« 雨の千川上水 | トップページ | 11月のベランダトマト »

2012年10月31日 (水)

DTPというお仕事

わあー忙しかった。仕事が重なりまくって、もう大変・・・・突発性難聴は再発するし、胃腸はストライキ起こすし・・・

そろそろ片付きそうな気配がしてきて、ほっ。落とし穴が出現しませんように。

121031osiroi

   (近所のツートンカラーのオシロイバナ)

お仕事はDTPやってます。

と言って、話が通じるのは同業者・関係者。

通常は、なんのこっちゃ?、という反応です。

フィルム写真時代のDPE「現像・ 焼き付け・引き伸ばし」屋さんと間違える方も多いのですが、全然違います。

DTP(Desktop publishing、デスクトップパブリッシング)です。

と言って、話がわかるのは、やはり関係者・・・

昔は、商業印刷物(本、雑誌その他)を作るのに

原稿書く人それを活字で組む人、写真撮る人や挿絵を描く人それを印刷できるように網点ボチボチの金属板にする人、その前にレイアウトして細かく指定する人・・・

と分業体制で、出来上がりと殆ど同じ状態に見える「版下」を作り上げておりました。

アナログ手作業でしたので、修正が発生したら大変・・・

今は、コンピューター上でちゃっちゃと作業しちゃいます。その作業がDTP。

大手業者なら、プロの美しいレイアウトとともに各種データがきちっと支給され、DTPオペレータは指示通り作業して、デジタル版下を作成します。

が、ワタクシのような零細業者では、「まかせるわぁ」の一言で、レイアウト指示もくださいませぬこと多々。

(全然あてにならないレイアウトなら、ないほうがましだったりしますけどね・・・)

文字はテキストデータなら話が早いのに、なぜ手書き原稿をくださるのでせう。もしくはプリントしたものだけをくださるのでせう。ぶつぶつ言いながら入力作業をしてたります。

(DTPオペレータは普通、入力作業をしません。)

写真もデジタルならちゃっちゃとソフトで加工できるので話が早いのに。なぜプリントでくださるのでせう。

それも昔のフィルム写真のように高精度ならいいのですが、最近は解像度の低い写真をホームプリンタで印刷したものが来たりして。

粗い写真はどうやったってきれいには仕上がりません、と何度言ったことか・・・(グチ)

それでもお仕事があるのは有難いことです。

有難いですけれど、出版・印刷業界はそもそも昔から締め切りに振り回される大忙し業界ですけれど、今回は仕事集中し過ぎ・・・

121031osiroi2

   (オシロイバナ、こんなんもありました)

---------------------

以上興味のない人には、つまらないお話でした。

この先に、分け入っても分け入っても深い山、あるいは深い闇があります。

よく引っ掛かるものとして、次のような分岐点。

★OSのプラットフォーム(WindowsかMacか)。同じソフトでも微妙に違うんですよん~

★OSのバージョン(Windows XPか7か、Mac OSX4か5か6か7か)。

★ソフトのバージョン、Officeは2003か2007か2010か。Mac版のOfficeか。

★Adobe CSは2か3か4か5か・・・

★他にもあるんですけどね~

Adobe CS5のインデザインという組版ソフトでワタクシは仕上げをしております。

データがMicrosoftのOfficeで来ると、変換作業をせねばなりません。これがもう試行錯誤の世界でありまして・・・

最近の事例では、

★.docのファイルが2003でコンバータが立ち上がって結果開かない・・・拡張子を.docxにしたら開けるようになりました。どうもMacの最新版ワードのファイルだったようです。Windowsとは微妙にバージョンがずれているようです。

★パワーポイントに貼り込まれたエクセルのグラフは、一度ワードにメタファイルとして貼り付けてpngとして書き出して、フォトショップで加工してtiffファイルで保存して・・・というのは、山ほど試行錯誤した結果のベスト変換方法です。office2010での作業。来たのはどうも2007のファイルのよう。

★他にも2007と思われるパブリッシャーの飾り枠はバージョンの低い2003で開いて、やはりバージョンの低いCS以前のイラストレーター10で加工してepsファイルにして保存してインデザインCS5に配置する・・・とか。パブリッシャー2010で開いてイラストレーターCS5で作業すると、使い物にならないものができます。

officeのファイルと一口に言いますが、ワード、エクセル、パワーポイントで来るのはまだ可愛いです。パブリッシャーは修飾機能が豊富なだけに、インデザインに反映させるのは難問ですよ。

喉元過ぎれば苦労ををすっからかんと忘れてしまう自分自身のために、試行錯誤の結果を整理して、いつでもみられるようにブログに入れておこうかな・・・なんて。

同業者の同じPC環境の人にしか使えないよな・・・

121031kame

(ご近所の二代目「防犯カメ」さん。大きくなりました。気は小さいようです。すぐ逃げます。)

|

« 雨の千川上水 | トップページ | 11月のベランダトマト »

パソコンの悩み DTP/PDF」カテゴリの記事

コメント

ひゃー、お久しぶりで~す。客人で忙しいのかと思ってましたが、仕事だったのですね。儲かってまっか? 後半の話はわかりませんが、大変面倒な作業を余儀なくされている事はよーくわかります。肩凝りと眼には気をつけてくださいね。

投稿: 偽善フェア | 2012年10月31日 (水) 16時55分

お疲れ様です。
ただ者ではないと思ってましたが、
なるほど納得です。
秋が過ぎ冬が来ようとしてますが、
なかなか遊べそうにないですね。
どうぞ、ご自愛ください。

投稿: kiri | 2012年11月 1日 (木) 08時32分

偽善フェアさん。
苦労の割りに儲かってないですよ~
お師匠さんがいないので、余計な苦労している節もあります。

投稿: マイマイ | 2012年11月 2日 (金) 09時24分

kiriさん。
そう、ただ者ではありませんぞ。
痴れ者です・・・がはは
  
大昔に零細出版社にいたことがありまして、今は町の印刷屋さんと冗談言いながらテキトーに仕事してます。

投稿: マイマイ | 2012年11月 2日 (金) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTPというお仕事:

« 雨の千川上水 | トップページ | 11月のベランダトマト »