« ダリダはだりだ・・・ | トップページ | 皇帝陛下謁見への道 »

2012年11月26日 (月)

国立博物館の裏側

東京国立博物館の裏事情・・・ではありません。

国立博物館の裏の庭園です。年に2回公開されます。

11月22日、都心にでたついでに特別展「中国の王朝の至宝」を見に行きました。

平日なら空いているはず、でしたのに、会場は大勢のジジババ(ワタクシもその一人)で、ぎっちり満員状態。

真面目に行列作って鑑賞なさっている方が多いのですが、ワタクシ、こういう状況では短気。斜めから遠くから空いているところから、とちゃっちゃっと回りました。

短気なだけじゃなく、人混みに酔ったからでもありました。乗り物に酔うのは揺れるからですが、閉鎖空間に人が一杯でも酔います。子供の頃は映画館で酔っ払っていました・・・

もう一つの特別展「出雲-聖地の至宝-」は通勤電車状態。

通常展示なら空いていますが、閉鎖空間はもういいです状態になりまして退散。

ふと気付くと、庭園公開をやってました。前にも来たことがあります。五重塔あり古い建物ありでなかなかよろしいですよ。空気もいいし、ああ生き返った・・・

庭園の詳しい案内はこちら
「東京国立博物館 - 来館案内 構内マップ 庭園・茶室」
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=121

1.五重塔(印刷物の散策マップの番号です)。

121122goju

第五代将軍徳川綱吉(1646~1709)が法隆寺に奉納した〉そうです。

3.春草廬

121122ie3

河村瑞賢(かわむらずいけん1618~1699)が摂津淀川改修工事の際に建てた休憩所〉だそうです。

↓反対側から。

121122ie4

5.茶室転合庵

小堀遠州(こぼりえんしゅう 1579~1647)は八条宮から茶入「於大名(おだいみょう)」を賜った際に、その披露のため〉建てたそうです。

121122ie2

↓反対側。

121122ie1

倒れそうで倒れていない石灯籠。

押してみたくなるけど・・・いけませんよね。

121122toro

なかなかいい雰囲気。

121122toro2

「大賀ハス」の池越しの全景。昔話みたい。

121122toro3

↓建具や壁の木の雰囲気が実にいいですね~

 (年寄り趣味であることは認めます)

121122ki3

121122ki4

6.六窓庵

慶安年間(17世紀中頃)に奈良の興福寺慈眼院(じげんいん)に建てられた金森宗和(かなもりそうわ 1584~1656)好みの茶室。〉だそうです。

↓これは離れ。わあー、子供の頃の田舎を思いだす~。

121122rokugo

母屋の壁? ピンボケですが、実物は素晴らしいですよ。

121122ki2

8.応挙館

尾張国(現在の愛知県大治町)の天台宗寺院、明眼院(みょうげんいん)の書院として寛保2年(1742)に建てられ〉たそうです。

↓建具だけ。全体を知りたい方は、上の国立博物館のサイトをごらんくださいまし。

121122ki1

う~む、いいなあ・・・

9.九条館

〈もと京都御所内の九条邸にあったものを東京赤坂の九条邸に移した建築〉だそうです。

↓窓だけ。

121122ie5

古いガラスらしく、波打っていました。

裏には別の顔もあります。次回に。

(秋の庭園開放は、2012年10月27日(土)~12月9日(日) 10:00~16:00だそうです。)

|

« ダリダはだりだ・・・ | トップページ | 皇帝陛下謁見への道 »

おさんぽ4・都心の庭園/公園」カテゴリの記事

おさんぽ・博物館」カテゴリの記事

コメント

石灯籠、下の部分を基点に回したい衝動にかられます。

投稿: SUDOKU | 2012年11月26日 (月) 22時10分

立派な庭園があるのですね。
行けそうにないので、次回のアップも楽しみにしています。
石灯篭、ぜひ押していただきたかった。
と、思ったのは私だけではないはず。残念。
美術館は斜め歩きが良いと聞いたことがあります。そして、気に入った所に戻りじっくり鑑賞するのだとか。
人酔い、良く判ります。

投稿: kiri | 2012年11月27日 (火) 08時40分

SUDOKUさま
石臼でしたか。
ごりごりごり、とどんぐりでも挽きましょうかねえ・・・

投稿: マイマイ | 2012年11月27日 (火) 13時10分

kiriさま
いかにも押してください、という風情ですよね。
うずうずしましたが、新聞沙汰になりたくない一心で思いとどまりました。
誰もいなくて監視カメラもなかったら、とっくに誰かが押してますよね。
人酔い、も共通でしたか。

投稿: マイマイ | 2012年11月27日 (火) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/56196238

この記事へのトラックバック一覧です: 国立博物館の裏側:

« ダリダはだりだ・・・ | トップページ | 皇帝陛下謁見への道 »