« 盆栽キャベツ | トップページ | KB2686509がインストールできました! »

2012年6月 1日 (金)

住宅事情-神様の場合

御近所の街角にある小さな神様、1年前のお姿です↓。

110630naka1

小さいながら、立派なお社に納まっておりました。

ありがたや、なんまんだぶなんまんだぶ・・・

と通りかかるたびに心の中で手を合わせておりましたが、先日気がつくと、全て撤去されておりました。

あ~れ~

(更地状態の写真を撮るのを忘れました。)

先日また通りかかると、工事中でした。

道路拡張に引っかかって、敷地縮小の憂き目に遭ったようです。

なんだか小さいなあ・・・

120601kai1

で、完成したのがこちら。

120601kai2

およっ、社がなくなっています。

神様が屋根なし生活でいいのですかい。

↓以前の「お家のある神様ライフ」。

110630naka2

社ごと、どこかに移転したらよかったのに、と思いかけましたが、むき出しになった石碑をよ~くみたら「庚申塚」でした。

はて、「庚申塚」となると、いまいちよくわかりません。

神様なのか道標なのか・・・

120601kousin

上部にかすかに見える彫り物は、縁起物の桃でしょうかしら。

--------------------------------

この方の解説がわかりやすいようです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/92212.html

教えて!goo「庚申塚について」
No2 ekuboさんの回答

〈(前略)

この社交の記念碑や供養塔などとして立てられたのが庚申塔です。

庚申塔の多くは道標を兼ねて、辻などに建てられています。

庚申塔に地蔵堂のような小屋がけをして庚申堂、土盛をして庚申塚、小さな鳥居を立て庚申神社と称されるものもあります。

(後略)〉

略した部分には、徹夜で宴会する「庚申待ち」など、興味深いことが書かれています。

|

« 盆栽キャベツ | トップページ | KB2686509がインストールできました! »

おさんぽ1・ご近所うろうろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/54849561

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅事情-神様の場合:

« 盆栽キャベツ | トップページ | KB2686509がインストールできました! »