« 豆の収穫 | トップページ | 早朝の鳩時計 »

2012年7月 5日 (木)

ああラーメン

ラーメンが好きでしたが、ここ数年食べていません。

それはね、コレステロールがね、オイラ美味しいんだけど体によくないよ~、と言っているからではありません。

ついていけなくなっちゃったんです。最近のラーメンに。

シナソバ、と呼ばれていた頃を知ってますもので、スープはあっさり、麺は細めん、具は薄っぺらいチャーシューやメンマ(シナチクと言いました)やナルトや海苔・・・

味噌ラーメンを初めて食べた時には驚きました。塩味にも。初めて食べたとんこつ味も美味しかったですよ。

でもね、近頃のラーメンが訳わかんなくなっちゃって。 旨みの出る素材を全部あわせちゃったら美味とは違うものになってるんじゃないか、とか・・・

あんたの胃袋が老化したんでしょ、って。はい、その通りです。

ですけどね、濃厚な味イコール最上の味とは思えないのですよ。

人生、盛りを過ぎたからなあ・・・と思っていたのですが、そればかりではないようです。

『ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く』
勝見洋一 朝日新聞出版 2009年7月30日

120630katumi

著者勝見洋一さんは、文化大革命時に北京中央文物研究所に勤務していたという経歴の持ち主です。『中国料理の迷宮』(2000年5月)に、文化大革命を中国共産党の側から見た話が書かれています。面白いですよ。

勝見さんはまた、桐島洋子さんと結婚した人としても知られています。2年後に解消し、元の「お友だち」に戻ったそうですが。

さて、『まぼろしの味~』に、「新興宗教とラーメン」という項目があります。そこから少々引用。

日暮里に行った勝見さんが、豚骨スープと魚介系スープをブレンドした最近の流行り系〉の店で食べて、強烈無比の魚介の生臭さに驚きます。

〈例によって客は並んでいるのだ。こんな凄まじい臭いと味を、どうして最近の日本人は好きなのだろう。〉

〈やっぱり、どうしてもヘンである。ガイドブックも店もラーメンというからラーメンだと思っていたが、これはラーメンとはまったく別の食べ物になり変わっている。〉

そうなんですよ。ラーメンは新手の創作料理になっちゃったんですよ。だから旧態依然の人間には受け付けない味になっちゃったんですよ。

テレビ番組で今時のラーメン屋の味の秘密を覗き見るたび、「あれもこれもそれも合わせて煮込みに煮込んだスープなんぞいただきとうない」と、人生下り坂のおばちゃんは思ふのです。

年取るって、こういうことなのね。や~ね~

と言いつつ、なんだか猛烈に“ラーメン”が食べたくなってきたぞ・・・

|

« 豆の収穫 | トップページ | 早朝の鳩時計 »

文系(本とか)」カテゴリの記事

食べる・読む観る(買う)」カテゴリの記事

コメント

激しく同意いたします。

しなそば、ラブでございます。
トンとお目に掛かりませんが。

投稿: kiri | 2012年7月 5日 (木) 16時17分

ワタクシの食の師匠「魚柄仁之助」さんの著書をひっくり返して調べ、自分で作ってみようかと思っております。
たしか、どこかに書いてあったはず。

投稿: マイマイ | 2012年7月 6日 (金) 15時02分

春木屋のラーメンが好きな私も同意いたします。

投稿: 歩く姿はユリの花 | 2012年7月 7日 (土) 14時16分

荻窪に住んでいて、「近所の」春木屋にラーメン食べに行ってたのはそろそろ40年前。
吉祥寺店には一度も行っていません。
味は昔のままでしょうか。
店を仕切るおばちゃんが怒るので有名だったのは丸福でしたかしら。

投稿: マイマイ | 2012年7月 7日 (土) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/55078020

この記事へのトラックバック一覧です: ああラーメン:

« 豆の収穫 | トップページ | 早朝の鳩時計 »