« 国立博物館の裏側 | トップページ | 国立博物館の裏~横側 »

2012年11月27日 (火)

皇帝陛下謁見への道

小金井公園の皇帝ダリアが見ごろと聞いて、25日の日曜日にお出かけしました。

もちろん、歩いていきます。JR3駅分・・・わはは。

のっけからクルクル眼を回しているアホウ鳥・・・ではなくて、

121125fukuro1

記念碑の上の知恵の鳥、フクロウです。

121125fukuro2

開村百年記念、って100年前は原野だったということ・・・?

(100年記念は平成元年でしたので、正確には124年前です。)

今回は最短の近道、多摩湖自転車道を行きます。

昔は土ぼこりと情感のあふれる自然道でしたが、今はすっかり整備されています。緑は豊富です。

121125miti3

こんな風↓に自転車道と歩道が分かれています。

整備されすぎて味気ない・・・というのはわがままでしょうね。

121125miti5

途中、石川島播磨重工業田無工場があったところは、すっかり様変わりし、高層マンションが出現していました。

121125isihari

数本残る桜並木。少々昔の面影があります。

121125isihari2

休憩所も整備されています。

121125miti4

東京の紅葉は気温の関係で派手ではありませんが、一応秋の風景に。

121125miti7

やっぱり道は土がいい・・・(ゼイタクいわんとき)

121125miti

こういう道をしばらく歩き、途中で横にそれるとすぐ小金井公園になります。

わあ、ふかふかの枯葉。上等の絨毯を踏んでいる気分です。

121125kareha

「枯葉の寝床」(森茉莉)だなあ・・・←唐突になんのこっちゃ・・・

目的はこれ。皇帝ダリアです。

121125daria2

じゃーん、でかいですよ、立派ですよ~。

まさに謁見。

といってもどれくらい大きいかこの写真ではわかりません。

このくらい↓大きいです。

121125daria

(よそのお子様を勝手に尺度に・・・)

目的を果たして、さあ、どうしましょうか。とっとと帰るといのもありなんですけど、せっかくだから・・・と、江戸東京たてもの園の近くに行きました。

この前見たから、今日は入園しません。売店を見るだけ。

のつもりでしたよ。今日はお金使わない算段でしたから。

なのになぜこんなものが置いてあるのじゃ・・・

Kawase

川瀬巴水カレンダー。(上の画像は販売用ポスター)。

迷わず買っちゃいました。800円也。

来年のカレンダーは買わない、と決心していたのに・・・

(川瀬巴水って何?という方はネットで画像検索して下さいまし。いいですよ~)

じゃ、こんどこそとっとと帰ろう・・・

え?今夜たてもの園ライトアップですって。え?4時半から・・・?

帰ります

(見たいけど、そんなに待ってられません。分っていればもっと遅く来たのにぃ・・・)

121125light

堀に浮かんだライトアップ用装置。係りの人が水に漬かりながらいろいろセットしてました。濡れて辛そ・・・

ところで小金井公園には池があるそうです。そっち通って帰りましょ。

小さな池は野鳥の宝庫のようでした。本格的なカメラを持った人が大勢居まして、じっとシャッターチャンスを狙ってます。

何が居るんざましょ、と抜き足差し足で近づいたら、わぁお、カワセミみたいな鳥が枝にとまっていました。

なら、ワタクシも、と旧式のコンパクトデジカメを取り出すのは恥ずかしい雰囲気。邪魔にならないよう、そっと立ち去りました。

鴨も居ます。

121125lkamo2

鴨に餌やっちゃいかんそうです。↓

121125lkamo

太りすぎて飛べなくなるそうです。

121125kamofat

池の反対側では、これまたカメラ持った人が樹を見上げていました。

121125yacho

鳥を撮ろうとする人を撮る物好き・・・

121125neko

出口近くで名札下げた猫に遭遇。「マ○○○・マオ」ちゃんでした。

で、今度こそとっとと帰ります。その帰り道で変なもの3連発。

121125inu

ライオン犬。犬ライオンではありませぬ。断じてライオンではありませぬ。

121125imomusi

犬いもむし。いもむし犬ではありませぬ。犬とは認めんぞ。

121125risu

幽霊リス。下のリスをご覧下さいまし。うらめしや~

----------------------

自宅から公園まで7800歩、園内を歩き回って帰宅した時点で22280歩。案外歩いていませんです。

晩御飯食べてくつろいでいたら、時ならぬ花火の音が。なんだなんだとベランダに出たら、大きな花火が上がっていました。そういえば成蹊大学の学園祭でした。見られなかったライトアップの代わり、ということですかしらん。

以下コンパクトデジカメのしまりのない画像を・・・

121125hanabi2

121125hanabi3

121125hanabi

|

« 国立博物館の裏側 | トップページ | 国立博物館の裏~横側 »

おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口」カテゴリの記事

おさんぽ31・小金井市」カテゴリの記事

動物・猫」カテゴリの記事

コメント

とっとと帰るのは無理なようですね。
22280歩、そんなに歩いていない?
皇帝ダリアの大きさと、
その脚力、眼力共に恐れ入りましたm(__)m

投稿: kiri | 2012年11月29日 (木) 20時58分

普通に生活して毎日ほぼ1万歩以上になってますもので・・・
将来の徘徊予備群とも言われます・・・
寝たきりとどっちがいいかな・・・
(真面目な話です。)

投稿: マイマイ | 2012年11月30日 (金) 13時10分

はぁ、、ワタシにしても切実な話です。
身近にいた人は、
徘徊から始まり寝たきりで終わりました。
どちらにしても、自分では選ぶことが出来ない悲しくて辛い話です。


投稿: kiri | 2012年12月 5日 (水) 15時14分

フルコース、というのもありましたか。
ワタシの身近な人は、徘徊も寝たきりも無縁でしたが、山のような愚痴をこぼし続け、回りの人間を辟易させていました。
 
人生の終り方は選べないんですよね~
それでも努力が報われると信じて、あれこれやってみることにします。

投稿: マイマイ | 2012年12月 5日 (水) 16時55分

 マイマイさん、こんばんは。
 たてもの園のライトアップの日に公園にいらしていたのですねっ。
 
 公園とたてもの園を挟んだ池があったと思いますが、いつもその周辺で、鳩たちを見ているんですよ~。
 あぁ、マイマイさん、ここ歩いたのか~と思いました^^

後日、こちらのブログにも皇帝ダリアをアップしますね~。

投稿: ゆうき | 2012年12月 6日 (木) 22時41分

ゆうきさん。
小金井公園はよくいかれる場所でしたか。
もしかしたら、どこかで知らずにすれ違っているかもしれませんね。
鳩の写真、いつも楽しみにしています。
皇帝ダリアのアップ、お待ちしております。

投稿: マイマイ | 2012年12月 7日 (金) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/56195786

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝陛下謁見への道:

« 国立博物館の裏側 | トップページ | 国立博物館の裏~横側 »