« 国立博物館の周り | トップページ | ちょい、イラつく日々・・・ »

2012年11月30日 (金)

iMac G3の呪い2

自宅の古いiMac G3は再インストールして各種設定し、アンチウイルスソフトもスカイプも入れて、どうにか復帰しました。

アドビフォトショップはまだです。

プリンタ兼スキャナも接続していません。

以前は、アドビデザインパック(CSの前身)一式もオフィスもファイヤーフォックスも携帯データ転送ソフトもなんやかやも入れてましたけど、もういらん。

もう、このiMacではメールの送受信が出来ればいいっす。

図書館などのサイトに接続できればいいっす。

自宅で動画を見るなら、ちょいマシなWindows XPマシンにお願いするっす・・・

で。

そこまで妥協したのに、iMac G3の画面が動かなくなりました。

なんで?

マウスです。いえ、ネズミがマックを齧ったとかじゃなくて、クリックするマウス。

しばらく前からマウスの動きがおかしかったのですが、定番のPRAMクリアをすると復帰するので、原因は本体の不調、と思っていました。

が。

手が滑ってマウスを机上から取り落とし、幸い接続ケーブルが短かったので床に激突は免れたものの、ばーんとぶら下がって、多分その衝撃で切れかかっていた配線が決定的にプッツンしたようで、何もできない・・・

マウスは消耗品でしたね。壊れかかって不調だったのを決定的に壊したんですね・・・

もう10年使ってるんです。良く頑張ったもんだ・・・・

で。

つい最近、郊外の大規模マンション建設と共に砂漠のオアシスの如く出現したスーパーと家電量販店と書店の入ったショッピングビルの側を通りがかった時に、モノズキの本領を発揮して覗いてきました。

家電店には598円というマウスがありました。昔を知る人間には「うっそ~」のお値段でして、思わず買いかけましたが、まてまて近所のヨドバシならいくらだ・・・とブレーキがかかり・・・その夜マウスを落下させて上記の通り・・・買っときゃよかった・・・

翌朝近所のヨドバシへ即行。

(多分同じものが)440円で売ってました・・・

近くに競合する店舗がないと価格が高い・・・というのは普遍の事実ですが、ここまで違いますか。

バッファロー BSMOU05SWH [USB接続 有線光学式マウス Sサイズ ホワイト]

100000001001170594_10204_3   

10%還元で実質396円。旧式人間には信じられません。溜まったポイントを使ったので、実際に払った金額はもっと少しです。

得した気分になりましたが、その後ネットで調べてみると、ヨドバシネットなら420円(送料無料10%還元実質378円)だよぉ、アマゾンは送料無料の381円だよぉ・・・そんなんで商売成り立つんですかい・・・

安ければいい、は結局自分の首を絞めそうでちょい怖いです。でも安いの買っちゃう・・・

肝心のマウスの使い心地ですが、ドライバインストールすることなく即使え、オリジナルマウスではできなかった右クリック、センターホイールも使え、USB1接続でも動きが早い気がします。

こんなんなら、もっと早く取り替えればよかった・・・

(オリジナルのapple pro mouseのデザイン、好きなんですけどね・・・)

Apple_m_3   

自宅iMac G3 grafiteはこんなMacです。

10367

(以上の画像はネットからお借りしました。)

CPU 600MHz メモリは増設して512MB。笑っちゃうような仕様ですけど、用途限定で十分使えます。

で、仕事場のiMac DVはやはり処分するしかなさそ・・・

-----------------

で、呪いはさらに。

このどたばた騒ぎで、アンチウイルスのサポートが切れていることが発覚。

正確に言うと、Virus Barrier X4を入れていましたが、サポート打ち切り。仕事場のeMac用X5もサポート打ち切り。

わかってはいましたけど、鷹を括って、じゃなくて高を括っていました。サポート終ったって使えるべ、と。X5は大丈夫でしたが、X4はウイルス定義がこの1月 2011年2月から更新されてませんでした・・・(しかもだよ、2011年1月に2年分の更新料を払ってるだよ。ああっ、マヌケっ)

ぐわーん。

最新版のX6はeMacには適合しますが、iMac G3はX5が最終版・・・

なら仕事場のをX6にして、余ったX5を自宅用に、と考えたのですが、X5はダウンロード購入してますから、サイトからインストーラーをダウンロードしておこうとして・・・

ないっ。

運悪く販売サイトがリニューアルしたばかりで、いろいろエラーが出ているようでサポートにもつながらないっ。

ぐわわわあ・・・

(中略)

やっとの思いで、製造元(フランスメーカー)からX5をダウンロード。これはCDに焼いて自宅に持って帰ってインストールします。

なお、ダウンロード直後にサポートからやっとメールが来まして、インストーラは製造元からダウンロードを、とのこと。おせーよー、じゃなくて、ワタクシのやったことは間違っていませんでしたのね、と安心。最近腹を立てる気力がなくなってます。

X6はリニューアルしていろいろ香ばしいことになってるらしいストアからダウンロード新規購入。

仕事場のeMacに無事インストールし、おめでとうございます、と言いたいところですが、深く考えずX5を削除しないままインストールしちゃいまして結果、期限が100日くらいしかないじゃないか・・・(X5のフィルタを引き継いでしまった・・・)、くうーっ。

で、またvirus barrier関係ぜ~んぶ削除して、はいっ、一からやり直しっ。

そしたらですね、二度目に購入済製品欄からダウンロードしたインストーラーが見事に使えません。

サイトには、破損してますものでしばらくは試用版のほうをダウンロードしてください、という表示が・・・

(追記:サイトには2012.11.9で解決しました、と書いてありますけど、上記の方法でsafariでダウンロードしたのは使えませんでした・・・)

こんなんで今日(昨日のことですけど)も一日暮れてゆく。人生後半の夕暮れは早い・・・

121130vbx6

仕事場のeMacに無事インストールしたX6の画面です。

X5がコックピットみたいだったのに比べると、ちょい面白味にかけるかも。

さて、自宅iMac G3へのX5のインストールはどうなることやら・・・

(呪いはまだ続く・・・)

|

« 国立博物館の周り | トップページ | ちょい、イラつく日々・・・ »

パソコンの悩み Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/56208725

この記事へのトラックバック一覧です: iMac G3の呪い2:

« 国立博物館の周り | トップページ | ちょい、イラつく日々・・・ »