« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

iMac ボンダイブルー小康状態

iMac ボンダイブルー、ご臨終かと思いましたが、起動しました。

★もうだめ、と判断したのは、以下の理由でした。

1.発売から15年経ってる。

2.内蔵電池を1年前に取り替えたが、頻繁に日付がおかしくなっていた。

3.今回、内蔵電池を取り替えたが、起動困難。まぐれのように起動したとき、日付の設定が出来なかった。

で、あきらめ掛けたところへ、「待った」がかかりました。

★「内蔵電池は当たり外れがある」

1.電池換えても日付設定がおかしいなら、電池が問題ではなかろうか。

→で、新旧の電池をバッテリーチェッカーにかけたら、おーまいがっ、両方ともほとんどカラ。

 結構なお値段するのに、はずれモンでした。

2.同等品の安い(上記の3分の1くらいのお値段)電池をネット購入。

 バッテリーチェックすると、おおお、容量多い。愛いヤツじゃのう。

 で、取り替えまして、少々すったもんだありましたが、起動しまする↓。

5512_130622imac

↓中央が入れ替えた電池。

5507_130622imac

ばんざーいばんざーい・・・と言いたいのですが、動作が不安定です。

次、何をすればいいんでしょ、でネットで探し出してきたのが

「PMUリセット」。

〈パワーマネージャは PowerBook および iBook のロジックボード上にある集積回路 (コンピュータチップ) です。名前からもわかるように、パワーマネージャはコンピュータのパワーマネージメントを担当します。バックライト、ハードディスクの回転低下、スリープ/スリープ解除、一部の充電機能、トラックパッド制御、およびコンピュータのスリープに関連した一部の入出力をコントロールします。〉 appleサイトの説明から。iMacのじゃないけど、同じことです、多分。

してみませう。

しかし、マザーボード(ロジックボード)のどこにリセットボタンがあるのでしょう。

↓こっから探せったって・・・

5505_130622imac

わからん。

しつこくネット情報を探し続けて、「レベルワンという基盤の近く 」というのが出てきました。

多分、この画像↓の右の黒ぽちがそうです。

5509_130622imac

しかし、表示は「CUDA RESET」ですぞ。

で、再度「CUDA RESET」を検索すると、どうやらPMUリセットボタンのことらしいです。

で、竹串でグイと7秒ほど押し付けました。

↓ちなみに、マザーボードにもアップルマークがついてます
  (^-^;。

5508_130622imac

で、ま、問題ないと思うんですけどね、気になりますもので、リストアなんぞをいたしましょう。購入時の状態に戻す、あれです。バックアップしてませんけど、この際いいです。一度は全部あきらめたんですもん。

↓目玉が溢れかえっているような画面は、リストアCDから起動しているからです。

5530130628restore

で、この後、OS8.5に戻っちゃったのを、8.6にアップグレードするべく、アップルのダウンロードサイトでデータを探します。

当該iMacでは、アップルのダウンロードサイトへの接続もできませんので、XPマシンにダウンロードし、CDに焼きました。

(OS8.6のアップデータはまだあります! OS9関係は全滅ですのに。)

USBメモリの方がお手軽でしょ、と思いますよね。でもUSB1.0でHDDが4GBのiMacに、USB2.0で4GBのUSBメモリなんぞを差し込むと、それだけでフリーズの原因になったりします(経験済み)。

で、8.6にしました。

ネット接続する気はないですけど、IEとOutlook Expressを、最終バージョンにします。こういう時役に立つのが、雑誌「MacPeople」の昔のおまけCD。結構いろんなものが収録されてます。

で、インストールして、ためしにネット接続をば・・・

「できません」

なんで? しばらく考えて、やっと「TCP/IP」の設定をしなければならないことを思い出しました。10年以上前の作業ですもの、忘れてて当然(いばることじゃありません)。

で、ネット接続もできました。ダメだろ、と思いつつアップルのダウンロードサイトに行ってみませう・・・いつまで経ってもレインボーカーソルが回っているだけ。すなわち「永遠に待ってろ」状態。

そりゃそうですよね。

さて、この先どうなりますことやら。

2013.7.1写真など追加

日付がおかしくなるとは、↓こういうことです。

5513_130622imac

1956年8月27日って、何の日でしょうね。以前は1990年代の日付が出ていた気がします。ここまで遡っちゃうのは相当ヤバイってこと?

ネットにこんな情報が・・・

「The Cuda Microcontroller Chip」

原文はこちら↓
http://mcosre.sourceforge.net/docs/cuda_chip.html

結論だけ先に抜き出すと、1956年8月27日は、Cuda マイコン チップの開発者 設計者レイ・モンターニュの誕生日だそうです。

以下機械翻訳の妙をお楽しみください。

彼は Cuda マイコン チップ

Cuda チップの定義は次のとおりです。

Apple デスクトップ バスのリアルタイムク ロックを管理する回路として提供していますマイクロ コント ローラー チップ。

電源のオンとオフ、システムを監督しています。

パラメーター RAM としてよりもっとよく知られている乳母車を維持します。

それも管理し、さまざまなコマンドからのすべてのシステムのリセットに関する情報を保持します。

これはの例: 再起動のキーボードの力は、ソフトウェアを再起動を失います。

IIsi の開発中にアップル機能複数のチップを 1 つに折り畳み式のハイブリッド チップを作成し始めた。

これらの 1 つ、乳母車に含まれている、白鷺チップ、クロック、およびソフト電源スイッチ電池。ほとんど、すべてではないソフト電源 Mac のこの白鷺チップ (またはそれの派生物) を使用するし、電源障害発生後の時間制御の開始をソフトウェア制御再起動の可能します。

Cuda 白鷺の後継です。

1956 年 8 月 27 日 1 つのデザイナー、レイ モンターニュの誕生日です。〉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

増殖するコモノ

いきなり錯綜した仕事に追われて、気がついたら1週間経ってました。

ただでさえあれよあれよと言う間に時間が過ぎ去るお年頃です。

お金は欲しいけど、忙しいのありがたくねえ・・・(なんと罰当たりな発言)。

何事もほどほどがいいんですよん。

さて、少し前の地域バザーで、またいらんもの買ってきました。

↓これ。

5492_130620youki

直径5センチほどのガラス製です。何に使うものでしょう。

皆さん、使い方が分からなくて、手にとっては蓋開けてしげしげ眺めて、蓋して置いていきます。

ワタクシもその一人。蓋開けては眺めて置いてって、気になるものでまた蓋開けて眺めて置いて・・・

を繰り返していたら、売り子さん、「50円でいいですよ」と悪魔の囁き、いや天使の囁きを。

即座に買いました。なんだか分からないけれど、素敵です。

売主さんも、「紅でも入れていたのかしら」とのこと。

↓蓋開けて裏側から。

5494_130620hiraku

古いものですよ、とのことです。明治位?かな、とか。

↓よって金具の部分は錆びだらけ。

5496_130620hiraku

買い手がつかなかったのはこの汚れのせいかも。

↓気泡の入ったガラスです。

5498_130620kihou

本当に明治のものかどうか分かりませんが、古いことは間違いなし。

思うにピルケースでは。

で、この錆、骨董と思うなら磨いちゃなんねえですが、骨董屋に持っていくつもりはありません。あくまで自家用。とすると・・・

磨き方始め!

今回はワイヤブラシは使いません。ガラスが傷だらけになっちゃいます。目の細かい紙やすりを竹串に巻きつけて、こしこし、こしこし。

↓これくらいになりました。

5525_130628migaki

5527_130628migaki

で、いつの間にか増殖して・・・右の黄色いのは何でしょう。

5528130628alabaster

別の地域バザーの10円コーナーにありました。

底に「genuine alabaster    hand carved made in italy」とあります。

直訳すると「本物のアラバスター 手彫り イタリア製」ですが、

全く同じものが、米国サイトで14ドル(現レートで1300円くらい)。

花模様違いが、英国サイトで36ポンド(5400円くらい)。

用途は「Jewelry Box」すなわち「宝石箱」らしいです。

掘り出し物、といいたいのですが、実は蓋と本体をつなぐ留め金が無くなっています。

蓋を乗っけるだけの碁石入れ状態・・・

でも、まっいいっか。10円ですもの。完品だったらバチが当たってます。

alabaster アラバスターとは

〈2種類あり、それぞれ石膏(CaSO4・2H2O)と方解石(CaCO3)という2つの異なった鉱物の変種である。

現代ではアラバスターは石膏のもの(雪花石膏という)をさし、方解石のアラバスターは一般に古代のものをさす。〉 by wikipedia

アラバスターと言えば白、ですが、このgenuine alabaster は黄色がかっています。なにアラバスターなんでしょ。アララバスターとか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

iMacボンダイブルーご臨終

2013年4月末、iMacボンダイブルーRev.Bが、とうとうお亡くなりになりました。

4月中頃から調子が悪く、リストアしなくては・・・と思っていたのですが、バックアップの仕方を迷っているうちに、あっさり昇天。

起動できなくなり、いじっていたらCDトレイのカバーがばきっと折れました。プラスチックの経年劣化です。多分他の部品も経年劣化で風前の灯・・・

きっぱり諦めましょ。

OS8.6、メモリは増設して152MB(だったはず)、CPU233MHz、USB1.0、ファイヤワイヤ無し・・・

あらゆる手を尽くして復活させたとして、もう実用的ではありません。

むしろ1998年10月の発売から15年も動いていたことの方が不思議です。

となれば、図体のでかいiMacボンダイブルーを、どうしましょ。

お家が広ければ、インテリアとして飾っておけるのですが、我が家にそんなスペースはございませぬ。

アップルリサイクルセンターに引き取って貰うとして、4500円かあ・・・ここまで古くてもいいのかな・・・

起動できないからハードディスクを消去できない・・・取り出すしかないなあ・・・取り出しちゃっても引き取ってくれるかなあ・・・

もう少しだけ部屋の隅に置いとこ。

ありがとね。ぐすん。

5470_130613imac

いとしのiMac ボンダイブルー・・・あらら、マウスが間違ってます。

ライムグリーンのそれは、iMac DVのだよ。

↓左がボンダイブルーの純正マウスです。

5475_130614imac

横顔。

5472_130613imac

お尻。

5471_130613imac

上から。マウス間違ってます。 (;´▽`A``

5473_130613imac

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

まいまいつぶりの留守宅

仕事場へ行く途中の路上にありました。

5490_130619kara

カタツムリ(でんでんむし、まいまいつぶり)の殻です。

中身は・・・いません。すなわち留守宅。

ヤドカリなら新しい家を見つけて引っ越したというところでしょうけど、カタツムリだと引越し先があちら側なんでしょうね。

似たよな名前の天敵マイマイカブリに寝込みを襲われたのか、鳥に突かれたのか、蟻さんに運ばれていったのか。

ナメクジ捕まえてきて無理やり入居させたら、ナメクジ迷惑でしょうね。いくら親戚筋だからって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

発熱中

昨日はむわっと暑い日でした。

お買い物の行き帰り、道路の照り返しが辛い。

昼、見事に食欲ゼロ。グレープフルーツ1個食べて、もういらんです・・・

そうこうするうちに異様に眠いし頭痛いし目の奥がずきんずきんするし筋肉痛もあるし。ちょこっとだけ横になりましょう・・・

で2時半から4時半まで寝てしまいました。もの凄い豪雨があったようですが、夢うつつに聞き流していました。

夕方、相変わらず不調なれど、某ジジイ様の給食係として晩御飯を支度せねばなりませぬ。給食係やってなかったら、自分のことだけなら多分一食抜いていたところです。

で、やっぱり一人前食べきれない・・・

お家に帰って熱をはかったら、ぎょええええ38.3度。立派に熱があります。頭痛いよ~

何もしないで寝てしまいました。

熱中症かも、と思ったりもしましたが、体のあちこちに発疹が出ていました。

風疹?と一瞬考えましたが、発疹の出方がちがいます。手、手首、足、太ももにぽちが出てそれから大きく赤くなりました。

何かの感染症です。前日盛大にくしゃみが出ていましたから、風邪のようなウイルスにやられたかも。

最近どうも免疫がガタ減りしている感があります。

結局夕方の7時過ぎにベッドに直行し、翌朝7時頃まで横になっていました。夜中3時頃熱を測ったら37.1度、おお、よい傾向じゃ。

朝計ると36.5度。下がっちゃった。

頭痛も消えたし、目もずきずきしないし、さあ、今日はバリバリ仕事しましょう。

で、今、元気です。元気ですけど、熱を測ったら37.6度ありました。ぎょえええ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

引っ掛けアンケート

ウチの電話は24時間留守電にしています。

ナンバーディスプレイにもしているので、知らない番号、非通知番号には出ないで済ませられます。便利ですねえ。

たいていの(ろくでもない用件の)電話は、留守電が応答していると分かった時点でガチャっと切れます。

何度もしつこく掛けてきているところだと、敵も心得たもので、留守電に切り替わる直前でプツッ。

そういう番号をネット検索すると、ほとんどが迷惑電話として槍玉にあがってます。

------------------------------

先日、おうちへ帰ったら、留守電がぴかぴかメッセージのあることを告げていました。

非通知。絶対ろくでもない用件です。

消去する前に、一応再生してみました。機械的な女性の声でした。

「大変申し訳ありません。

本日はお客様のお住まいである地域の経済認識が全国的に高いため、現在の日本経済に関するアンケートを実施させていただいております。

お手数ではございますが、プッシュボタンに合わせてお答え下さい。

それでは最初の質問です。

現在の日本経済に対して不安を感じている方は1を

当てはまらない方は2を、押して下さい」

・・・・・・

留守電の録音時間切れか、不在のためボタンを押さなかったからか、そこで切れていました。

これに応じてボタンを押していった人(ネット情報)によると、

〈投資や資産運用の経験や興味はあるか、とか株、FXを行ったことがあるか〉

という質問が続き、その後

〈資料請求したいひと〉

という問いが出て来るそうで、その時点でその人は答えるのをやめたそうです。

もし最後まで付き合ったら、どういうことになっていたのでしょうね。

------------------------------

しかしまあ、引っ掛け電話としても、お粗末な内容です。

1.非通知はダメですよ。それだけで胡散臭くなっちゃいます。

2.会社名もしくは団体名を先に名乗るのが筋というもんでしょ。

3.日本語が酷い・・・

 「お客様のお住まいである地域の経済認識が全国的に高いため」って、意味がわからんです。

「全国的に」というならオール日本でしょう。「本日は全国的に晴れの良い天気でしょう」とか。

「お住まいの地域」というなら地域限定のはず。「お住まいの地域は局地的な爆裂豪雨に見舞われるでしょう。他の地域は完璧快晴ですけど。」とか。

「あんたの住んでるところは経済的に豊かな人が多いって全国的に知られてるんだよ。だからカモにしようと思ったんだよ。」、と透けて見えてくる気がしますぞ。

あ、ウチは雑魚の魚交じり(ざこのととまじり)ですから、引っ掛けるだけ無駄です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

はだか禁止と立ち入り禁止

え? 何があったのでしょう。

5408_130609hadaka

武蔵野市営スケートパーク(スケボー練習場)でした。

暑い季節には上半身はだかになっちゃうんでしょうね。

下はいくらなんでも・・・

5409_130609park

開場前でしたので誰もいませんでしたが、日中はお兄ちゃんたちがズイーッゴゴゴと天高く跳んでたりします。

若者よ今のうちだぞよ、気の済むまで跳んでおきなされ。

ジジババになったら、立っているのがやっと、になるのだよ。(←つまらぬ説教するでない)

-------------------------------------

↓吉祥寺駅圏内は結構田舎、とつねづね申しておりますが、ここもそういう場所です。

5414_130609kinsi

なにやら鬱蒼として、これは絶対面白そう、と近づいてみました。

おおおおう、お宝発見!

BEDFORD turbo TL750が隠れていました。

5416_130609bedford

横っ腹に、CLASSIC  TEAM LOTUSですと。

5417_130609team

↑車体が青っぽく見えるのは、カメラ(と撮影伎倆)のせいです。

実物は「ロータスレーシンググリーン」といわれる緑色に近い色です。

↓これね。ネットからお借りしました。

Ctrs_2

http://www.classicteamlotus.co.uk/default.aspx

まるでバッファローじゃございませんか。

5417_130609bedford

何ゆえこんなところに蟄居なされているのですか。

そういえば、公道をレーシングカーみたいなのが走行しているのを、近辺で何度かお見かけしましたが・・・

まさかアレを格納している? 

本物のレーシングカーが公道を走っちゃいけません、と言いそうになりましたが、車検通してナンバーを取得すれば公道を走れるんだそうです。

勝手に近づいちゃいけませんよ。手前のロープと脚立が結界です。立ち入り禁止、監視カメラ作動中の張り紙がありますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

赤茄子

これは何でしょうか。

1.蜂に刺されて腫れ上がったマリリン・モンローの唇

2.丸々太った特大赤茄子虫

3.魚眼レンズで撮影した砂漠の夕暮れをオブジェにしたもの

5396_130607tomato

正解は2の赤茄子虫でした。

トマトに好んで寄生し、ストローのような口吻で樹液を吸い上げ、一晩でトマト畑を全滅させることもある。農家の大敵であるが、駆除方法は「もぎ取る」のみで、発見しても「しかたないなあ」と諦めるしかない。大きいものは全長15センチほどになる。

・・・という嘘っぱちを真に受けないでくださいまし。

純粋に食用トマトです。ちょこっとね、規格から外れちゃっただけです。

赤茄子という種類の茄子もあるようですが、トマトを日本語でいうと「赤茄子」です。

スーパーにトマトを買いに行って、4個398円、高いなあ・・・と思ってふと横を見ると、ぎっしり箱に入ったトマトが398円。少々小ぶりですが、食べるのに何の問題がありましょう。10個以上入っているぞ・・・

と物色しておりましたら、巨大トマト4個入った箱を発見。ずっしり重い。これにするべ・・・

5391_130606tomato

ほっほっほ。最大長15センチ。1玉400gくらい。(L玉の規格は200~250gです。)

ただ、見かけがね、巨大芋虫みたいだなあ、とはね・・・思います。1個持ち上げると、硬直した海鼠(ナマコ)を掴むってこんな感じかな・・・みたいな。

お味はですね、普通のトマトでした。

少し置いといて追熟させ、トマトステーキにしたら美味しいかしら。

 ↓

焼いてみました。

フライパンにオリーブオイル敷いて、スライスしたトマトを並べて中火で焼いて塩コショウして。焼きすぎないほうが美味しいだろうなと思いつつ、崩れるまで焼いちゃいましたが、トマトソースみたいな旨みがでて美味しかったです。

そういえば、スライストマトに塩コショウして小麦粉を薄くつけ、バターを溶かしたフライパンでじゅうじゅう焼いて、よく食べましたっけ。あれも美味しかったです。こちらは「トマトのムニエル」と言えばいいのかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

練馬区立野公園

お隣りの練馬区の立野公園です。

吉祥寺に行く散歩コースのひとつの途中にありますが、子供の遊び場を侵食しちゃいかんと、小さな入口を長いこと横目で眺めて通り過ぎておりました。

3年前、出来心で足を踏み入れてみましたら、あら奥が広いわ、大人も遊べるわ・・・説明などは3年前をご覧くださいまし。

この日は、遠目にはギリシャローマ風に見える東屋に上がってみました。

5418_130609tou

いつも先客がいらっしゃるので遠慮していたのですよ。

天井の黄色いの、何でしょう。練馬区の形?

床下はがらんどうらしく、足音が響きます。また天井にも反響して音がよく聞こえますこと。

高みより下界を見下ろせば、彼方に古代遺跡かな。

5419_130609iseki

ケルトの巨石文明?

5420_130609iseki

いえいえ「ジャブジャブ池」でした。夏のみ限定の水遊び場。

水がないと遺跡みたいなもんです。

↓下に水栓のようなものが見えます。

5421_130609mizu

タイル装飾。カワセミですねえ。

5422_130609mizu

公園のあちこちにタイルの飾りがあります。

ドロロだかデンドロだかドンドロだか、おどろおどろしいこれは何?

5436_130609isi

真ん中あたりに欠け皿が埋め込んであります。皿屋敷跡地?

↓看板でした。

5438_130609tatuno_2

タイルだけじゃなく、石も多用されています。

5439_130609isi

石とタイルの合作でして、ビー玉も嵌め込んであります。

剥くのを失敗した茹で卵のような巨石も。

5428_130609isi

無機質物ばかりでなく、水辺の生態池もあります。

5423_130609sitti

↓何かいました。近づくとぽちゃんと消えて、水面に痕跡の輪っかが。

5427_130609sitti

植物に隠れた隅のほうで、花がひっそりと咲いていました。

5426_130609dokudami

八重の桜、じゃなくて八重のドクダミです。

別の隅は、なにやらのどかな雰囲気。

5429_130609tyou

蝶の里です。

5431_130609tyou

蝶の里を通り過ぎて、この道はどこに続く。

5432_130609miti

桃花源(桃源郷)でした。

5433_130609touka

裏門から入りまして、こちらが↓表門の裏側です。

5434_130609mon

(桃花源の説明は、3年前の日記に書いてあります。)

公園内は緑いっぱいでしたが、隣接地にも溢れかえるほどの緑がありまして、のこのこそっちに行きましたら、個人宅で見物はできませんでした。

思うにあたり一帯の地主さんです。このお宅と同じ名前の病院だって近くにあります。

この近辺は急速に宅地化が進んでいます。地主さん儲かったろうな・・・じゃなくて、頑張って緑地を残してくださいまし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

灯りの笠

あんたの好きそうなモノがウチのマンションのゴミ置き場にあった・・・と、のたもうたお方がいらっしゃいました。

そう思うなら持って来てくれればいいのに。

好きそうなモノが好きなモノとは限らないでしょ・・・とのお言葉は正論です。

これなら、と贈った物が、実は蟻型迷惑、じゃなくて有難迷惑なのはよくある話です。

どれどれ、と見に行って、即座に確保しました。

思うに照明の笠。いや、照明というより灯りと言うほうが似合いそうな笠です。

錆びてますが、それがどうかしましたか。磨けば済むことじゃありませんか。

5399_130607sabi

で、分解しました。ねじをはずせば簡単にばらばらになります。

5401_130607sabi

花の絵があるところは、プラスチックではなくガラスです。割らないよう用心用心。

ねじとパッキンは無くさないよう小壜にいれました。

↓おほほ、ジャリジャリに錆びてますわね。触っただけで赤茶の鉄粉が落ちます。

5402_130607sabi

ワイヤブラシで磨き方始め! 

5406_130608sabi

落ちる落ちる茶色い鉄粉が降る雪のごとくに。

ねじだってこんなんです。後ろの二つがちょっと磨いたもの。

5455_130609sabi

完全にピカピカにするつもりはありません。年代物の雰囲気を残さなくっちゃ。ある程度磨いて、機械油を塗ります。

ガラス部分は、台所用洗剤に漬け置きしてから洗いました。

5457_130609sabi

レトロでいい雰囲気ですよ~。

枠もこの程度にしておきましょ。

5458_130609sabi

組み立てて出来上がり。

5460_130609sabi

で、どうするかというと、壊れかけで捨てかけた白熱球用電気スタンドが1台あります。ゴミ袋に入れたにもかかわらず、捨てられなくて救出してしまったヤツ。

シェードのプラスチックが経年劣化していますが、電気回路のほうは元気です。あれを分解して、組み立てちゃろ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

水道週間2013 武蔵野市第一浄水場公開

6月1日(土)、午前は東京都の浄水場を見学して、午後は地元市の浄水場へ。去年もそうでしたねえ・・・

(浄水場の説明は 水道週間2 武蔵野市第一浄水場公開 にあります。)

こちらも去年と違う写真を撮ろうと思いつつ似たようなものになりました。

↓中庭の噴水。

5358_130601funsui

後ろのパラソルと椅子テーブルは去年は無かったはず・・・・

↓市内各地の深井戸から送られてきた水が集まる「着水井」や「配水ポンプ」のある建物。

5357_130601kaidan

去年はこの急階段を登って施設内に入りましたが、その後転げ落ちた人がいたのでしょうか、今年は登れません。

最初の説明を聞いたあと、管理棟内を水平移動して、一度「矩形配水池」の屋上にあたる芝生地に出てから、建物内部に入ります。

↓太いのは配水ポンプ。何度見ても、麗しい雰囲気でして。

5362_130601situnai

無機質の美。

5363_130601situnai

↓上記建物を、芝生側から見ています。

5366_030601mado

↓上の写真の向かって左側にはこんな情景。

5367_130601okujo

なんのポンプか分かりませんが、思わず回したくなるような輪っかハンドルがついています。

5361_130601pump

↓上記「矩形配水池」の屋上の芝生に続く斜面を下から見たところ。

5359_130601dan

もちろん、ここから直接登っていっちゃいけません。

↓さて、屋上から降りてきました。

ちんまりした建物の向こうに少し見える急階段が通路です。

5368_130601kaidan

結構な年配の方が無事降りてらっしゃいましたが、階段は登りより下りが難儀。墜落第1号にならないよう気を使いました。

↓除鉄・除マンガン装置。

5369_130601tunk

去年もそう思ったのですが、やっぱり「蟹足星人」です。

右のタンクの中央の水色縦パイプの両脇に目玉がついてます。

↓現役かしらん。

5370_130601inryousui

東日本大震災に派遣された地元水道局職員の方々の活動レポートが展示されていました。

地元の水道設備(管など)も耐震化が進んでいるとのこと。

地元水道部のキャラは「ゲルくん」です。

130605geru0001_2

最初見たときはフロッグマン(かえるさん)かと思いました。

それほどメジャーではないらしく情報少なし。

「全国の水道キャラクター紹介」
http://www.jwwa.or.jp/anzen/chara.html によりますと

ゲルくんは平成16年6月登場。

〈水・好きペットボトルを作成した際に、地下水を汲み上げる。水を差し上げる。水をお届けする意味のダイバー風のキャラクター〉だそうで

〈お茶目で、水好き、酒好き〉とのこと。

のんべえですか・・・

今年もご案内下さった職員の皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

水道週間2013 東京都水道局境浄水場

去年も見学に行ったのに今年も行くワタクシはヒマなのか物好きなのか。

6月1日(土)、東京都水道局境浄水場の公開に行ってきました。

(浄水場の説明は去年の 水道週間1 東京都浄水場公開 にあります。)

なるべく去年と違う写真を撮りましょう・・・と思いつつ、施設そのものは去年と全く同じなんですから既視感あふれています。

↓受付でキャラがお出迎え。

5325_130601fusen

このキャラは「水滴くん」というそうです。

生まれは平成2年3月31日(おひつじ座)
本籍は雲の上で、
出生地は笠取山(かさとりやま)山頂付近
現住所は東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
身長 ∞ (むげん大)(いつもは80mm)
体重 ∞ (むげん大)(いつもは80グラム)
足の大きさ ∞ (むげん大)(いつもは27mm)・・・

以上東京都水道局のHPにありました。

ふーん、水滴くん、今年で23歳なんだ。

ガールフレンドの「みずたまちゃん」とは平成7年からのお付き合いだそうで、「長すぎた春」でねえですか。(余計なお世話じゃ)

今年も事務所棟で講義の後、職員の方に引率されて屋外の各種施設を見て回ります。

↓減勢施設。

東京の山奥の標高149mの小河内ダムから村山貯水池を経て標高60mほどの地元まで、高低差利用で勢い良く流れてきた原水の勢いを弱めるところです。

5331_130601gensui

鉄格子越しに見て相当の勢いですが、水力発電できるんじゃ・・・

5333_130601gensui

説明して下さる方がしきりに「水の勢いをコロス」とおっしゃっていました。

ここでコロスンデス・・・ハンゴロシになってよろよろと流れていくんですね。

↓後ろの蔦に喰われている橋みたいなのは、減勢施設から大開渠への水の出口(のはず)

5334_130601ukiwa

この救命浮き輪みたいなのは何でしょう。去年はありませんでした。

流れる水が結構あおみどろ色・・・

↓緩速濾過池の端っこの年代モノのなにか。

5330_130601pump

ハンドルを回すと何か起きるとは思うのですが、職員さんに怒られとうない。

大開渠から緩速濾過池へ水が流れ込むところは、建設当時からのレンガ造りです。

レンガを隙間を空けて交互に積んでおりまして、通称「蜂の穴」(でしたよね)。蜂の巣、じゃなかったはず。

5329_130561masu

↑こんな色の水が飲めるようになるんです。

池の向こうに見えますのは、JR三鷹駅前のツインタワービルでございます。

一時期キムタク入居と噂のあった高級マンションです。

5340_130601twin

すぐ近くに見えますが、実際は1.5キロメートルほど離れています。

↓緩速濾過池ごしの浄水場管理棟。

5341_130601ikiwa

昨年は屋上に登らせてくださいましたが、今年は無し。1年経つ間に何か不都合が発生?

それにしてもこの「浮き輪」は何? 見学の小学生が池に落ちたりしたんでしょうか。

↓浄水場中央の通路から水道道路側(北側)方向の眺望。

5342_130601ike

桜の季節は背景がピンク一色かも。

↓そろそろ見学ツアー終了です。

5344_130601kanri

左に少し見える看板の前で最後の説明をして下さいます。

↓昔の機器展示。

5345_130601toroko

写真では見えませんが、のぼっちゃいけません旨の表示があります。

ということは、登るヒトがいるということ。

なにしろ、近隣の小学生たちの社会科見学のメッカです。大人しく言うこと聞く子ばかりだったら、それはそれで怖いかも。

↓懇切丁寧な看板。見学する人はほとんどが眺めるだけで読んじゃいません。

5346_130601hajimari

来年はじっくり読みませう(←また来るつもり)。

↓お土産でいただいたマスコットキャラクターシール。

130605suiteki

小学生の社会科見学用のセットを老若男女を問わず下さいますもので、キャラクターのついたキャンパスノートもありました。

水源地の流木を焼いた木炭も遠慮せず頂いてきました。冷蔵庫や靴箱、玄関の脱臭剤や水道水の浄化用など使い道いっぱいありますもの。

当日、接待、じゃなかった、応対下さいました職員の方々、ありがとうございました。

さて、帰り道は浄水場脇の玉川上水沿いに戻ります。

上水側からみた浄水場。顔ってなんの顔?

5349_130601kao

「おいしい水作るよろこび 飲む笑顔」 の最後の文字でした。

5348_130601yorokobi

玉川上水の散歩道は今整備の真っ最中。

5351_130601jousui

以前は山道みたいな田舎道でした。

あっちの方がよかったな・・・というのはわがままでしょうね。

↓ちょっと色あせた写真風に・・・

5350_130601jousui

と思ったのに、道と標識が綺麗過ぎます。

↓熱帯ではなく、玉川上水の川縁。

5355_130601jousui

右の柵の右が道で、上の黒いのが浄水場の囲い。

↓なんでしょね、花だか実だかわからないこれは。

5354_130601ha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

いとしの粘菌

6月1日の桜の根元の黄色は果たして粘菌なのか、確かめようと本を借りてきました。

結論からいうと、よくわかりません。

が、本のおかげで粘菌に目覚めてしまいました。

なんて美しいんだ・・・・

130605nenkin

『粘菌―驚くべき生命力の謎』 誠文堂新光社 2007年4月30日

 解説:松本 淳、写真:伊沢 正名

↓P18

130605nenkin02

↓P19

130605nenkin03

YouTubeにも美しい動画がありました。

次の4作品、すべて「saijouzan」さんの作品です。

【日本の里山】森の変形菌(粘菌)
Japanese Myxomycetes

http://youtu.be/XaQijRIYfYQ

130605nihon

【信州の里山】妻女山の変形菌(粘菌)その1 
Japanese Myxomycetes vol.1

http://youtu.be/SjvJ0JT9O8A

130605sinshu1

【信州の里山】妻女山の変形菌(粘菌)その2 
Japanese Myxomycetes vol.2

http://youtu.be/FSMVztxQKmM

130605sinshu2

【甲州の里山】大マテイ山・粘菌ハンティング 
Myxomycetes Hunting at Mt.Ohmatei

http://youtu.be/5wI6hKAxd1c

130605koshu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

猫バス お花畑行き

ほっておくと何もしないで寝てしまうジジイ様に、ご近所ちょこっと回りの散歩コースを伝授しました。

裏通りだから車も通らないし、あちこちのお宅の玄関先に花も咲いてるし・・・

これはマーガレット、と覚えやすい花の名前も教えてあげました。

が、御仁、さらさら覚える気なし。翌日「何の花でしょう」とお聞きしますと、「さあてなあ」。

「マーガレット」という明快な答えを期待したワタクシがバカでした。

あんな花もこんな花もそんな花も、みんな「花」で括っちまおうという、よくいらっしゃる人種のお一人でしたね。

そんなんだと、頭がお花畑になっちまうですよ。

↓裏通りで猫バス発見。行き先は「お花畑」でした。

5374_130604nekobus

ジジイ様、いっぺん乗ってみなされ。夢の国へ連れてってくれますぞ。

なに? 猫バスをご存じない? となりのトトロくらい知ってるでしょ?

聞いたこともない、という返事でした。浮世離れの仙人ですか、あんたは・・・

↓猫バス専用信号。ではなくて吉祥寺で見たディスプレイ。

130519_5260singo

左は目玉に見えますが、「うふん、いらっしゃい」信号でしょうか。

↓中野で遭遇した住宅脇の、何に対して指示を出すのかわからない信号。

130504_5120singo

電線がつながっていませんでしたので、たんなる飾りでしょうが、ここに置く意図がわからん信号。

電話ボックスは赤くマークされているし、もしかしてここは六道の辻? 

この信号が点灯してるのを見るとあちら側へ招待されてしまうとか都市伝説があったりして・・・そんなわけありませんでしょ。

そういえば、トトロには都市伝説があって、あまりに不気味なもので、スタジオジブリが正式に否定コメントを出してるんですって・・・

ネット情報によりますと、日大芸術学部教授・清水正著『宮崎駿を読む 母性とカオスのファンタジー』(鳥影社・2001年)がこの都市伝説の発生源らしいです。

この方↓のブログが詳しいです。

「となりのトトロと狭山事件」のデマ(4)
http://blog.livedoor.jp/std2g/archives/20081152.html

ブログ主さんによると、『宮崎駿を読む 母性とカオスのファンタジー』は爆笑モンらしいので、読書予定リストに入れときましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

新聞紙 ゴミ入れ

ヒマだヒマだ、というわけじゃありませんが、ヒマなことを。

新聞紙を折って作った小さいゴミ入れ。丈夫です。

5377_130605gomi

ネットでお見かけした作り方を勝手に変更しました。

オリジナル作者の方、ブックマークしておかなかったもので、URLが表示できなくてごめんなさい。

新聞紙のきれいなカラーページを使うと、まあそれなりのできになるかと。

オリジナルでは拡げた新聞紙を2枚重ねて、大きなものを作っていましたが、ここでは1枚を真ん中で折れた状態で使います。

↓分かりやすく、派手なラ王広告ページで作ったもの。

5387_130605gomi

サイズはグレープフルーツの大きさから判断して下さいまし。

折れている状態で1枚ぺらっと抜き出します。

1.上側が新聞紙の真ん中の折れ部分。

5379_130605gomi

2.裏返して、縦の長さの1/3くらいのところで折り返します。

5380_130605gomi

折り返した赤い部分を仮に「腰巻」とします。残りを仮に「胴」とします。

3.裏返して、1/3くらいのところで折ります。

5381_130605gomi

4.反対側も折ります。

きちっと合わせるのが好きな方は、正確に3等分に折ってください。

5382_130605gomi

どちらかを、もう片方の腰巻と胴の間に挟みこみます。

できれば「ナントカ新聞」と表示のある部分を中に入れるほうがよいかと・・・(見えたほうがいいという人はそちらを外に)。

5.上下さかさまにして、胴の裾を両側から三角におります。

5383_130605gomi

6.折った裾をすっぽり腰巻の下に入れます。

5384_130605gomi

腰巻の下から見える胴がマチになります。お好みで適当な長さに。

長いと広いマチに。ほとんど無いとぺらぺらで直立できません。

(マチとは、袋物の底の幅のことです。)

7.起こして中に手を入れて拡げ、マチの部分が三角になるよう折りクセをつけます。

5385_130605gomi

このとき、口の周囲を指で挟んでぐるりと折り目を付け直すと、出来上がりがぴしっとなります。

8.ひっくり返して、そのマチ三角を腰巻の下に押し込みます。

5386_130605gomi

で、上の写真のゴミ入れが完成。

さあ、なに入れよかな・・・ってゴミです。ゴミ入れて袋ごとさっさと捨てましょう。

●ちなみに、6.の段階で下の胴部分をやや長くすると

5389_130606gomi

マチが広くなって、こんな出来上がりです。

5388_130606gomi

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

ボルダリングハウス

ポルターガイストじゃなくてボルダリング。

↓市内某所の素敵なお宅です。

左側の金つば断面みたいな壁は騙し絵かと近寄って見ると、

130512kabe47

本物の石が埋め込んでありました。

130512kabe

ボルダリングされませんでしたか。

それにしても美味しそうな色合いですこと。

いんげん豆おたふく豆きんとき豆うずら豆ひよこ豆そら豆レンズ豆落花生・・・青いのはカラーチョココーティング豆?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

シンデレラ・リバティ

あるいは「ジジイの帰還」。

ようやく、ジジイ様が退院なさいました。

入院中、お世話係・給食係から解放され、仕事のあるときは仕事に没頭し、無い時は徘徊しまくり、ああだこうだ注文の多いジジイ様に合わせることもなく好きなモノ食べて、この世の春じゃ、人生ばら色じゃと楽しんでおりましたが、

ジ・エンド。

ばら色の生活終わり。灰かぶり姫は職務復帰。

3月に救急搬送されたジジイ様は、当初の肺炎は実はたいしたことなく(薄々分かっておりました)、動かないことにより筋力が衰え動けなくなる「廃用症候群」のほうが重大で・・・

(中略大幅略)

苦労してリハビリテーション科のある病院に転院させてもらい、日々リハビリに励んでもらいました。

最大期限の3ヶ月間入院しておれ・・・

の願い空しく、2ヶ月目で退院の方向へ。少し良くなったら、「もう大丈夫だから家へ帰りたい」とお抜かしになりましてナンタラカンタラ・・・

わかりやした。退院結構。在宅上等。その代わりデイ・ケアに通ってもらいましょ。これまでのデイ・サービスに追加してですよ。

で、各方面と打ち合わせしまして、受け入れ先も決まりまして、めでたく退院。

はあ、どうなりますことやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

味噌仕込みました

5月22日、味噌を仕込みました。

味噌作りは大変じゃありません。作り方は麹の袋に書いてありますし、便利な道具を使えば、ちょちょいのちょいです。お試しあれ。

便利な道具とは、こんなものです。

1.大豆を煮るのにシャトルシェフ(保温鍋)。

前の夜に水に漬けておいた豆を、翌朝ぐらぐら5分ほど煮立ててから保温。夜には煮えています。

圧力鍋ならもっと簡単でしょうが、ウチにはありません(粗忽なので使うのが怖い)。

旧式ポット(魔法瓶)に豆と熱湯を入れて数時間置く、という手もあります。

2.豆をつぶすのはミンサー(挽肉器)。

豆を入れてハンドルをぐるぐる回すとペースト状になって出てきます。

フードプロセッサーでも良いと思います。ウチにはフードプロセッサーありません。

伝統製法だと擂り鉢とすりこ木を使います。ポテトマッシャーでもいいかしらん。

あとは袋の指示通り、麹と塩を混ぜ、つぶした大豆を混ぜ、種水(ゆで汁)を混ぜ、容器に詰め込んで保存します。

今回、容れ物がなくて、ホーローの鍋に詰め込みました。鍋に傷はないから大丈夫・・・

5264_130522miso

表面に塩振ってラップして、重しは・・・スタッククッカーの1段分乗っけて、ダンベル乗せて・・・

大きめの皿を乗っけて、ペットボトルに水を詰めて重しにしたっていいです。

5265_130522miso

その上からまたラップして布巾で覆って・・・ふっふっふ・・・熟成させます。

途中でひっくり返して詰め直すそうです。ふっふっふ、美味しくなあれ。

あ、大豆のゆで汁が余ったら捨てちゃダメですよ。スープにできますよ。昆布や鰹を入れると濃厚ですよ。お好みで、野菜の細切れや肉などを入れます。

------------------------------------

↓あらら、味噌を落としちゃったよ、せっかくいい色に熟成したのに・・・

5318_130528kinoko_2

じゃなくて、桜の根元に巨大なキノコが出現していました。

直径20センチ越え。実に美味しそうな色合いですが、食べられる種類でしょうか。

つんつんしてみたら硬い。キノコではなく、サクラの瘤に生えたカビかしら・・・

粘菌の変形体(変態形ではありません)?

↓こちらの方の「粘菌日誌」の写真が近いような気が。

http://d.hatena.ne.jp/enkuu/20110222

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »