« 練馬区立野公園 | トップページ | はだか禁止と立ち入り禁止 »

2013年6月14日 (金)

赤茄子

これは何でしょうか。

1.蜂に刺されて腫れ上がったマリリン・モンローの唇

2.丸々太った特大赤茄子虫

3.魚眼レンズで撮影した砂漠の夕暮れをオブジェにしたもの

5396_130607tomato

正解は2の赤茄子虫でした。

トマトに好んで寄生し、ストローのような口吻で樹液を吸い上げ、一晩でトマト畑を全滅させることもある。農家の大敵であるが、駆除方法は「もぎ取る」のみで、発見しても「しかたないなあ」と諦めるしかない。大きいものは全長15センチほどになる。

・・・という嘘っぱちを真に受けないでくださいまし。

純粋に食用トマトです。ちょこっとね、規格から外れちゃっただけです。

赤茄子という種類の茄子もあるようですが、トマトを日本語でいうと「赤茄子」です。

スーパーにトマトを買いに行って、4個398円、高いなあ・・・と思ってふと横を見ると、ぎっしり箱に入ったトマトが398円。少々小ぶりですが、食べるのに何の問題がありましょう。10個以上入っているぞ・・・

と物色しておりましたら、巨大トマト4個入った箱を発見。ずっしり重い。これにするべ・・・

5391_130606tomato

ほっほっほ。最大長15センチ。1玉400gくらい。(L玉の規格は200~250gです。)

ただ、見かけがね、巨大芋虫みたいだなあ、とはね・・・思います。1個持ち上げると、硬直した海鼠(ナマコ)を掴むってこんな感じかな・・・みたいな。

お味はですね、普通のトマトでした。

少し置いといて追熟させ、トマトステーキにしたら美味しいかしら。

 ↓

焼いてみました。

フライパンにオリーブオイル敷いて、スライスしたトマトを並べて中火で焼いて塩コショウして。焼きすぎないほうが美味しいだろうなと思いつつ、崩れるまで焼いちゃいましたが、トマトソースみたいな旨みがでて美味しかったです。

そういえば、スライストマトに塩コショウして小麦粉を薄くつけ、バターを溶かしたフライパンでじゅうじゅう焼いて、よく食べましたっけ。あれも美味しかったです。こちらは「トマトのムニエル」と言えばいいのかしら。

|

« 練馬区立野公園 | トップページ | はだか禁止と立ち入り禁止 »

植物・トマト」カテゴリの記事

食べる・怪料理」カテゴリの記事

コメント

以前「フライド・グリーントマト」という映画がありましたね。私も作ってみようかなー。

投稿: もな | 2013年6月15日 (土) 09時09分

ありましたね~。
そうか、熟してない、と思った段階でフライにすればよかったのか。

投稿: マイマイ | 2013年6月15日 (土) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/57568959

この記事へのトラックバック一覧です: 赤茄子:

« 練馬区立野公園 | トップページ | はだか禁止と立ち入り禁止 »