。 写真撮らせてくれてありがとう。

先週土曜日は健診結果を聞きに行く日でしたので、遠出はやめて久しぶりに市内を歩きました。

自宅の周りは殺風景ですが、ちょっと隣町までいくと緑が豊かです。

↓市民の森公園には、今年も花梨が鈴生りでした。

6439_131109karin

この公園には大きな柿の木もありまして、ご近所の公園管理グループの方が収穫をしておりました。

聞けば、翌日の青空市で売るのだそうです。それは、ぜひ行かなくては買わなくては。正真正銘の無農薬です。

↓紅葉がきれいですね、じゃなくて、新芽が赤い植物です。

6440_131109kouyou

トウゴマ。ひまし油がとれますが、猛毒物質を含んでいるそうですので、獲っちゃだめです。

(2年前にも同じことを書いてました・・・)
http://maimaituburi.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-1a2b.html

↓通称あかまんま。

6446_131109akamanma2

おままごとの定番です。赤飯に見立てて遊びましたが、食べられません。イヌタデという名前があります。

植物名に「イヌ」がつくと、ダメなもの悪いもの詰まらないものを意味するようですが、イヌに失礼な話ではあります。今も昔も高級犬なんぞ、凡人よりずっと価値あるもののように取り扱われていますぞ(それはそれで問題ですが)。

詰まらない雑草と言われても、これだけ大きくなると見事です。

6446_131109akamanma

↓この風景、2年前にも撮りましたが、何度撮ってもいいものです。

6444_131109kouen

武蔵野の面影ばっちり。

小川も流れています。

6445_131109suiro

市の生活情報サイトによりますと100メートルの深井戸の水だそうです。

「もりもり森クラブ」
http://musashino.town-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=musashino&areaid=36255&unitid=morimorimori

管理グループのHPもあります。
http://mori3club.com/

----------------------------------

で、↓この写真はなんでしょう。

6431_131106dokodaka2

赤瀬川原平さん言うところの「高所ドア」もしくは「空中ドア」です。

ご近所を歩いていて、何気なく見上げて気づきました。

2階のこのドア、誰が出入りする?・・・どうやって出入りする?・・・

超芸術トマソン」物件でした。

〈超芸術トマソン(ちょうげいじゅつトマソン)とは、赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。

不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物。

存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用に於いて芸術よりももっと芸術らしい物を「超芸術」と呼び、その中でも不動産に属するものをトマソンと呼ぶ。

超芸術を超芸術だと思って作る者(作家)は無く、ただ鑑賞する者だけが存在する。〉 wikipedia

(読みやすくするため、改行しています。)

赤瀬川原平さんは、ワタクシの散歩の師匠です。勿論直接は知りません。いわゆる私淑です。

かなり前に「路上観察学」関係の本を何冊か読み、以来影響を受けっぱなしです。

赤瀬川原平さんは写真家としても面白い本を出しています。

|

« 桃頭 | トップページ | 日立中央研究所庭園公開1 »

おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口」カテゴリの記事

動物・猫」カテゴリの記事

コメント

花梨、だいたいが引力の法則により落下し大地に返される運命みたいですが、私には命の綱(大袈裟)。あの扉本当に謎ですねえ。

投稿: te | 2013年11月14日 (木) 13時32分

宇宙人専用の出入り口・・・
注意してみると、昇った先が壁になっている階段とか、へんなものがあります。
 
花梨は一昨年に蜂蜜に漬けたのがまだ残ってますので、今年は見送りの予定・・・
作るのは好きなんですが、消費が追いつきません。

(中性脂肪が基準値内なんですけれど、前年に比べたらあがっちゃいました。2桁が3桁に・・・ショック)

投稿: マイマイ | 2013年11月14日 (木) 14時37分

アカマンマ、立派ですねえ。こんなに花がいっぱいついてるのはなかなかお目にかかれません。

トマソン、懐かしいですねえ。わたしもニヤニヤしながら連載を読んでました。

深大寺の東側、武蔵境通りに窓だらけの家があります。小窓が30個くらい。名づけてネスルドボックス。

いつ見ても面白い。

投稿: 多摩散歩人 | 2013年11月14日 (木) 21時24分

多摩散歩人さま。
ほとんど木のような草でした。
 
一時期はトマソン探しをしておりましたが、最近はご無沙汰でしたので、思いがけず遭遇してにやりとしました。
 
ご案内のネスルドボックス、取り壊されないうちに行きたいと思っています。ありがとうございました。

投稿: マイマイ | 2013年11月15日 (金) 10時47分

いけない間違えた。窓だらけの家は、深大寺の西。太陽が沈む方。
深大寺に入る道から少し下ったあたりの右です。

徘徊ジジイは東も西も覚束ない・・。

ちゃんとご家族で住んでるようですから、ゆっくりお出かけください。

投稿: 多摩散歩人 | 2013年11月15日 (金) 15時30分

徘徊ジジイこと多摩散歩人さん。
訂正情報ありがとうございます。
 
深大寺周辺も野川公園も世田谷も・・・行きたいところだらけです。
 
徘徊バアさん予備軍より先達に敬意を表しつつ、とりあえず明日は国分寺の日立中央研究所の年に一度の公開に行ってこようかと・・・ 

投稿: マイマイ | 2013年11月16日 (土) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝起き猫:

« 桃頭 | トップページ | 日立中央研究所庭園公開1 »