« LとRの舌かげん | トップページ | 小さい話 »

2013年7月29日 (月)

カエル飼育ノート

カエルを飼育しているわけではありません。

図書館の新着コーナーにあった本を借りてきました。

『カエル飼育ノート カエルの生態から飼育、繁殖まで』
水谷継 写真:関慎太郎 誠文堂新光社 2013年6月20日

130729_kaeru_2

これから飼育しようというのではありません。

じゃ、なぜ、この本を?

だって、写真が可愛いんですもん。

ぎゃーっとか、気持ち悪いとかいう方がいらっしゃることは充分承知しております。

でもね、けどね・・・

↓ああっ、もうだめーっ、ウチのベランダに来てっ!!!

130729_oohikigaeru_2

(25ページ オオヒキガエル)

(この可愛いゲコは強い毒を持つそうで、本当に来られたらちょっと困ります。)

オオヒキガエルは特定外来生物に指定されてるそうです。世界の侵略的外来種ワースト100にも入っているそうです。持ち込んだのは人間でしょうけど。

子どもの頃は、庭でアマガエルがケロケロ鳴いていました。田んぼではガマガエル(?)がゲコゲコ鳴いていました。ウシガエル(食用ガエル)もいたようですが、近所には本物の牛もいたので、泣き声の記憶が曖昧です。

東京の現在の住まいに引っ越してきた頃は、春になると住宅街の道を大きなカエルがぞろぞろ歩いていました。

いつの間にかすっかりいなくなって、アマガエルさえ見かけなくなりました。

雨降りの今日、どこかでカエルさんに会えないかな・・・

|

« LとRの舌かげん | トップページ | 小さい話 »

文系(本とか)」カテゴリの記事

コメント

> 東京の現在の住まいに引っ越してきた頃は、
春になると住宅街の道を大きなカエルが
ぞろぞろ歩いていました。

トウキョウダルマガエル(と思う)が、
産卵場所に行く為に、
大移動をしていたのでしょうね。

ヒキガエルなど、一部の種類は、産卵場所に、
大きな群れとなって、集結します。

上高地とか、戸隠森林植物園でも、
見られますよhappy01

投稿: R.Ptarmigan | 2013年7月30日 (火) 18時41分

数日前、ガマちゃんが家の敷地内でご休憩中でしたheart04
周囲は思いっきり住宅街ですけどねcoldsweats01
きっと、どこかにねぐらがあるのでしょう。
「愛い奴」でございますhappy02

投稿: 瑠璃 | 2013年7月30日 (火) 21時09分

R.Ptarmigan様。
この本の写真によると、トウキョウダルマガエルのようです。
車もそれなりに通りますので、ノシガエルになったのもよく見かけましたが、近年はさっぱり・・・
大きなカエルは掴んだときに重量感があって好きです。周りには嫌がられましたが。
上高地とか、見に行きたいですね。

投稿: マイマイ | 2013年7月31日 (水) 10時10分

瑠璃さま。
ガマちゃんの立ち寄りどころとは、なんと素敵な。
大きなカエルを見るとつい「なにしてんの」とか話しかけていました。
妙に人間臭く、どうやって悟りを開くのか、教えを請いたくなります。

投稿: マイマイ | 2013年7月31日 (水) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/57887450

この記事へのトラックバック一覧です: カエル飼育ノート:

« LとRの舌かげん | トップページ | 小さい話 »