« 全国大陶器市 小金井公園 | トップページ | キネ旬774のシュールな映画 »

2012年10月11日 (木)

いろいろ彼岸花

(少し前の話になりますが)まだかまだかと待ち焦がれた庭の彼岸花が、9月30日満開になりました。

121007higan1

う~ん、美しい。

花の命は結構長い、というCMがありましたが、彼岸花はあっと言う間に咲き終わります。

数日で跡形も無く消えうせました。

彼岸花の別名はいろいろありますが、一つが「死人花(しびとばな)」です。

墓場に群生していることからの連想と思いますが、昔はこの花を「縁起でもない」と嫌う人が多かった気がします。

少なくともワタクシの育った田舎ではそうでした。

綺麗な花なのに・・・

子供の頃は赤い彼岸花しか知りませんでしたが、数年前に白い彼岸花の実物を見て、不思議な思いがしました。「白装束」かしらん・・・と。

それからは、あちこちに白い彼岸花が生えているのに不思議と気づくようになりました。

脳の認識パターンに「白い彼岸花」が織り込まれたようです。

↓9月29日、近所の公共施設跡地に紅白の目出度い彼岸花。

121007higan2

↓上と同じ場所ですけどね。光の加減で色がじぇんじぇん違います。

121007higan3

黄色い彼岸花もある、と聞きました。

ショウキズイセン(鐘馗水仙)だそうです。

http://www.hana300.com/syousu1.html

Syousu

季節の花300」さんからお借りしました。
http://www.hana300.com/index.html

う~ん、この花の実物を見てみたい。

次の目標は都内の植物園の訪ね歩きに決定。

(ワタクシの趣味は「歩くこと」です。)

--------------------------------

Wikipediaによると、白い彼岸花とは別に「シロバナマンジュシャゲ」というのもあるようです。

シロバナマンジュシャゲ(Lycoris ×albiflora Koidz. [1])
ヒガンバナの白花に似ているが、花弁がさほど反り返らず、またやや黄色みを帯びる。葉もやや幅広い。一説にはショウキズイセンとヒガンバナの雑種であるとも。〉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A

が、ネット記事の多くは、シロバナマンジュシャゲ=シロバナヒガンバナ、シロバナヒガンバナ=白い彼岸花、だったりしまして、今のところ訳がわかりません。

|

« 全国大陶器市 小金井公園 | トップページ | キネ旬774のシュールな映画 »

植物・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/55850896

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ彼岸花:

« 全国大陶器市 小金井公園 | トップページ | キネ旬774のシュールな映画 »