« 酵母の家 | トップページ | シンデレラ・リバティ »

2013年6月 1日 (土)

味噌仕込みました

5月22日、味噌を仕込みました。

味噌作りは大変じゃありません。作り方は麹の袋に書いてありますし、便利な道具を使えば、ちょちょいのちょいです。お試しあれ。

便利な道具とは、こんなものです。

1.大豆を煮るのにシャトルシェフ(保温鍋)。

前の夜に水に漬けておいた豆を、翌朝ぐらぐら5分ほど煮立ててから保温。夜には煮えています。

圧力鍋ならもっと簡単でしょうが、ウチにはありません(粗忽なので使うのが怖い)。

旧式ポット(魔法瓶)に豆と熱湯を入れて数時間置く、という手もあります。

2.豆をつぶすのはミンサー(挽肉器)。

豆を入れてハンドルをぐるぐる回すとペースト状になって出てきます。

フードプロセッサーでも良いと思います。ウチにはフードプロセッサーありません。

伝統製法だと擂り鉢とすりこ木を使います。ポテトマッシャーでもいいかしらん。

あとは袋の指示通り、麹と塩を混ぜ、つぶした大豆を混ぜ、種水(ゆで汁)を混ぜ、容器に詰め込んで保存します。

今回、容れ物がなくて、ホーローの鍋に詰め込みました。鍋に傷はないから大丈夫・・・

5264_130522miso

表面に塩振ってラップして、重しは・・・スタッククッカーの1段分乗っけて、ダンベル乗せて・・・

大きめの皿を乗っけて、ペットボトルに水を詰めて重しにしたっていいです。

5265_130522miso

その上からまたラップして布巾で覆って・・・ふっふっふ・・・熟成させます。

途中でひっくり返して詰め直すそうです。ふっふっふ、美味しくなあれ。

あ、大豆のゆで汁が余ったら捨てちゃダメですよ。スープにできますよ。昆布や鰹を入れると濃厚ですよ。お好みで、野菜の細切れや肉などを入れます。

------------------------------------

↓あらら、味噌を落としちゃったよ、せっかくいい色に熟成したのに・・・

5318_130528kinoko_2

じゃなくて、桜の根元に巨大なキノコが出現していました。

直径20センチ越え。実に美味しそうな色合いですが、食べられる種類でしょうか。

つんつんしてみたら硬い。キノコではなく、サクラの瘤に生えたカビかしら・・・

粘菌の変形体(変態形ではありません)?

↓こちらの方の「粘菌日誌」の写真が近いような気が。

http://d.hatena.ne.jp/enkuu/20110222

|

« 酵母の家 | トップページ | シンデレラ・リバティ »

食べる・発酵系」カテゴリの記事

コメント

色んな物をいとも簡単そうにお作りになるのでいつも思わずやってみたくなります。今回も例にもれずで、やってみようかなあ、手作り味噌。

投稿: 遅走人 | 2013年6月 1日 (土) 15時28分

そうなんです。
読んでいると簡単そうなんですよね。
しかしてその実態は??
多分、ワタシにはできそうにありません。
フライパンパン同様に(T_T)

投稿: kiri | 2013年6月 1日 (土) 21時20分

遅走人さま
kiriさま
「慣れ」だと思います。
おっかなびっくり作ってみて、3回目あたりから「ちょろいもんよ」という天狗気分になります。
心配ならごく少量から始めてみては。
塩麹に茹でてつぶした大豆をいれた、みたいなものです。
kiriさんには「手先の器用な手下」というありがたい存在もいらっしゃることですし。
手前味噌は美味しいですよ。

投稿: マイマイ | 2013年6月 2日 (日) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/57442535

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌仕込みました:

« 酵母の家 | トップページ | シンデレラ・リバティ »