« 懐メロ Dream a Little Dream of Me | トップページ | はじめてのトーゲイ »

2012年6月15日 (金)

『世界連鎖恐慌の犯人』

80年代日本全土がバブルに浮かれた時代、ワタクシも現役勤労者でしたが、末端極微細企業ゆえ恩恵はちっとも蒙らず、崩壊後のしわ寄せのみ被りました。

当時は何が起きているのか全く解らなかったのは、渦中の人間に全体は見えない、という原理真理ではなく、単なるアホだったからでした。

2008年のリーマンショックも直撃されながら、なんだなんだなんだと言ってるうちに時が過ぎて、早4年経過。

当時、同居人の保険がAIGのドル建て契約でしたから、証書が紙切れになっちゃうのではと恐々としたことは覚えております。

あの時、AIGは救済されてよかったけれど、リーマンブラザーズはなぜ見放されたのかと、アホなりに不思議に思っておりました。

今になって「知りたい」という気持ちに弾みで火がつきましてメラメラと燃え上がり、消すには水より知識、消防より情報を! というわけで、今更ですが、本を読みました。

『世界連鎖恐慌の犯人 アメリカ発「金融資本主義」の罪と罰』 
 堀紘一 PHP研究所 2009年1月7日

110614hori

緊急出版と銘打ってあります。

著者の堀紘一さんの素敵なところは、解りにくい話を実に解りやすく書いて下さるところです。世に溢れる本の多くが無駄に難解に高尚を目指す傾向であるのは、庶民には蟻型迷惑です。じゃなくて有難迷惑です。蟻は働き者です。

さてと、詳しくはこの本を読んでいただくとして、著者は机上の大空論「金融工学」、それによって立つ「インベストメントバンク」「ヘッジファンド」を叩っ斬っています。

・なるほど、高等数学を使った論理構成には一点の破綻もない。

・しかしあらゆる論理構成には必ずアサンプション(前提・仮定)にある。

・この前提が崩れてしまえば、その論理構成もまた意味を失う。

・で、サブプライムローンは、アメリカの不動産が値上がりし続けることを前提としていた・・・

・破綻してもすこしもおかしくない、と。

・そんな欠陥商品を扱うインベストメントバンクやヘッジファンドにエリート学生が巨額の年収を求めて群がった・・・etc.

興味がありましたら、お読み下さいまし。

一箇所だけ引用させていただきます。

106-107ページ

〈 ヘッジファンドではないが、同じ二〇〇八年九月十五日に経営破綻が明らかになったリーマン・ブラザーズとAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の二社について、FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長が面白い見解(救済しなかった理由、した理由)を述べている。

 世の中に必要ないほう(インベストメントバンク)は倒産させたが、必要なほう(生命保険会社)は救済したとでもいうのかと思ったら、本音はともかくとして、少しばかり違う理由だった。

(中見出し)これから破綻するヘッジファンドは救済されない

 バーナンキ氏は、AIGもサププライムローンやCDO、CDSなどを扱っていたのだから、たしかにリーマンと同罪である。しかし、顧客が違う、といったのだ。

 リーマンは顧客たちもデリバティブのプロフェッショナルたちだ。損をする商品を買ったプロはバカである。バカは死ななきゃ治らないから、たとえ彼らが困ろうが、リーマンは倒産させてかまわない。

 ところが、AIGの顧客は個人が多かった。つまりアマチュアである。アマチュアはバカだからといって放ってはおけない。だから救済した――。

 一方だけを救済するのはフェアじゃないと、全米を巻き込んで起きていた大議論がこれで収束に向かうのだから、アメリカという国はほんとうに面白い。

 このバーナンキ氏の見解から、あまりに行き過ぎた金融資本主義への嫌悪感が仄見えてくるのは、私の気のせいばかりではないだろう。〉

もちろん、この本に書かれていることは一つの見解でありまして、異論は当然ありますでしょう。特にリーマン関係の方は「違う!」と叫びたくなるでしょう。

でも、経済オンチの素人には読みやすい本です。

|

« 懐メロ Dream a Little Dream of Me | トップページ | はじめてのトーゲイ »

文系(本とか)」カテゴリの記事

コメント

引用のバーナンキさんの弁、全く知りませんでした。面白いでは済まされませんが面白いですねえ。

投稿: 60 | 2012年6月15日 (金) 22時41分

バカ説に納得しちゃいました。
リーマン関係の方の本も読まなきゃ不公平だろうと挑戦しましたが、途中放棄。何が書いてあるかさっぱりわかりませんでした。

投稿: マイマイ | 2012年6月16日 (土) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/54952353

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界連鎖恐慌の犯人』:

« 懐メロ Dream a Little Dream of Me | トップページ | はじめてのトーゲイ »