« 童顔の罪 | トップページ | カエル飼育ノート »

2013年7月27日 (土)

LとRの舌かげん

またしても引用です。

『翻訳のさじかげん』 金原瑞人 ポプラ社 2009年3月2日

130725kanehara

(44ページ 「マスクメロンのあやしい香り」。読みやすくするため改行しています。)

〈中学生のころ、英語の先生がLとRの発音の違いを説明しながら、「”rice”はご飯だけど、”lice”はシラミだから。まちがえるとレストランなんかで困るよね」とかいってたけれど、そんなことはない。

嘘だと思ったら、アメリカのレストランにいって”Lice please”といってみればいい。

絶対にシラミなんか出てこないから(出せるものなら出してみろ!)。

普通はおとなしく、ご飯が出てくる〉

しかし、想定外のことがおきるのが世の中。出てきたらどうするんだ!という人のために、

〈(ただ、チャイニーズ・レストランやジャパニーズ・レストランの場合であって、フレンチやイタリアンだと無理かな)。〉

と続いています。シラミのクスクス風とかシラミのリゾットとか、可能性としてあり、ということかな・・・ぎえ。

と、アホな連想をいたしました。

著者の金原瑞人さんは、芥川賞作家金原ひとみさんのお父さんにして、300冊以上の訳書のある翻訳家。

『翻訳のさじかげん』は小難しい話かと思いきや、引用した文のごとく、はじけた文章で広範囲の面白い話題を展開しています。

食のさじかげん、言葉のさじかげん、翻訳のさじかげん、数奇のさじかげん、の4部構成になっています。翻訳家という職業上、あらゆることに通じていなければならないとはいえ、専門の英米文学から幻の中国料理、ミスコン、骨董etc.etc.守備範囲の広いこと。

幻の中国料理とは、モヤシの茎に縦に切れ目を入れて挽肉を捏ねたものを詰めて炒めるという宮廷料理。邱永漢『食は広州に在り』で読んでいまでもよく覚えている、と言いながら、後日読み返したら載っていなかった。 〈いったいどこで読んだんだろう。〉 って、とぼけているのかマジなのか・・・

読みかけですが面白い本ですよ。

と、書いてて別の本のことを思い出しました。題名はすっかり忘れています。石井好子さんだったかしらん。はてな。

こちらはフランス語のLとRの話です。

パリだったか、食料品店の主人は、日本人がたびたび「ベッドを欲しい」と注文してくるのに悩まされたそうな。

「ウチは家具屋じゃないんだ!」

種明かしは、フランス語で「米」は「riz」、ベッドは「lit」。どちらも末尾の子音は発音しません。となると・・・

平均的な日本人の発音では、どちらもL音に近い「リ」。

米を頼んでいるつもりで、ベッドを届けられたら、それはそれで困るでしょうね・・・

それくらいわかりそうだろ、頑固なフランス人め、と思いますかね(思いたいけれど)。

この例はどうでしょう。

日本語を話す在日外国人:「昨日病院で頭を切った」

平均的日本人:「ええっ、どうしたのっ?大丈夫っ?」

外国人:「ちょっと高かったね」

日本人:(金の問題じゃないよっ)

じつは「昨日美容院で頭(髪の毛)を切った」と言いたかったのでした。外国人にとって「病院」と「美容院」は鬼門難問らしいです。

それくらいわかるだろ、と言われても平均的日本人には突っ込んで話を聞かないとわかりませんぞ(少なくともワタクシは早とちり)。

それにしても、ヘアカットのことを「頭を切る」なんて教えるなっ!

|

« 童顔の罪 | トップページ | カエル飼育ノート »

文系(本とか)」カテゴリの記事

コメント

いつも、おもしろ~いお話ばかり。今日は
またとくに、心憎いばかりの起承転結の
さじかげん(誉め言葉のつもりですが、
いいかげんな言葉使いかな?)。happy01
小生も翻訳と無縁ではありませんでした
ので、興味がそそられます。ネットの
古書店で探してみま~す。
ありがとうございました。

投稿: しらこばと | 2013年7月27日 (土) 15時35分

ええ加減の褒め言葉、ありがとうございます。
しらこばとさんは、翻訳もされていたのですか。
面白い本だと思いますよ。

投稿: マイマイ | 2013年7月28日 (日) 07時35分

Ist Einverstanden, die sehr lustige Meinung
superstageel bb4arg48

投稿: superstageel | 2013年8月14日 (水) 22時19分

この記事のどこがひっかかるのか、正体不明な欧文コメントがつきます。
いまのところ、独語2件、英語1件、露語1件。
番外で中国語を自動和文翻訳したみたいなの1件。
  
独英の計3件は異言語なれど、同じメールアドレスです。
今回の独語文自動翻訳「合意、非常に奇妙な見解にあります。」
  
内容を理解してのコメントなら、日本語で書いてくれや。
ノートンアンチウイルスが安全を保証しないURLの添付は要らんど。

投稿: マイマイ | 2013年8月15日 (木) 13時07分

Sie haben sich wahrscheinlich geirrt?
dominicel bb4arg48

投稿: dominicel | 2013年8月19日 (月) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/57867688

この記事へのトラックバック一覧です: LとRの舌かげん:

« 童顔の罪 | トップページ | カエル飼育ノート »