« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

溶ける冷蔵庫

120731reizo1

↑脳内イメージ(ヘタなのは自覚してますので、何も言わないでくださいまし)

猛暑が続きます。28日土曜日の朝のことでした。

台所の床に水がこぼれておりました。水を使ったときに飛ばしたのでしょう。ふきふき。

ん? まだ向こうにもこぼれてます。どれだけ水を飛ばしたんでしょ。やんなっちゃう。ふきふき。

ん? 湖ができている?

げっ、冷蔵庫の下から水が流れている。

げげっ、冷蔵庫が「H」になってる。

変態冷蔵庫、じゃなくて温度表示が冷蔵室冷凍室ともH(高温表示)になってる。

わああ、引き出し式の冷凍室の扉が1センチ開いているう。

夏の悪夢・・・

即、温度設定を「強」にしました。それから4時間後、冷蔵室は7度といつもより高温なれど一応復旧しました。

冷凍室がですねえ、強にして急冷凍にもしているのに、じぇんじぇん冷えないんですよ~

もちろんアイスクリーム全滅。こういうときに限ってハーゲンダッツが幾つも入ってます。

冷凍のお魚もでろでろ・・・

きっちり扉をしめなかったワタクシが悪いのは明白です。ですけどね、なんで対策後24時間たっても「H」のままなんですか・・・

室温33度ですから、マイナス19度(いつもの温度)に下げるのが大変なのはわかりますけどね、もしかして

ついでに「壊れた?」

この冷蔵庫に買い換えたのは、前の冷蔵庫が突然冷えなくなったからでしたが、あれも真夏でして往生しました。

あの苦労をもう一度ですか。ぜ~~~~ったいイヤ。なんとかして~

というわけで冷蔵庫に扇風機を当て、溶けた魚などはさっさと焼き、乾物類は冷蔵保存でも大丈夫だろうと移動し、3日目の月曜の朝ようやくマイナス13度。

乾物がなぜ冷凍? 酸化防止のためです。煮干なんぞあっというまに鮮度が落ちますもの。

思い出しました。煮詰めて作ったジャムなどを冷まして、いいだろうと冷凍庫に入れたら、室温は冷凍庫温度よりはるかに高温なわけで、数時間「H」表示が消えなかったことを。

それからは冷蔵庫で予冷してから冷凍庫に入れるようにしています。

そうして冷凍保存しておいた多量のジャム壜が今回室温にまで戻ってしまったんですもの、そう簡単に冷えなくて当然・・・

壊れたんじゃありませんよね。

このままなんとかマイナス19度まで回復しますように(壊れるなら真冬にお願いします。)

との願いが通じたのか4日目の今朝、マイナス17度。

それにしても、おのれのマヌケがうらめしい。ハーゲンダッツぅ~

↓ウチの冷蔵庫は「中」設定でここまで冷えることもあります。

100405reizo

(2010年4月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

うっ、生まれ・・・?

ベランダの鳩夫婦が焼き鳥になりそうな猛暑が続きます。

とにかく暑い。ここ数日、朝5時台の室温がどんどん上がって、今朝はとうとう30度。日中は35度予測だとか・・・

●7月26日。朝の室温29度。日中はぐんぐん上がりました。

1207260728hato 

母さん鳩も、べたっとは抱かず、体を浮かしています。

●7月27日。朝の室温30度。あまりの暑さに母さん鳩、逃げ出しました。

1207270524hato1

と思ったら、すぐ戻ってきました。

が、その時は気がつきませんでしたが、写真をしげしげみましたら

1207270524hato2

1個、ヒビが入ってる!!!!

慌て者母さんが踏んづけちゃった・・・じゃなくて、孵化が始まってる?!

全然気にしないで仕事場にきちゃったけれど、わあ、今頃ピイピイ鳴いてる?

わあ、どうしよう。見たい。けど、仕事のデータ待ちなんだわさ。届き次第編集して納品しなくちゃならないんだわさ。

あああっ!!!!

と騒ぎましたが、その日の夜になっても生まれていませんでした。

孵化日数は15~18日らしいので、11日生まれだと26~29日の予定です。まだまだっ!

●7月28日。朝の室温30度くらい。日中猛暑

1207280514

えらいこっちゃ、卵が1個しかない! 

昨日生まれそうだった卵がない!

昨日夜中に物音がしてたけど、ネズミが食べちゃったの????

・・・少し離れたところに転がっていました。

そっと元にもどしましたけど、卵、冷たかった。

孵化しそうにないから親が放りだしたのか、事故で転げだしてそのまま冷たくなってしまったのか・・・・ダメなら親が放り出すでしょう。

●7月29日。朝の室温30度くらい。日中猛暑。

1207290724hato1

上が放り出されひび割れ卵。黒くなっちゃってもうだめですよね・・・

え? 下の卵に

1207290725hato1

嘴が!!! 今度こそ生まれる。

●7月30日。朝の室温30度くらい。日中猛暑。

今日こそ生まれてる、と思ったのに、まだ卵に親鳩が乗っかってます。

1207300553hato

予定日過ぎてますよ。ひょっとして子育て初めてで要領がわかんないとか・・・

念のためもう一度鳩の孵化日数を調べてみました。

すると、16~20日くらい、というのが見つかりました。11日からだと27~31日ですか。

明日までは期待していいのでしょうか。

ベランダで子育てされるのは迷惑なんですけどね、卵のまま消えちゃうよりは無事生まれるほうがいいです。だからあ、何とか頑張って下さいよお、鳩の母さん父さん・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

heroes - オリンピック開会式

目覚ましかけなくても朝5時には目が覚めるお年頃です。

新聞のTV欄を見ましたら、おお今日はロンドンオリンピックの開会式ではありませんか。

では、とテレビのスイッチ入れて映ったのはミスター・ビーン(ローワン・アトキンソン)さん。シンセサイザーの鍵盤を押さえながらふざけまくっていました。

往年の大英帝国は女王陛下列席の式典にもイギリス式ジョーク満載ですわ。

各国の入場行進を楽しく見まして、いよいよ開催国グレートブリテンになりました。

え?

と、いきなりトリップしちゃったような・・・入場行進曲(?)が「ヒーローズ」でした。あのDavid Bowieの「Heroes」。へえええ・・・もはや「古典」なのですね。

コンサート会場さながらに人々が両手を上げて波打っていました。

イカレたあんちゃんと思われていた頃が嘘みたい。

ビートルズの「Come togather」を演奏したアークティック・モンキーズは、年寄りに言わせればそれこそ「イカレたあんちゃん」・・・・

御大のポール・マッカートニーも「ヘイ・ジュード」を歌ってましたねえ。

イギリスっておもしろい国ですねえ。

ディヴィッド・ボウイ ヒーローズ
David Bowie - Heroes + lyrics

We can be heroes, just for one day

ぴったりと言えばぴったりな歌詞です。

Default

NHKの中継アナウンサーは、アークティック・モンキーズ「Come together」もポール・マッカートニー「ヘイ・ジュード」も解説しておきながら、David Bowie「Heroes」については、一言もふれませんでした。

まさか、知らなかった?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

おっさかな、おっ魚~

陶芸教室第3作目(2作目は見事にコケました。)

全長12センチの小皿(のつもり)

120726sara4

お魚(のつもり)です。寸詰まりであることは認めます。

ほほほ、目玉付き。

120726sara2

ある人に「おたまじゃくし?」↓と言われました。

120726sara3

水の中を泳ぐという共通点はありますけどね・・・両生類を作った覚えはありません。

せめて「河豚?」くらい言って欲しかった・・・

こんなアホなモノを作っているのは教室の中でワタクシくらいです。

皆さんちゃんと「大人の風格」ある作品を作ってます。

秋の文化祭に何か出品を、という話になり「しまった」と思っても遅い。

既に成型済みで釉掛け焼成を待つ器にも、目玉や尻尾をつけてしまってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

金喰い歯

金属を喰う歯じゃなくて、お金のかかる歯、です。

大々的に虫歯の治療をしたのは8年前(2004年)。

その年の6月にベランダで鳩に子育てされました。そして11月父上が亡くなりました。葬儀が済んでいきなり歯がガタガタになりました。すぐさま予約して治療開始したのが12月。

もういいですよと言ってもらえるまで、半年以上掛かりました。

お金も掛かりました。

その時固く決意したものです。ぜーったいもう虫歯なんかなるもんか。

しかし、固い決意はすぐ崩壊するのが人類のお約束。

3食後の歯磨きは朝と夜だけになり、時にはチョコレートなんぞ間食したり、夕食後甘ったるいお酒呑んじゃったり・・・

今回詰め物が取れて、それだけでは済まないなと思いつつ診ていただきましたら、やっぱりね、あちこち虫歯、むしば、ムシバ、無芝・・・詰め物の下も虫歯かもしれないとレントゲンをとりましたら、怪しい箇所続出・・・

この際治療するしかありませんでしょ。

ワタクシの贔屓(?)の歯医者さんは、ドクターが比較的若くて設備も新しいのですよ。8年前の時点で新規開業したばかりでした。

当たりの歯医者さんでした。

(その前に治療を受けていたのがはずれ歯医者さんでした。人柄は悪くないのですが、治療すればするほど歯がガタガタになっていきました。)

レントゲンはカメラの方が患者の周りを回って撮ります。

BGMがありまして、8年前は「エリーゼのために」。口開けたマヌケな顔でぼんやり思いました。頭の後ろを、磯野波平さんがチュチュきて爪先立ちで回ってる・・・

今回のBGMは「小さな世界(It's a small warld)」。ディズニーランドでおなじみのアレ。後ろで小さな人形がぴょこたんぴょこたんしている気分になりました。

この患者、後頭部が薄毛になってるよ~、自分じゃ気付かないんだよね~、とか囁きながら・・・

120725namihe

設備が新しいということは凄いですねえ。レントゲンは即、治療台の前のディスプレイに表示され、先生がマウスでちゃっちゃっと画像を動かし拡大し、説明してくださいます。

ここも、そこも、あそこも・・・む・し・ば、THE MUSHIBA。

おほほほほー。さあ、削りましょ。

その前に麻酔注射してました。

昔は、麻酔なんぞするのは意気地なし、みたいな感覚で、患者はひたすら痛みに耐えておりましたが、今は麻酔するのが普通。麻酔注射の方が痛い・・・

で、ごりごりジージーの段階はさほど感じません。響きます、と言われたのが凄かった。頭蓋骨内で掘削機かけたみたい・・・ あのぅ脳味噌が打ち身になりませんかしら・・・

次回は削ったところに金属を詰めます。

今回のお代はレントゲン撮ったので3000円ちょい。前回は初診で1000円ちょい。これからどんどん財布が軽くなっていくのでせうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

鳩よけネット

●7月24日。朝25.5度。

1207240713hato

●7月25日。朝28.5度。猛暑・・・

1207250546hato

側で水を撒いているのに、母さん鳩、逃げる気力もなさそう。

--------------------------------------------

ベランダで卵を産まれてしまったら鳥獣保護法により撤去することはできません。

できないなら、しばし楽しませていただきましょう、と鳩の大家になりました。

が、基本的には鳩の巣作りを歓迎しているわけではありません。

広大な敷地面積の一軒家でなし、孵化したらピイピイと隣近所に響きわたって1日中うるさいし、ダニや病原菌を心配する人もいます。

共同住宅ではですね、”他人の迷惑にならないこと”が至上命題なのですよん。

8年前(2004年6月)、ベランダで子育てされたときには、巣立ってほっとしたのは束の間、翌日に新たな卵を産まれてしまって、んも~、初めのときより衝撃でした。

2度目のヒナが巣立ってすぐ、ベランダ全体を鳩よけネットで覆い、やっと縁が切れて・・・数年たって、その時の苦労をすっかり忘れて、人間が鳥かごに入ってるみたいなのも気分悪いと取り外して、その後グリーンカーテン用ネットに転用しちゃったもので・・・

新しいの買ってこなくちゃ。

うっかりしてると次の子育てを始められてしまいます。準備は早いにこしたことはない。

8年前に買ったホームセンターへ炎天下でかけていき、結局そこでは取り扱い中止になっていて空振りでして、ちょうど館林市39.2度の日でしたので、熱中症大当たり~で寝込んだのでした。

ネットで探したらあっさり見つかりました。

キンボシ
FarmGarden 防鳥ネット 鳥よけネット(ナチュラル) 2m×6m
http://www.amazon.co.jp/FarmGarden-%E9%98%B2%E9%B3%A5%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-%E9%B3%A5%E3%82%88%E3%81%91%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB-7431/dp/B000ET3S9W/ref=sr_1_2?s=kitchen&ie=UTF8&qid=1343109664&sr=1-2

120725hatonet

透明?です。よそのベランダを見ると、グリーンの網が張ってありますが、あれはゴミ網みたいでイヤ。

ふっふっふ。巣立ったら即張ってやる。巣も撤去してやる。さっさと孵化してさっさと大きくなれよ。二度とベランダの縁をまたぐなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

ぬらりひょん

8月生まれのワタクシは毎回炎暑の只中に運転免許更新を迎えます。

20代の頃は、吉祥寺から車行き交う大通りを、変速ギア付き自転車を飛ばして、車と競争しながら府中試験場まで行っておりました。

ワカモノというよりバカモノの青春時代でした。

時は移り変わり、足腰も心配だけど熱中症が何より怖いお年頃になり、今ではおとなしく武蔵小金井駅まで電車に乗って行き、その先はバスで試験場へ。

自転車でバカスピードで吹っ飛んでいけば20分くらいだったところを乗り換えのもたもたを含めて1時間近くかかっています。

免許更新も様変わりしましたねえ。道端に雑草の如く繁茂していた「代書屋」さんはシステムの変更にともない壊滅。

自転車で飛ばしていた頃は、代書屋さんが手を振って客引きしておりましたですよ。

という、昔話はどうでもよくて。

奇跡的な涼しさの最終日となりそうな日曜日、この機会を逃すと、ずーっとずーっと先まで行く気が失せそうなので、意を決して更新に行ってきました。

お空はどんよりと、なんだかさえない日でした。ワタクシの行動もぱっとしなかった一日でした。

●先ずチョンボ。

もたもたしたくないので、ネットでバス乗り場を調べておきました。

「武蔵小金井駅」北口下車バス15分とありました。前回も確か北口からバスに乗りました。

ですので、迷わず北口へ。

あれえ?

乗り場がありません。うろうろした挙句、他の行き先のバスの運転手さんに聞きました。試験場へ行くにはどのバスに乗ったらよろしいでしょうか・・・

乗り場が南口に変更になったんですと。おのれネット記事め、古いデータはさっさと訂正しろよ!!

って、ネット検索するときに期間指定しないのがいけないんですけどね。駅にも大きい貼紙がありましたよね。(帰りに気がつきました。)

●1分前にバス行っちゃった。

 やっとバス停に辿り着いたら、次のバスは20分後。あ~あ~。と思ったらもう1系統のバスが14分後にありました。やれやれ。

●列の選択眼がない。

 朝一の試験場は大混雑。申請に4列になって待ちます。何も考えないで並んだ列の進行が極端に遅い。同時横並びになった人がどんどん前へ行ってしまいます。14人ほど差をつけられたとこまでは確認できましたが、後は姿が見えなくなって・・・

 受付まできて原因がわかりました。この列だけ客さばきが優雅すぎる・・・

 4分の1の不運を確実に掴むって一種の才能?

●それでも会計の窓口で、一番端っこが極端に空いているのを発見して即移動。他の人は自分の列から動こうとしません。なんででしょうね・・・

●視力検査では、右と左を間違えて言ってあわてて訂正したり。

 お箸持つ手はどっち? → ときどき左手で持ちます。左利きじゃないけど。そんな生活態度がいけないんでしょうね。

●でもさ、結局最後の講習は締め切り直前に滑り込めたので、今までの遅れチャラ。人生、そんなもんですねえ・・・

●7時20分頃にお家を出て、更新免許証を手にしたのは10時頃。早かったなあ。

というのでは、ラッキーな一日になってしまいます。

何がさえなかったのでしょう。それはですね、新しい免許証の写真がですね、前回は前科13犯(寸借詐欺、食い逃げ、置き引き)みたいなしょうもないおばさん風だったので、今回は期待したのです。

髪もカットしたばかりだし、写真撮るときに口角も上げたし、今度こそ可愛いおばさん風に・・・と。

で、どうなったかというと、とうとう今回人間でなくなりました。

丸顔なのに、写真はいやに細長くて・・・上げたはずの口角は横一文字・・・ムンクの叫びがニヤついたみたいな・・・

ぬらりひょん。

免許証の写真は大抵笑える写りになるものですけど、今回は最悪。この先5年間、身分証明のたびにこの顔を差出すのかと思うと今から憂鬱。

それにしても

「誰ですか、この人?」

ワタクシいまだに童顔です。顎こんなに長くありません。二重顎でもありません。目の下に袋もありません・・・・

知らん、断じて知らん、こんな人。

どうやったらこんな写真が撮れるのか。異界から電波が来ているのか。未必の悪意ですぞ。

★もひとつ、さえないと感じた原因。

すっかり終わって帰ろうという時のこと。選択肢は二つ。バスで武蔵小金井駅に戻るか、三鷹駅行きのバスに乗るか。

三鷹駅行きのバスは1時間に2本で、その時点で30分待ち・・・

仕方ないので歩道橋を渡って通りの向こうの武蔵小金井行きのバス停に行きました。待ち人一人あり。いい年の爺様。

時刻表を確認して、やれ有難やもうすぐバスが来る。

とその時、爺様がよろよろとたちあがり近づいてきました。てっきり時間を聞かれると思ったのですが、爺様がお言いになったのは、

「署名をお願いします。」

は?

戦争反対の署名でありました。大いに賛成です。賛成ですけどね、こういう運動のやり方って、どこかずれてしまっていませんか? と、相手が若い人ならご意見をお聞かせいただくところですが、なにしろ相手は爺様。戦争を実体験し、心から平和を願っていることは間違いございません。素直に住所氏名サインしてまいりました。

なんだかな・・・

バスが到着し、何人か客が降りまして、爺様、早速活躍してるかな、と思ったら姿がみあたりませんでした。

後から爺様の顔を思いだそうとすると、「子泣き爺」の顔が浮かんでしまいます。なんかにとりつかれたかしら。

(バス停のすぐ後ろは墓地です。)

↓子泣き爺

120724konaki

写真はWikipediaよりお借りしました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E6%B3%A3%E3%81%8D%E7%88%BA_(%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%81%AE%E9%AC%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E)

(追記:なぜだか↑XP環境ではつながりません。こちら↓経由でいけます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E6%B3%A3%E3%81%8D%E7%88%BA )

↓ぬらりひょん

120724nurari

写真はWikipediaよりお借りしました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AC%E3%82%89%E3%82%8A%E3%81%B2%E3%82%87%E3%82%93

7/25追記:20年後の免許証写真予測↓

120722menkyo

止めてくれ~ フェイスリフトでも何でもするからさ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

鳩迷惑な気温急変

鳩の卵が孵化するのは、ネット情報によると産卵から15~18日後らしいです。

すると、7月11日に出現した卵がヒナになるのは・・・7月26~29日頃?

ということで、しばらく変わりばえのしない抱卵風景が続きます。

●7月16日昼。この日は暑かった・・・

 父さん鳩、目がうつろ。

1207161328hato

●7月17日朝5時半。この日群馬県館林市で39.2度というとんでもない猛暑日。

 近くの練馬でも37.2度を記録。

 朝からじりじりで、母さん鳩、やってらんないと外向いてます。

1207170531hato

 それでも、日光直射を受けながら頑張らなきゃならない母さん鳩。

1207170619hato

●7月18日。この日も暑い。都内で35度越え。

1207180655hato

 ベランダに水撒きバケツを出したくらいで、驚かないでくださいまし。

 ワタクシ、遠慮するつもりはございません。

 通常通り朝晩水撒きをさせていただくざます。

 イヤなら引越ししてくださいまし。

●7月19日。猛暑。母さん鳩ご苦労さん。

1207190631hato_2

●7月20日。打って変わった低気温。朝22度。

1207200709hato

 寒い寒いと縮こまっています。

●7月21日。更に低気温。朝20度。ふくらスズメみたいな母さん鳩。

 寒いんだよっ、てガン飛ばしているみたい。

1207210708hato

昨夜土砂降りだったんですよねえ。ワタクシが降らせたんじゃありませんよお。

ふと気がつくと、巣が7月15日の写真に比べ、なんだかすっきりしてます。

抱卵中のヒマに任せてけばけばを引っこ抜いたみたいな・・・

●7月22日。朝22度。

1207220543hatohaha

 ↓22日昼。交替の鳩父。

 目の周りに古代エジプト人みたいな白いアイシャドーあります。

1207221445hatotiti

 首まわりの毛皮、豪勢だな・・・皇帝鳩ですかい。

●7月23日。朝23度。今日は暑くなりそ。

1207230601hato

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

蟻に食われる

涼しいですね。今朝21日の室温20.5度、昨日20日は22.5度。東京です。

なぜそんなに室内が涼しいかというと、夏は基本、通風のため、全部開け放っているからです。

少しでも、むあっと温かい空気があるのに耐えられない暑がりです。冬は寒がりです。

(要するに自律神経のバランスが悪い)

そんな生活をしているとちょっとした事件がおきます。

ある暑い夜のこと。

昼の部でやる気を使い果たして、でれでれ溶けそうになりながらぱっちんぱっちん爪を切っておりました。

ついでにつま先の硬化した皮膚もちょこっと切りました。小指の爪は、どこかにぶつけたのか少し血が混じっておりました。

それらを、いつもならさっさとゴミ箱に捨てるのですが、暑さとだるさで脳味噌が緩くなっておりましたもので、「後で片付けよう」と机の上に放置しました。

で、そのまま忘却。

翌々日の朝ふと気がつくと、小さいありんこが机の上をうろうろしております。

はて? 

なんだろな。

と次の瞬間、ありんこが運ぼうとしているものに気がつきました。

爪だよ、爪!!!

爪ーーーーーっ、だよぉ。

先日積んでおいた爪の山が半分以下に減っています。

う~わ~食料として持っていかれてしもうた~

蟻に食われてしもうた・・・・・

はい、ワタクシが悪うございました。

ちょっとの手間を省いたワタクシが諸悪の根源でございます。

反省しております。だから味をしめたからといって丸ごと食おうなんで思わないで下さいまし。勤勉蟻様たち。

ベランダに美味しそうな新鮮卵が二つ転がってますから、食うならそちらの方を・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

大当たり~

●1

海の日7月16日は暑い日でしたが、暑さにめげず鳩に余計なお世話をしました。

晩御飯のときです。もぐもぐやってたら、口内に違和感出現。

む、この感じは覚えがあるぞ、と舌先でぐりぐり・・・

大当たり~

歯の詰め物が、米飯の粘着力に負けて取れていました。

あ~あ。また歯医者通いか~、と久々にがっくり。

8年前父上が亡くなったとき、なぜか体中にガタがきまして、膝はぱんぱんに腫れるし、歯は文字通りガタガタになり、その治療のついでに虫歯も多数見つかり、1年近く通いました。

歯医者さんイヤ。

削られるのもイヤですけど、ちびちび通うのがイヤ。

1週間くらい流動食で我慢しますから、悪いとこいっぺんに削っていっぺんに詰めてくれませんかしら・・・と思ってしまいます。

とりあえず予約しておいた本日、診察を受けに行ってきました。

今日は口の中を覗いて、なぜ取れたか説明してくれて、削るのは次回です・・・ほうらね、やっぱりすっぱりとは削ってくれません。

最近雑用で忙しいので、予約調整が大変です。近頃は「予約を忘れる」という恐怖とも戦わねばなりませんし。

●2

7月17日は猛暑で館林市で39.2度を記録しました。近くの練馬区でも37.2度。仕事場も温度計によると34度。

間借りしている仕事場の家主が偏屈なものでクーラーがありません。

毎年それでもなんとかなっているのは適応力の賜です。

が、今回はいきなりの猛暑に追いつきませんでした。

すなわち、熱中症に大当たり~

暑いなとは思いました。頭痛いなとは思いました。だからせっせと塩分と水分も取りました。

でもね、なんか気持ち悪くなってきて、お腹も痛いし・・・

これはいけません。トイレに駆け込んだら免疫メカニズム(?)が体内の異物を排出しようとフル稼働したみたいで××××(自主規制)。

(せっかく飲んだ水は全部胃袋で止まってたみたいでした。)

とりあえず脱水にならないよう、砂糖と塩をとかした水を飲んで、仕事早退してお家に帰りました。体温36.8度。微妙に高い・・・

自宅で涼しく寝ていたおかげで翌日には回復しましたが、あー、ひどい目にあった。

★さて、仕事場の猛暑対策です。

今年は足を冷やすことにしました。足元に大きなプラスチックケースを置いて水をいれ、靴下脱いで足をどぼん。効く~

頭には例年通り濡れタオルを乗せます。そこめがけて扇風機の風を最強にして当てます。効く~

パソコンの熱対策も扇風機です。本体めがけて風を当てますが、扇風機の前にはコチンコチンに凍らせた特大保冷剤。冷たい風が発生していると思われるのですが、3時間くらいで保冷剤がふにゃふにゃになってます。

新しい保冷剤を置くから、パソコン頑張れよ、熱暴走するなよ。

★で、人体の適応力の件ですが、凄いですね~驚異的ですね~、先日までは28度で暑い暑いとあえいでいたのに、館林39.2度の翌日には、30度涼しいじゃん、となりました。

本日も仕事場の、多分一番あっている温度計は34度。他に33.5度が2台、33度が2台、32度が2台、30度が1台・・・いずれにせよ、30度以上なのは確実。

足水と濡れタオルのお陰で快適です。

★仕事場で扇風機を回していると、紙原稿がよく飛びます。ただ飛ぶぶんには拾えばいいのですが、今年は机の下に池出現。ドボンとさせないよう気をつけなくちゃ。

また、データをUSBメモリやSDカードで貰うこともあります。手を滑らせたらアウト・・・

一種恐怖の夏でもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

鳩のお立ち台&円形ベッド

ジュリアナ名物お立ち台で扇子持ったボディコンお姉さんが踊っていたのは遠い昔の夢。

鳩のお立ち台です。

120714dai

高級そうめんの桐箱の蓋の裏に足をつけて台を作りました。

右上後ろがそれ。写真合成で足が一本隠れちゃいましたが、ちゃんとついてます。

猛暑にクラクラしながらなんでこんな工作をしたのでしょう。

それはですね、ウチの鳩どもがいい加減な巣を作ったからですよ。

●7月13日朝。昨日の大雨でベランダはびしょびしょ。

 7月12日の朝もびしょびしょでした。

 コンクリート床直置きの卵もずぶぬれ。

120713hato2

こんな状態で孵化したらヒナが病気になっちゃいますよぉ。

120713hato3

↑母さん鳩。お尻の模様をよ~くご覧下さいまし。

●7月14日。お昼前に抱卵交替。

1207141235hatotiti

↑父さん鳩。お尻の模様が違います。

留守にした隙を見て、お立ち台をセットしました。(写真撮り忘れ)

戻ってきた父さん鳩、驚いた様子もなくごく自然にお立ち台の上の卵を温めていました。

あれえ、とか、へ?とか、ないんでしょうかね。

で、しばらく様子を見ていましたら、つるつる板の上の卵がどうも不安定です。

まわりに枯れ枝とか置いたけれど気休め程度、転げ落ちたらどうしましょ。

それに、板の上でこつこつと、鳩の足音がうるさい・・・

で、鳥の巣らしい巣↓を制作することに。なぜか枯れ草のストックもあります。

120715su

こんなんでいいかしら。

くちばしで宙吊り巣を作り上げるハタオリドリってすごいなあ、と試行錯誤しながらつくづく思いました。

7月15日。留守中にセットします。

1207151639tamago

↓何の疑問も持たず座る父さん鳩。

1207151448hatotiti

警戒心というものをどこかに落としてきたんですかね。

夕方の交替の時間? 後ろに母さん鳩がいます。

1207151556koutai

先の話ですけど、孵化したらヒナがベランダの外へ落ちないよう、柵を作ってやらなくちゃ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

ベランダトマトの収穫

ミニトマトの収穫は、赤くなった実を指でつまんで捻って、ポロリと取れたら食べ頃です。

無理にむしるとすっぱ~。

この方式に従うと、収穫はちびちび6個ずつ。半端な量です。

そろそろ元が取れたかな~・・・って、元は貰い物です。

恵みに感謝してありがたく頂いております。

↓7月14日 6個。累計33個。

120714tomato

↓7月13日 6個。累計27個。

120713tomato

↓7月12日 6個。累計21個。

120712tomato

↓7月7日 6個in塩水。累計15個。

120707tomato

↓7月2日 4個。前日に1個収穫しているので、累計9個。

左端の大きいのは市販トマト。

120702tomato

↓6月30日 4個。

見づらいのは塩水につけているからです。

120630tomato

こうすると甘く感じられるとか、大昔に読みました。

が、その本を書いた人が相当いい加減な人だったらしいことを何かの機会に知って、半信半疑になり、今では一種のおまじない。

何かの機会とは、新聞沙汰だったような。詐欺まがいの話だったような。記憶不鮮明。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

サバイバル俊寛

『俊寛』その2

wikipedia『俊寛』にこんな記述があります。

『源平盛衰記』によると、藤原成親は松の前・鶴の前という二人の殿上童を使って、俊寛を鹿ケ谷の陰謀に加担させたという事になっている。松の前は美人だが愛情の足りない女で、鶴の前は不美人だが愛情に溢れた女であった。成親がこの二人に俊寛の酒の相手をさせた所、鶴の前に心をよせて女児を生ませた。すっかり鶴の前に心を奪われた俊寛は、謀反に加担する事を同意したのだ、という。〉

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%8A%E5%AF%9B

『平家物語』とは趣きが違います。

この『源平盛衰記』を下敷きにしたと思われる作品2点。借りてきました。

『俊寛』芥川龍之介 新潮社文庫(『羅生門・鼻』に収録) 昭和43年7月20日(初出「中央公論」1922(大正11)年1月)

『俊寛』菊池寛 講談社 歴史小説名作選2(源平・鎌倉 もののふの譜に収録) 1992年3月19日(初出は1921年「改造」10月号)

まずは芥川『俊寛』から。

有王の語りで始まります。世間には嘘ばっかり伝わっていると。

鬼界が島に渡った有王の前に現れたのは、〈昔よりも一層丈夫そうな、頼もしい御姿だったのです。〉

島の〈土人〉たちに大切にされ、暮らしむきもまあまあ。島へきて何が嬉しかったといえば、

〈あのやかましい女房のやつに、毎日小言を云われずとも、暮らされるようになった事じゃよ〉

陰謀を計ったことなどない、とさえ言います。中御門高倉の大納言様の屋形へ、鶴の前という女人目当てに通ったばかりに災難が降って湧いた、と。

共に流された成経は己が身を嘆いてばかり、康頼は願掛けも数で勝負とばかり卒塔婆を流しまくる・・・

やっと赦免船が来たが、俊寛の名がない。ないのは高平太(清盛)が自分を恐れているからだと。

〈天下は誰でも取っているが好い。〉

〈この島に一人残されるのは、まだ仕合せの内かもしれぬ。〉

が、赤児を抱いた成経の妻は船に乗せてくれろとすがる。裾をつかまれた成経は冷たく女の手を刎ねのける。それを目にして俊寛、大爆発。僧にもあるまじき罵詈雑言の限りをつくし、(女を乗せろと)遠ざかる船に返せ返せと手招きをした・・・・

で、この騒ぎが俊寛の狂乱として都に伝わったのだと。

有王は俊寛を置いて帰ります。

〈相変わらず御一人悠々と、御暮らしになっていることでしょう。〉

菊池『俊寛』 

逞しい俊寛です。

ともに流された成経、康頼はへこたれて愚痴ばかりで、俊寛は二人にうんざり。

迎えの船が来て喜んだのも束の間、許されたのは成経、康頼だけ。

いっときは絶望した俊寛だが、清冽な泉をみつけ椰子の実を貪り食うと、その旨さ有難さに都のことなど空虚なつまらないものに思え、生きる力が湧いてきた。

それからの俊寛の行動は目覚しい。自力で新しい家を建て、弓を作って狩をし、魚をとり、畑を開墾し、物々交換で種を手に入れ麦を育てる・・・

毎日の生活に意味を見出すと、平家のことなどどうでもよかった。

そして、島の娘と出会い結ばれ次々と子供が生まれる。

有王が尋ねてきたのは文治2年(1986年)と書かれ、平家物語の治承3年(1179年)とは大分ずれがあります。1185年に平氏は滅んでいます。

有王は変わり果てた主人の姿に驚き、都に帰ろうと言葉を尽くします。

が、俊寛は島の暮らしにすっかりなじみ、有王の説得に応じません。

〈都に帰ったら、俊寛は治承3年に島で果てたという風聞を決して打ち消さないようにしてくれ。(中略)俊寛を死んだものと世の人に思わすようにしてくれ〉

で、平家物語の記述とつじつまが合うようにしています。

この部分、『源平盛衰記』がそうなっているのでしょうか、はたまた作者の創作か・・・

知りたかったら『源平盛衰記』を読みなさい、ということでしょうね。

なお、菊池『俊寛』では、妻が松の前、娘が鶴の前となっておりまする。

それにしても、小説家も講釈師と同じで、大昔のことをさも見てきたように書くものですね。

いえいえ、嘘っぱちと非難しているのでなく、菊池『俊寛』は読み物として面白いということです。

ちょんちょん。

・・・待った、『愚管抄』が残っている。

ネットには

「『愚管抄』などによると使いが到着した時にすでに俊寛は死んでいたようです。」
朗読 平家物語
http://roudoku-heike.seesaa.net/article/95948352.html )

という記述があります。

となれば、歌舞伎や小説『俊寛』は成立しませんが、これ以上詳しい話は今のところネットでみつかりません。となれば・・・

『愚管抄』を読みなさいってことですか。無理だあ・・・と言いつつ

愚管抄 第五巻
http://www.st.rim.or.jp/~success/gukansyo05_yositune.html

たしかに文中に

〈俊寛と検非違使康頼とをば硫黄の嶋と云所へやりて。かしこにて又俊寛は死にけり。〉

(カタカナをひらがなに変換→読みにくいので。)

という記述がありますが、いつ死んだとは書いてないと思ふのですよ。気になるなあ・・・

(まだ続けるつもり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

足摺る俊寛

先日の歌舞伎見物は「俊寛」でした。

正確に言うと、

平成24年6月歌舞伎鑑賞教室「俊寛」
近松門左衛門作 平家女護島(へいけにょごのしま)
俊寛 一幕 鬼界ヶ島の場

お話はあまりに有名。

平家討伐の陰謀がばれて、俊寛僧都、平判官康頼、丹波少将成経が絶海の孤島鬼界ヶ島へ流されて3年。
若い成経は島の海女の千鳥と恋に落ち夫婦となります。
ささやかな祝言の最中、船が現れ、康頼、成経の赦免が告げられます。
が、どこにも俊寛の名がありません。
嘆き悲しんでいると、別の使いが現れ俊寛も許されます。
しかし通行証は3人分だけ。千鳥は乗れません。
自分が残るから千鳥を乗せてくれと俊寛は懇願し非情に拒まれ、ならばと侍を斬り殺し千鳥を乗船させます。
残ると決意したものの、いざ船が出て行くと、俊寛の思いは乱れ、遠ざかる船を必死に呼ばわるのでした。(ここが見どころ「足摺」の場面)

さて、近松門左衛門さんが「さあ感動しろ」と脚色したこの話の史実はどうなっているのでしょう。
恥ずかしながら日本史は不得手。なにがなんだかさっぱり分かりません。

図書館で本を借りてきました。
『俊寛』日本の物語絵本18 ポプラ社 2006年6月 松谷みよ子・文 司修・絵
『俊寛』絵巻平家物語(三)ほるぷ出版 1985年12月 木下順二・文 瀬川康男・絵
『平家物語』四 鬼界が島の巻 あすなろ書房 文・生越嘉治 絵・佐藤やゑ子

歴史書じゃなくて全部児童書・・・とバカにしてはいけません。実にわかりやすいのですよ。生越嘉治さんのほかの二冊も『平家物語』を下敷きにしているようです。と、わざわざ断ったのは、他に『源平盛衰記』『愚管抄』などの資料もあるからです。

どのみち歴史とは勝者の都合の良いように書いた物語じゃございませんか。

松谷みよ子作『俊寛』

赦免されず残される俊寛の高僧であったとも思えぬ未練の振る舞いを描き、その後家来の少年有王が尋ね来たときにはやせ衰えたみすぼらしい姿を晒す。

有王は悲しい知らせをもたらす。妻も子も死んだと・・・俊寛は食を断ち23日後に37歳の若さでなくなる。

近松千鳥はでてきませんよ~。

〈はなやかな都から罪人として孤島へ送られ、恩赦にも見はなされ、ただ一人島に残されたまま死んでいく男の哀切さは『平家物語』のテーマである「盛者必衰のことわり」を示すばかりか権力者の非情ぶりまでも鮮やかに象徴させています。〉

と、西本鶏介昭和女子大学名誉教授が解説しています。

木下順二作『俊寛』

こちらは「鹿ケ谷の陰謀」も描いています。多田の蔵人行綱の裏切りで発覚するのですが、清盛の息子重盛のとりなしで、死罪を免れ島流しとなります。「平家物語」の記述にもとづき、俊寛を気性激しく傲慢、僧にも拘らず“天性不信第一の人”=信心度ゼロ、としております。他二名は信心厚く、結局はそれがために赦免されることになったと。

この話でも、俊寛は去り行く船に未練たっぷり「やあれ、のせてゆけ、つれてゆけ。」をわめき叫んでおります。

やがて有王が苦労して島に渡ってきますが、主はやせおとろえたみすぼらしい姿をあらわします。

有王から身内は娘一人を除いて死に絶えたときき、食を断ち23日目になくなります。

作者のあとがきから抜粋

〈『平家物語』は、俊寛の性格をはっきりと、「僧なれども、心もたけく、おごれる人」といっている。(中略)清盛へは恩をあだでかえし、すべてのことにごうまんであった、というふうにかかれている。
(略)
人間の運命はすべて、因果応報の道理にみちびかれているのだという、『平家物語』のあの最初のくだりとひびきあう思想である。

しかし、いまひとつ、さらにくっきりと私たちに印象づけられるのは、(中略)なんとか生きのびていこうと全力をつくしてたたかう、すさまじいまでに行動的な俊寛の姿である〉

(この、「なんとか生きのびていこうと全力をつくしてたたかう、すさまじいまでに行動的な俊寛の姿である」というのが、正直この絵巻ではぴんとこなかったのですが、「源平盛衰記」を下敷きにしたと思われる小説(芥川龍之介、菊池寛)を読むと納得。)

、『平家物語』四 鬼界が島の巻 

原典を読んだことがございませんのですが、たぶん、わかりやすく噛み砕いたものでありましょう。

「鹿ケ谷の陰謀」の陰謀から始まり、ばれて流され、37歳でなくなるまでです。

平清盛の息子重盛が父の横暴をおさめる様がえがかれています。清盛は重盛に頭が上がらなかった・・・だから近松俊寛で、重盛が赦免状を出す話になったのかも。

この本では言葉は押さえていますが、俊寛が他二人と別に暮らしたのは、俊寛の不信心で傲慢な性格であったと示唆しています。

以上、とりあえず、やさしい読み物3冊。

ひとつ気になったのは、年号が微妙に違うことです。

松谷版『俊寛』の解説には「治承元年(1177年)の鹿ケ谷事件」とかかれ、木下版『俊寛』では島流しは安元三年(1177年)と書かれています。国立劇場の解説は島流しは治承元年。

元号の治承は

安元3年8月4日(ユリウス暦1177年8月29日) 改元
治承5年7月14日(ユリウス暦1181年8月25日) 養和に改元

つまり1177年8月29日から1181年8月24日までのこと。

wikipediaによると「鹿ケ谷事件」は1177年6月1日に発覚しています。俊寛らは4日に一網打尽にされています。8月29日まで待たず、さっさと流しちゃったと思うのですが・・・

(続く予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母さん?鳩抱卵中

ネット情報によると、鳩は夫婦交替で卵を温めるそうです。

大雑把にいうと、夜がお母さんで昼がお父さん。

夜の範囲がまちまちで、朝10時頃までとか午前中とか・・・それは立派な昼だ・・・

するとこれは、お母さん? 午前7時頃です。ちゃんと抱いてます。

120712hato1

デジカメの僅かな操作音に驚いて、「なになに、今のなあに」と目を真ん丸くして・・・って、鳩の目はいつもまん丸です。

120712hato2

外を眺めているお母さん(?)。

120712hato3

父さん早く帰ってこないかしら。もう夜遊びが過ぎるんだから・・・とか。

右上の枯れ枝はローズマリーです。

毎日ばしゃばしゃ水をやってましたが、卵がすぐ下にあっては水浸しにできません。

枯らさないよう考えなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

たまごon地べた

今朝もからりと晴れた良い天気。

鉢に水をやりましょ、とバケツ担いでベランダに出て、メガ天ゲソ天ギンポのフライ・・・じゃなくて、目が点になりました。

いや違う、瞳孔が開いて心臓バクバク。

原因はこれ↓

120711tamago1

た、ま、ご。そう、卵。鶏のじゃなくて、先日来のお客さんの卵・・・

昨日の朝はなかったのに。

鉢の僅かな隙間にどうやって産んだんでしょう。

120711tamago

産んでしまったものは仕方ない。撤去できません。

ならば観察させていただきましょ、と鉢を動かし、スダレの位置ずらし、鳩に気付かれないよう窓の開け方変えて、盗撮場所確保。

うっふっふ。巣立つまでじっくりみさせていただきます。

さて、鳩の巣は手抜きです。

申し訳程度に枯れ枝を集めたようですが、卵そのものは上の写真のようにコンクリートに直置き。

鳩のかあさんだかとうさんだか、一応卵を抱いてます。

120711tamago2

が、日光の直撃受けますので、なにしろ暑い。

120711tamago3

クラクラしたのか、このあと、しばらくどこかにお出かけしてしまいました。

いいのですかね。事と次第によっては半熟卵になっちまいますよ。

あ、それとね、このベランダ、まだネズミが出るらしいです。

襲われてもワタクシは責任取りませんからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

こんがりきのこ

信号待ちの角で、ふと横をみたら、あれえ、こんがり焼けた美味しそうなものが落ちている・・・

拾ったものを食べちゃいけません、という幼少時のしつけがまだ有効ですので、手は出しませんでしたが、いい焼け具合だなあ。

120706kinoko2

と思ったら、少々違うみたい。

120706kinoko

大きなヒマラヤスギの根元の植え込みの中。

120706kinoko3

どうも地面から生えているようです。キノコ? キノコ!

120706kinoko4

イグチ科のアワタケ、らしいです。

井口淡竹さん。尺八演奏家みたい。ぶお~ぷぺ~~

120706kinoko5

食用、とありますが、裏返ったスポンジみたいな姿では食欲がわきませぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

あひるのきょうだいは・・・

あひるのきょうだいは、箱の中。

値札をつけて、入っていたよ。

何度も通りかかったけど、買わないよ買っちゃいけないよ。

いくら安くたって、もう食器棚はいっぱいだよ~

120706ahiru3

毎日の通り道にリサイクルショップがあるのがいけないんだ。

道路に箱を出して展示しているのがいけないんだ。

1個50円だなんて、そんなむちゃくちゃな値段をつけるのがいけないんだ。

こんな顔してるあひるがいけないんだ。

120706ahiru2

出来心で買っちまうじゃないか・・・

なんか処分しないと食器棚にはいりません。

たち吉がなんだ、Adam & Eveのカップを処分しよう。

人類の元祖はあひるに負けたぞ・・・

120706ahiru1

mのマークが気になります。なんかの景品じゃありませんよね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

早朝の鳩時計

ここのところ毎朝4時台に、ポポッポー、デポッポーと鳩時計に起こされています。

いくら夜明けが早くなったからと言って、5時前に起こされるのは迷惑です。

そんな目覚まし止めちゃえばいいでしょって。

そうです、そうです。目覚まし時計に義理立てすることありません。電池抜いちゃえ。

が、あいにくと電池のいらない鳩時計です。生身の空飛ぶやつ。番の2羽。

子作りがしたいとみえて先日からベランダの下見にやってきております。

↓コソコソとおおっぴらに。尻尾に塩乗せたろか。

120706hato1_2

↓おーい、お前、こっちだよ。って勝手に新居にするな。

 貸すとは一言も言ってないぞ。

120706hato2_2

↓不法侵入者。もしかして不法占拠予定者。

120706hato3_2

可愛いといえば可愛いのですが・・・

以前2回、ベランダで鳩に子育てされたことがあります。その時のウチのヒナかなとも思うのですが・・・

鳩害が取り沙汰されていた頃です。

昼間留守にしている隙をつかれてベランダに卵を産まれてしまいました。

お陰でご近所から「あんたんちのベランダの鳩が・・・」と散々言われるはめに。こっちも被害者なんですけどねえ。(むしろ最大の被害者)

押し寄せてくる親鳩を箒をふりまわして追い払うのは問題ないのですが、卵を撤去するのは「鳥獣保護法」違反なんですよお。

こんなサイトがあります。----------------

■鳥獣保護法の禁止規定
 下記行為は、法第8条の規定による「鳥獣の捕獲、鳥類の卵の採取」の禁止規定違反を問われる可能性が高いです。
  ・鳩をエアガンなどで追い払った。
  ・巣に卵があった状態で、巣を撤去した。
  ・巣で眠っていた鳩を捕獲した。
 罰則は,1年以下の懲役又は百万円以下の罰金とされています。(鳥獣保護法83条1号)

 ベランダに巣作りをされてしまった場合は、巣立ちまで手出ししないのが賢明です。

http://fungai.seesaa.net/category/8129929-1.html

------------------------------------

今朝も攻防戦を展開してきましたが、夕方帰宅して卵を発見するよな予感と悪寒がしております。

鳩って、地べたにそのまんま卵を産むんですよ。究極の手抜き巣です。

蛇足:鳥の尻尾に塩を乗せる→英語圏での鳥を捕まえる方法(民俗伝承)だそうです。

 catch a bird by putting salt on its tail

(なんでこんなこと知ってるのかしらん。きっと本の読みすぎだわさ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

ああラーメン

ラーメンが好きでしたが、ここ数年食べていません。

それはね、コレステロールがね、オイラ美味しいんだけど体によくないよ~、と言っているからではありません。

ついていけなくなっちゃったんです。最近のラーメンに。

シナソバ、と呼ばれていた頃を知ってますもので、スープはあっさり、麺は細めん、具は薄っぺらいチャーシューやメンマ(シナチクと言いました)やナルトや海苔・・・

味噌ラーメンを初めて食べた時には驚きました。塩味にも。初めて食べたとんこつ味も美味しかったですよ。

でもね、近頃のラーメンが訳わかんなくなっちゃって。 旨みの出る素材を全部あわせちゃったら美味とは違うものになってるんじゃないか、とか・・・

あんたの胃袋が老化したんでしょ、って。はい、その通りです。

ですけどね、濃厚な味イコール最上の味とは思えないのですよ。

人生、盛りを過ぎたからなあ・・・と思っていたのですが、そればかりではないようです。

『ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く』
勝見洋一 朝日新聞出版 2009年7月30日

120630katumi

著者勝見洋一さんは、文化大革命時に北京中央文物研究所に勤務していたという経歴の持ち主です。『中国料理の迷宮』(2000年5月)に、文化大革命を中国共産党の側から見た話が書かれています。面白いですよ。

勝見さんはまた、桐島洋子さんと結婚した人としても知られています。2年後に解消し、元の「お友だち」に戻ったそうですが。

さて、『まぼろしの味~』に、「新興宗教とラーメン」という項目があります。そこから少々引用。

日暮里に行った勝見さんが、豚骨スープと魚介系スープをブレンドした最近の流行り系〉の店で食べて、強烈無比の魚介の生臭さに驚きます。

〈例によって客は並んでいるのだ。こんな凄まじい臭いと味を、どうして最近の日本人は好きなのだろう。〉

〈やっぱり、どうしてもヘンである。ガイドブックも店もラーメンというからラーメンだと思っていたが、これはラーメンとはまったく別の食べ物になり変わっている。〉

そうなんですよ。ラーメンは新手の創作料理になっちゃったんですよ。だから旧態依然の人間には受け付けない味になっちゃったんですよ。

テレビ番組で今時のラーメン屋の味の秘密を覗き見るたび、「あれもこれもそれも合わせて煮込みに煮込んだスープなんぞいただきとうない」と、人生下り坂のおばちゃんは思ふのです。

年取るって、こういうことなのね。や~ね~

と言いつつ、なんだか猛烈に“ラーメン”が食べたくなってきたぞ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

豆の収穫

120618mame

美味しく頂いた豆苗は、水栽培でまた発芽させることができます。

そうして2回ほど再生豆苗を頂いたあと、土に戻したらどうなるだろう、と庭に植えてみました。

その後すくすく育っているようなので、スイートピーのような綺麗が花が見られるでありましょう・・・と密かに期待したのでした。

が、梅雨入りしてしばらく庭にご無沙汰となりまして、すっかり忘れ果ててしまいました。

ある晴れた日に、草むしりなんぞいたしましょうと、久し振りに訪れて、すっかり雑草に囲まれているのを発見。

おおっ、ごめんよ、と枯れて倒れた茎を抱き起こして、へ?

実を結んでおりました。けなげなやつ。

上の「味のある」小鉢の中のがそれです。えんどう豆が3粒入っておりました。

煮物に入れていただきました。でんぷん質がほくほくして美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

どーでもいい話

子供の頃のあだ名は「博多人形」でした。

顔がのっぺりしていて、目鼻などのパーツが中央に寄っていましたゆえ。

120702_1

育ち盛りの常で、お洋服はサイズオーバーのブカブカか、もうだめよのキツキツ・・・

同級生の優等生のお金持ちのお嬢様に本気でキレられました。

「なんなのよ、そのみっともない格好!!!」

そんなこと言われましても庶民としては返事のしようがございませんでしたです。

下向いたまま、大人になったら美人になるんだから・・・と密かに自分をなぐさめていました。

当時は「小さい頃可愛い人は大人になったらブスになる」という俗説がございまして、多数の女の子はひそかに「可愛い○○ちゃん」の将来を思い浮かべることで、溜飲を下げておりましたのでございます。

やがて物心(ものごころ)が恋心に変わるお年頃になりまして、可愛い子はやっぱり可愛く成長し、そうでない子はそれなりに、という現実に気づきます。

世の中不公平だっ!!! って、そんなの大昔からです。

可愛い路線がだめとなれば、個性化路線を突っ走りましょう。

時あたかもヒッピーはやなかなりし頃、ロックも全盛期、価値観ひっくり返して生きようぜ・・・

のはずでしたが、人間、天才でもなければそうそう新しい価値観は創造できませぬ。

いつの間にか原点回帰しておりまして、気がつけば鏡に映る姿もやることも、亡くなった親そっくりに・・・

120702_2_2

最近のワタクシのファッション(といえるシロモノでなし)。

カラオケリサイタル用ではございません。

ニコニコと口角を上げているのは、

「怒ってる?」

と思われないためです。

ごく普通の顔をすると、自分でも怖いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

生姜 梅酢漬け

ほっほっほ。またしても作っちまったざますよ。

新生姜の梅酢漬け。例の如く、スーパーで処分品の新生姜をお見かけしたのが雲の月、じゃなくて運の尽き。

買ってどうする~という理性の声空しく3袋計360円お買い上げ。定価の3分の1以下のお値段でした。

実はこれに先立って、近くの生協で「しそ梅酢」(和歌山県農協の品)1リットル298円を買っていたのでした。毎年この時期にしか出回りません。去年買いそびれて悔しい思いをしたので、とりあえずさっさと買っておいたざます。

成分は、梅酢、紫蘇、食塩のみ。何にだって使えます。

作り方は・・・というほどのものではございません。

1.新生姜を洗って適当な大きさに切り、一日ほど室内干しします。

120630shoga1

2.密閉容器に詰めます。

120630shoga2

3.しそ梅酢をどぼどぼどぼ。浮いてこないよう、パイレックスの小皿を重しにしました。

120630shoga3

ひと月もすればすっかり染まった梅酢漬けになりますが、すぐ食べても美味しいです。

ワタクシはこの他にも、やはり処分品の茗荷(ミョウガ)をまとめて買い込んで、同じように梅酢漬けにしてあります。

こちらも待ちきれなくて、ちびちび取り出していただいてます。美味しいですよ~

食べたいっ、と思った人は、深く考えず適当に作ってみるべし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

カラスの指名手配

近くのお店のウィンドウの注意書き。

120629karasu

氏名不詳のまま手配中。

カラス界にも写真写りが悪いのがいるようで、見るからに凶悪そうです。

カラスだって生きてかなくちゃなりませんもの、必死でしょうねえ。

---------------------------

鳩だって住宅探しに苦労してます。

ベランダでコツコツ歩き回る音がしました。

120629hato1

スダレ越しに見えるのは鳩の実況検分です。

ここんちの耐震性は大丈夫かな・・・とか。

で、気に入ったらしいのが、給湯器の上。

120629hato2

おいおい、焼き鳥になっちまうだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »