« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

物好きのシアワセ

巷は連休に入りましたが、野暮用に振り回されるわたくしはいつもとおんなじ。

(もしかしたら、1泊くらいお出かけするかもしれませんけど、現時点で未定)

絶好のお天気なのに、仕事場でごそごそやってます。

模様替えです。これから一気に暑くなりそうですので、パソコン類に風が通るようあちこち片付けて・・・

で、また物好きにもiMacを分解しました・・・

今度はiMac DV OS9.2(2000年製)。わたくしのじゃありません。某御仁が酷使した挙句に放り出したものです。御仁はさっさと新しいMacを買いました。

可愛そうに、ろくに面倒もみてもらえなかったiMac DVは画面が血を吐いたように真っ赤っ赤に成り果てて、何年も仕事場の隅っこに転がっていました。

あれこれいじってみたものの改善せず、もうダメかと思い、つい先日appleで引き取って処分してもらおうかと連絡しかけました。

でも。

まてよ。

部品取りに使えるじゃなか。いや画面がおかしいだけだから外部ディスプレイをつなげばいいじゃないか(どこで調達するんですかい)・・・

と考え始めて思いとどまり、ノートンシステムワークスで修復かけたりしているうちに気がつきました。

ハードディスクから起動すると画面の色がおかしいけれど、CDから起動すると綺麗だ・・・

ということは?

ハードディスクの結線がどこか緩んでる?

で、それっと分解。

とかくとお手軽そうですが、どうやって分解するの? わからないまま突入するのは危険です。CRTのiMacだと高圧部分もあるというし・・・(まだ死にとうない)

「iMac DVの分解」を参考にさせていただきました。
http://www.geocities.jp/tyuutaturikuson/index.html

120428dv

巨大キリギリスの顔ではありません。裏蓋を外したところ。

で、金網を外すと、すぐロジックボードでして、なあんだ面白くない・・・(といえる技量か)

で、ですね、あちこち触りまくりましたが、どこも緩んでないのですよ。メモリもちゃんと刺さっているし、電池もきちんと納まっているし・・・

で、金網を戻して蓋を閉めました。

で、再起動すると・・・

うっそー、綺麗になってるう~。

一時の気まぐれではないかと、何度も起動させましたが、いまのところ綺麗です。

分解するためにさかさまにしたのが良かったのかしらん。

なんだかわからないけど気分はシアワセ・・・

パソコンには魑魅魍魎が巣食ってる感じがします。

120428dv2

アイコンパレードしてます。

しまった、真っ赤っ赤な画面を撮っておくのを忘れた・・・

-------------------------------------------------

関係ないけれど、最近読んだ笑える本。

「工夫貧乏のシアワセ」 久住昌之 双葉社 2003年10月30日

定年退職した「ヒマ人」オジハルの困った「工夫癖」。
でも・・・シアワセになるには、工夫が必要だ。

 オジハルの工夫にはルールが無い。常識が無い。
 芸術に近い。でも美意識は無い。
 職人に近い。でも技術は無い。
 (23ページより)

オジハルは「い」と「え」が混乱しやすい越後の出身。
発音だけでなく文字も混乱する。
頼まれた買い物メモには

 「エンコのイサ」(183ページ)

 ヒッヒッヒ、と久し振りに腹の皮をよじって笑いました。
読んで工夫の数々は多分参考になりませんが、なんだか「ニンゲンていいなあ」と思えてきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

気力の問題です

おほほのほっ。またしてもブログの更新がほったらかしでした。いけませぬ。

それほど忙しい訳ではありませんが、あれもこれもなんだか「やらねばならぬ(と思い続けている)こと」が山ほどありまして、結局

どっから手をつければいいんだよ~

という状況でありまして、ようするに気力不足でありまして、結局

どれも手をつけていない・・・

こういう時の鉄則は「手をつけやすいところから手をつける」です。

まずはブログの更新ですね~

~~~~~~~~~~~~ネタがない・・・・

いえ、ないわけではありませんんが、ここのところ写真も撮ってない・・・・

ということで、ぐちネタです。

やることリストはというと

帳簿つけなくちゃ、請求書書かなくちゃ、銀行の振込みに行かなくちゃ、のレベルはおいといて

☆1 ほったらかしのホームページのデザイン変更。

ようやくCSSのなんたるかが分かりかけたところです。

昔、段組は表を駆使して作っておりました。最初は訳の分からなかった表作成が自在にできるようになったはいいものの、ああだこうだといじりまわしているうちに複雑怪奇な記述になっちゃって・・・重いし・・・

いまどきはCSSで段組レイアウトするのですよ。

頑張って作り直さなくちゃ、とは思うのですが、なあんかかったるいなぁぁぁ。。。。。

☆2 せっかくAdobe CS5を持ってるんだから、きちんと使えるようにしたい。

Indesignはバージョン2.0から始めてCS3、CS5と乗り換えてきましたし、頻繁に使うので、習うより慣れろで使いこなしています(と思ってます)。

Acrobatも6.0とXと、使いこなしています(と思ってます)。

しょうもないのがIllustratorとPhotoshop。

それでもIllustratorは簡単な絵を書いたりしてますが、Photoshopは、写真の調整にしか使ってません。それも、サイズ調整とレベル補正とその他の補正ちょぼちょぼ・・・

完全に宝の持ち腐れ・・・

一念発起して、「ネタ帳デラックス」の「フォトショップ デザイン」を借りてきて、いろんなことをやろうと試みました。

わあ、すごい。あんなこともこんなこともできるんですよ。

画像を「パンチングメタルのようなもので型押ししたような写真に仕上げる」に挑戦しました。

ふむふむ、なるほどね・・・で早くも暗礁。

さらっと、「先ほどの選択範囲をレイヤーマスクとして適用する」と書いてあるんですけど、どうやって「適用」するんですか????

ここで挫折してなるものか。

で、他の参考書を引っ張り出してきて突合せ、ようやく「適用」したものの、おさらいでもう一回やろうとするとできない・・・

ぐぐぐっ。慣れるしかない。数をこなすしかない。人生後半に差し掛かっているけれど、Photoshop界では駆け出しの新参者、ペーペーの見習い、ぐっとこらえて精進精進・・・

 (p_q*) (p_q*) (p_q*) (p_q*) (p_q*) (p_q*) 

↓なにもないところからこんな画像ができます。

120426metal1

↓それを建物の壁に当てはめると・・・

120426metal2

で、本を返したら、すっかり手順を忘れてしまいました。

やっぱ、自前で参考書を用意しないとダメですか・・・

という具合で物事の進行具合がはかばかしくありません。毎日ちんたらちんたらパソコンに振り回されていると、自分の人生の先行きまで怪しいように思われてきます。

そんなところへ、Adobe CSが出るですとぉーーーーっ!

もう進化しなくていいよ~、とおばちゃんは言いたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

iMacボンダイブルー、元気です

今のiMacはどうか知りませんが、昔のiMacは内蔵リチウム電池に寿命が来ると起動しなくなりました。

故障、と思って修理を依頼すると、どえらい修理代金がかかって、修理内容は「内蔵電池の交換」だったりして・・・という話を聞いたことがあります。

わたくしも電池切れを2回経験しております。

まともに起動しない、やっとこ起動したら時計が狂いっぱなし・・・などの症状がでました。

で、今回は一番古いiMacボンダイブルーrevision.B(骨董品ですよ)が挙動不審になりました。

120418imac1

起動してくれよ~~~(分解のためベッドの上に置いたところ)

過去2回の内蔵電池交換のうち1回はボンダイブルーだと思っていたので、いよいよ本体の寿命が尽きたかと思いかけましたが、だめもとで電池交換してみました。

電池換えるだけでしょ、と思いますか。思いますよね。

2009年9月に、新しいほうのiMacの電池交換をしたときは比較的楽でしたが、
http://maimaituburi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-e858.html

今回は、古いだけあって電池交換するにはロジックボードを外すとこまで、分解しなきゃならないのですよ。

こんな具合。

えいやっ、とひっくり返します。重い・・・

120418imac2

カバーを外しました。

120418imac3

コード4箇所を外しました。

120418imac4

このとき、ねじ1個がなくなっているのを発見。多分メモリ増設で分解したときになくして、まっいいかっで蓋しちゃったんだと思います・・・

ロジックボードとはこれです。

真中の十字架みたいなテープの下に電池ケースがあります。

120418imac5

これ。電池カバーを外したところ。

120418imac7

電池を取り替えて電池カバーをつけて、本体に戻します。

ロジックボードのない本体。ファンがホコリだらけ・・・

120418imac6

この、ロジックボードを元に戻す、というのが一番難しいところです。

何度やっても上手く戻せません。そうこうするうちに思い出しました。

以前メモリを増設したときも戻すのに苦労して、解説には「慎重に戻す」と書いてあるのに、最後に「ドスン」と嵌まり、「しまった」と思ったけれど支障は無かったな・・・と。

で、今回も、意図したわけではありませんが「ドスン」と嵌まりました。

こわごわ電源をいれると、おめでとうございます! 無事起動。

オールドユーザーには懐かしいアイコンパレードの最中です。

120418imac8

いまだOS8.6です。アンチウイルスのサポートが切れて数年、怖くてネットにはつなげません。でもばりばり元気なんですよ~

内蔵電池コレクション。

120418imac9

作業していて思い出しました。

最初に電池交換したのは知人のiMac DV、左端の緑色のです。真中のです。99年10月製。

次がiMac スケルトンのなんとか グラファイト(2002)・・・真中のです。99年10月製。左端の緑色のです。

そして今回ボンダイブルーのが右端。なんと98年5月製です。14年前・・・よく持ったものです。一度電池交換したような気がしていましたが思い違いでした。

古い古いiMacですが、最初に手にした「Mac」です。当時仕事で使っていたWindows98マシンと段違いの素敵な道具でした。

とても処分なんてできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

とーげい教室

陶芸教室です。4月から通うことになりました。

なにをまたいきなりそんな・・・ 人生に迷いが生じて自分をみつめなおしたくなったのか・・・

いえいえ、公共施設で実費のみで教えてくれる教室があるからですよ。

昼の教室ですので、仕事どーする、と一瞬ためらいましたが、どーにかなるさ、と申し込んでしまって、それきり忘れておりましたが、通知がきましてめでたく通えることになりました。

おっほっほ。

で、先日が初日。

いやあ、いろんな方がいらっしゃいます。わたくしみたいに、粘土こねくりまわすのは中学校以来というのおりますれば、遠くの陶芸産地(?)に通ってお勉強してきました、みたいな金も教養もありそうなマダムもいらっしゃるし、もう何年もこの教室通ってます、みたいなベテラン受講者・・・

一応初心者対象の教室なので、先生は一から説明してくださいます。

といっても、時間も限られておりますし、だいたいがじーさんばーさん相手ですので(そういう教室です。わたくしもここではばーさんにカウント)、土作りからなんぞはいたしません。もう充分こねられた粘土を成形するところからです。

先生の手つきをみていると簡単なのですが、いざ実際に手回しロクロを使うと、おっとっと、べろべろ広がってしまうだよ・・・

で、丸めてもう一度やり直し。

面白かったですよ。仕事と両立できるかだけが唯一の心配・・・(まともな作品が作れるのかも心配です)。

さあ、この先どうなるでしょうかねえ。

↓おどーぐ箱

120417togei

一式買いました。(箱はヨックモックの空き箱。空き箱好きです。)
( ^ω^ )エヘ・・・

手ぶらで行ったので素直に買いましたが、なんだ、自分で作れそう・・・

竹べらは竹を削ればいいし(古い簾を捨てるときに竹の部分をとってあります)、粘土切る紐もニクロム線に丸箸で持ち手をつければいいし、弓と称する粘土切りもニクロム線と竹でつくれるよなぁ、鹿皮なら大きいのが一枚あるからあれを切ればいいし、両方にピーラーがついてるみたいなのは、同居人が使っていた彫塑ベラセットに似たようなのが入っていたなあ・・・(左上のかびたおにぎりみたいなのは、使い残りの粘土を乾燥しないよう包んだものです。)

でも、買っちゃったんです。あれこれ言わずにお仕着せの道具を使うべし。

それにこういう教室で、余計な道具も知識(持ち合わせておりませんが)も見せびらかす必要なし・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

公園の住人

昨日、吉祥寺まで歩いてお買い物に行ってきました。

買ったのはmac用の内蔵リチウム電池と古いXPパソコン用のPCカード。

iMacが電池切れを起こしたのですよ・・・という話はまた別の時にするとして。

帰り道も歩きました。まっすぐ家まで帰るはずでしたが、途中でもっと歩きたい気分になりまして、くいっと曲がりました。

うろちょろしたのは吉祥寺北町という区域。(地図でみるとJR2駅分カバーして広いですよ~)

豪勢なお宅が多い地域でもあります。

大企業の社宅も多い。

大小いろいろな公園も多いんです。

これは石油資源開発株式会社社宅の隣の「 かくれみの公園 」です。
http://www.city.musashino.lg.jp/shisetsu_annai/shisetsu_koen/001008.html

児童公園には各種遊具がいらっしゃいます。

で、この真中の頭がのっぺらぼうなのは何?

120415kouen1

回り込みましたら、なーんだ頭と見えたのは尻尾で、可愛い亀さん・・・かしら?

120415kouen2

他のお二人は、どうみても恐竜系です。するとこれはアンキロサウルスもどき?

↓遠目にお散歩わんこの踏ん張りシーンに見えました。
 近くにみてもやっぱり後ろ足が踏ん張って見えます。

君はトリケラトプス・・・ではないだろうなぁ・・・(詳しくありません)。

120415kouen3

プロトケラトプスかも・・・

↓オーソドックスな恐竜ですが、目がヘビ・・・

120415kouen4

プロントサウルスというのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

ここを押すのね

パソコン相手の仕事をしている割には、facebookがらみで変な(?)サイトにひっかかったり、twitterが使いこなせないのは多分由緒正しいおばちゃんだからです。

ようやく「ぽちっと」を押す場所がみつかりまして、ユーザーページを訪問させていただいたおりに押すようにしてきたのですが、「いいね」は、「新着記事」を延々とたぐって当該ブログを見つけて押すのだと思っておりました。

違うんですよ。

ということに今頃気付きました。

「ぽちっと」のページを下のほうに行くと、その方の最新投稿記事が表示されているではありませんか。そこに「いいね」を押すところがあるではありませんか。

わあ~~~~~

これまで「ぽちっと」しながら「いいね」しなかったのは、単純に押す場所がわからなかったからでした。

「いいね」を下さったみなさん、ごめんなさいまし。

今後活用させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

桜その2

4月11日はあいにくの雨降りでした。

地元市では桜シーズンに陸上競技場をお花見開放しておりますが、平日の雨降りとくれば、花見する物好きはおりません。

そう思って、仕事の合間に、のこのこ出掛けるわたくし・・・

↓もったいないくらいの満開。

120411rikujo2

だあ~れもおりませんです。

120411rikujo1

↓こちらは水道部近くの公園と桜並木。

120411suido

↓公園内 花びらが桜散らしの雨に吹き寄せられてます。

120411suido2

120411suido3

ほんと、誰もいません。神隠しの公園みたい。

↓こちらは4月10日ご近所の邸宅の前にて。

120411sidare

立派な大きな枝垂桜なのですが、バックに窓やら写っちゃったので大幅カットしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

facebook ひっかかりました

ふぁせぼおk、じゃなくてfacebookに登録するように、と言われ続けていたのですが、twitterでさえ登録してそのまんまほうってあります。この上そんな・・・

と思っていたのですが、とうとう登録しました。

facebookは実名登録です。しかし、あの手この手で個人情報はある程度隠せると聞いて。

あれこれ難問(おばさんにとっては難問です)をクリアし登録したものの、使い方がわかりません。

いきあたりばったりでクリックしまくって変な投稿を並べてしまって、こりゃいかん、とマニュアルをネット検索しました。

あったですよ。

では、と見ようとすると、メールで送りますから、名前を入れなさいメールアドレスを書きなさい・・・と仰せがでました。

一瞬、「へ?」とは思ったものの、「Facebook-Guide運営チーム」とあります。書き込んでクリックしてメールが来てそっからネットアクセスしてPDFを開いて、ふむふむふむ・・・

で、その夜、「Facebook-Guide運営チーム」から怪しげなオファーがあって・・・

れれれ?とメールをよく見ましたら、ずっと下のほうに

---------------------------------------------

◇発行元である株式会社●●●●●は、Facebook Guideを運営しております。
 ですが、Facebook本社・Facebook Japanとは関係がありません。

---------------------------------------------

とありました。あああっうううっおーっ。

中高年はいとも簡単にひっかかるんだよぉ、と思い知らされた日でありました。

これまで用心に用心を重ねてきたのに・・・

即メール配信停止にしましたけれど、メールアドレスを持っていかれただよ~。ただでさえ迷惑メールの多いアドレスなのに、もっと変なのがきたらどうしましょ。

やっぱり、捨てアド用意しとかなくちゃ。

救いは複数使っているメールアドレスのうち、どうでもいい関係専用のアドレスを記入したことでした。

(追記)

海の向うの同居人に、スカイプでおもいっきり笑われました。その後マンツーマン指導をうけて、プライバシー設定完了。名前以外表示されない怪しい人になりましたので、顔写真の代わりに落書きイラストを入れておきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

春よ春

昨夜から東京地方は風交じりの雨降りです。

花散らしの雨というのだそうですが、その通り、満開の桜が時折ふわーっと一斉に舞い、それはそれは素敵です。これぞ日本の春。

小さな庭にも、いつの間にか春がきていました。

↓ラッパスイセン

120409suisen

↓ハナニラ

120409hananira2

↓(セイヨウ)タンポポ。

120409tanpopo

↓スズラン

120409suzuran

↓ホトケノザ。ぴんぼけ・・・

120409hotoke

↓フキ。蕗の薹を採る気がせずほっておいたらすくすくと・・・

120409fuki

↓芍薬も芽をだしました。

120409shakuyaku

↓ハナニラの群生

120409hananira

↓室内で水栽培していた豆苗を植えてみました・・・

120408tomyo

スイートピーみたいな花が咲くでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

桜や桜

日曜日はお日柄もよろしく、かれこれ30年以上の付き合いとなる友人たちと井の頭公園にて花見をいたしました。

友人たちは、今「最も住みたい町吉祥寺」の住人です。井の頭公園のすぐご近所にお住まいの方が毎年場所取りからその後の室内宴会まで面倒をみてくれます。感謝感謝・・・

桜の開花具合といいお天気といい、ドンぴしゃりのお花見日和でしたので、吉祥寺駅で下りた時点でラッシュアワーなみの混雑でしたが、公園内も花見客でぎっしりでした。

メンバー全員ある程度いい年ですので、直射日光を浴びての昼酒が早々と効いて2時間ほどで室内へと引き上げてきました。

直射日光を浴びて元気でいられるのは若いうちだけですぞ。

そういう簡単な事実に気付くのは、若くなくなってからですぞ。

↓井の頭公園の桜 4月8日

120408inokasira

この根元にシートを広げてました。

↓4月7日 ご近所の公民館前の桜

120407komisen

↓4月6日 ご近所の裁判所だか検察庁だかの桜

120406saibansho

↓これも4月6日 ご近所の裁判所だか検察庁だかの桜

120406kensatu

↓4月10日 先週の花の咲かなかった桜祭りのパレードの通り道。

120410namiki1

満開ですよ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

竜、だいぶ遅くなりましたが・・・

今年の干支のつもりですが、竜に見えない・・・

120406ryu

ムーミンを思い浮かべたのがいけなかった・・・

数年前から、干支をIllustratorで描くことにしたのですが、今年はなんでか間に合いませんでして、気になりつつほったらかしていました。

いよいよ、新年ならぬ新年度が始まりまして、こりゃまずい。

というわけで、じたばたした結果がこれ↑。

久し振りなのでIllustratorの使い方を忘れてしまいました。初心者でさえないレベルにまで後退。いけませぬ。これからヒマな時にみっちりと研鑽せねば。

↓代々の干支です。

2011-おにぎり顔のウサギ。

2011usagi200

ダンスのつもりでしょうけど、あーらえっさっさーの方が似合ってます。

2010-あたまでっかちのトラ。目が笑ってません。

2010tora

おいで~おいで~(捕まえて喰ってやる・・・みたいな)

2009-のんびり牛かと思いきや凶暴。ストレスの塊だった頃。

2009ushi3

ふんとにモー。

2008-あのねえ、いい加減にしてチュのネズミ。

  2008nezuang

あたいをなめるんじゃないよ・・・

2007-いのしし。

2007inoko3

根性切れで動かせませんでした。

2006-初代のトリ。

2005tori

ニタニタしているのは、わたくしの「地」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

桜色消火栓

からりと晴れ上がった本日は絶好の花見日和。

世間も桜色に染まっているようにみえます。

街角にぽつねんと立っている消火栓もほんのりと。

(桜色と言っていいんでしょうか。赤が褪せたような気がしないでも。かなり錆びてますけれど現役なんでしょうね。)

120406shokasen1

通りかかるたび、「お手」しているみたいに見えます。

120406shokasen2

それともこっそり地球に紛れ込んだ探査ロボットとか・・・

R2-D2をスマートにしたような・・・(違うぞ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

おばちゃんがケガすると3

昨年暮れに階段を滑ってアイタタ・・・から3ヶ月ちょっと経ちまして、気がつけばすたこら歩いている今日この頃のわたくしです。明日の今頃はまた新たに滑って・・・

じゃなくて、先日仕事場の模様替えをしていて、本棚を奥へ動かそうとして向う脛(むこうずね)をいやと言うほどぶつけました。

向う脛とは脚の膝から下の前面部分のことでして、皮膚の下は即骨でして、ぶつけるとクッションがないぶん非常に痛い。いわゆる「弁慶の泣き所」です。

が痛いのは一時(いっとき)。ててて、と暫らく悶絶したら治まりました。

ええと、本題は3ヶ月前のケガです。ほとんど治りましたが、治るまで左足をかばったりしたもので、歩き方のバランスがおかしくなったみたいです。

左足の筋肉が極端に落ちたことに気付いて、そらからは左足に意識を集中するようにしたら、どうも力が入りすぎたみたいです。

左足に履いた靴下の踵直下の底に1日で大穴が空くようになりました。

最初は、なんて軟弱な靴下なんだ、と怒って新しい靴下を買いに行っていましたが、途中でどうもおかしいと思いまして、靴を眺めて検証すると・・・

左側の靴の中底の踵の部分が極端に減って、減っただけならまだしも、おろしがね(大根おろすやつ)みたく毛羽立っていました。

あ~れ~

毎日これで靴下を摩り下ろしていたのですか。それではどんな靴下でも太刀打ちできません。

あ~れ~

しばし考えました。

1.靴を買い換える

→履き心地を求めてあれこれ買い換えて今の靴に落ち着いたんだよな・・・

で、却下。

2.中敷を入れる

で、買いに行きました。で、いろいろ種類はあれど、なんかこうしっくりきません。それに靴の中底にいれるだけなのに、なんで2000円近くもするの・・・

で、これも却下。

お家に帰って沢山余っているフェルトで中敷を作ることにしました。

が、ですね、途中ふらふら立ち寄った100円ショップで、中敷を見つけちゃいました。

「天使のなんとか」と銘打った少し厚めの中敷のと、いわゆるインソールに成型されたものと。

両方買って試すことにしました。

型紙をあててちょきちょき切り抜いて靴にセットして・・・今のところ、靴下は摩り下ろされていません。適度にクッションが効いていて、足底にもやさしい気がします。

これで問題解決となるといいな・・・

ところで、本題の3ヶ月目のケガのことですけど、ふくらはぎが今も左の方が周囲1センチ程少ないままです。

結局元通りになるのには1年くらいかかるのかなぁ・・・

滑ったときには1週間もすれば元通りになると高を括っていたのになぁ・・・

やっぱ、おばちゃんは治りが遅いんだなぁ・・・

120403asi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

豆苗栽培中

豆苗とは読んで字の如く豆の苗です・・・では話が進みません。

豆苗はえんどう豆の種を発芽させたもので、最近人気の野菜です。

さっと茹でるだけで美味しくいただけます。炒めてもよろしいそうです。

先日食しました。

食べるときには、豆付きもやし状態の発芽した部分のみを切り取ります。

で、根っこの残りがでます。

残り物栽培大好き人間ですからもちろん栽培します。

というか、豆苗の入っていた袋に栽培の仕方が書いてあったんですけどね。清潔な入れ物に入れて、今の時期なら1日1回水を替えればいいと。

↓これは5日目くらいかしらん。(3月30日)

120329tomyo1

↓根っこはこんな状態です。

120329tomyo2

ちなみにこの入れ物は、昔「電子レンジでケーキが出来る」というコンセプトで売られていたものです。ホットケーキミックスを入れてチン!で一発・・・だったような。

使わなくなったのは、やっぱレンジでチンでは蒸しケーキにしかならない、と思ったからだったような・・・そろそろ20年前の物件です(物持ちがよいので)。

↓(4月1日)

120331mame

↓(4月4日)

120404mame

↓(4月6日)

120406mame

そろそろ食べようか、いや土に植えてみようか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

あけちゃダメ!

「あけちゃダメ!」 小川英子作 奈知未佐子画 新日本出版社 2012年2月発行

〈冷蔵庫をあけたら、牛がいた。「ご入り用のものはなんですか」牛乳が飲みたいと答えた寛太は…。 〉

------------------------------

奈知未佐子さんのブログで知りました。

子供向けの本ですが、大人が読んでも結構楽しい話です。

ぜひご一読を。

120401dame1

↑寛太君。

「冷蔵庫をあけたら」と「洗濯機をあけたら」の2編です。

120401dame2

↓この牛が寛太君を変な世界に引っぱり込むくせもの。

120401dame3

↓洗濯機の営業担当もへんてこりん。

120401dame4

お近くの図書館にあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

花抜きの桜祭り

昨日4月3日は日本列島に台風並みの暴風雨が吹き荒れ各地に被害がでました。東京でも電車が止まったりの混乱がありました。

平年並みに桜が開花していたなら、花吹き飛ばす無常の嵐でもありましたが、今年の冬は一段と寒かったゆえ、桜はまだまだ蕾が多く、台風一過の陽気でこれから一斉に咲き出しそうです。

さて、過ぎたる4月1日はエイプリルフールの日・・・というのも正解ですけど、地元では恒例の桜祭りの日でありました。

上に書いた如く桜が間に合わず、見事に花抜きのお祭りとなりました。

花抜きとて、もともとが花より団子の物見高い庶民ですから、お出かけしてきました。

で、会場内でバザーやってるのを見つけて当然の如く吸い寄せられまして、「もうモノは買わん」という決意むなしく、気がつけば春向きの上着と夏物のパンツスーツを抱え込んで・・

なにやってんでしょ、わたくし・・・

チラシに、NTT電気通信研究所(正式名称「NTT武蔵野研究開発センター」)が、資料館を公開しているというので、ちょいと足をのばして見学してまいりました。

120401ntt

電話の歴史など、そんなもの見て何が面白い? 面白いんですよ、わたくしは博物館資料館歴史館大好きなものですから。

旅行に行って、そういうところを見つけると、舌なめずりして喜ぶのですが、あいにくと世間はそういうものに興味の無い人が圧倒的に多く、「えっええ~」と嫌な顔されて、アウトレットや土産物店に連行されてしまいます。

今回も面白かったですよ。展示物を見ていると、すっかり忘れていた過去の情景を思い出したりして・・・

パソコン通信はしりの頃は家庭に高速回線が普及してなくて、公衆電話にノートパソコン繋げて通信してる人いたよな~、とか、いろいろいろいろ。

展示物の中に、世田谷とう道火災というのがありまして、ふーん、と通り過ぎましたが、少したって強烈に記憶が蘇ってきました。

「とう道火災」の文字だけみてもなんのことだか解りませんが、1984年の「世田谷局ケーブル火災」といえば思い出しますでしょうか。

http://www.47news.jp/news/photonews/2008/11/post_1022.php

<あのころ>世田谷でケーブル火災 約9万回線が不通 - 写真ニュース 47NEWS(よんななニュース)

 1984(昭和59)年11月16日、東京・世田谷電話局前の通信回線埋設溝で火災、10時間以上延焼し約9万回線が不通となった。三菱銀行は全面的にオンラインシステムが停止するなど前例のない都市型災害となった。 写真:電話回線埋設溝火災で電話も不通、仮設電話に飛びつく人たち=東京都世田谷区

(リンク先に当時の写真あります。)

すっかり忘れていました。世田谷は陸の孤島化して大変だと、当時ニュースで流れていました。

電電公社の方たちが自転車に乗って、メッセージを配達してましたっけ。

↓ 花の咲かない桜の代わりに、公園のヒマラヤスギの大木を仰ぎ見てパチリ。

120401sugi2

わあ、すげ~。

あんぐり口を開けて見とれていたら、天辺から「アホーアホー」とカラスの声が落ちてきました。

その公園で、前日(3月31日)の嵐で吹き飛ばされた桜の蕾を拾って水に挿しておいたら、本日4日、硬かった蕾が花開いておりました。

120404sakura

植物は偉大だ・・・

(左端の葉っぱは、昨年の秋から水栽培しているアイビーです。)

--------------------------------------------

追記:世田谷局ケーブル火災を伝えるネット記事を部分引用させていただきました。

1.世田谷区三軒茶屋の地下ケーブル火災。 | 1984-11-16 | Time-AZ
http://time-az.com/main/detail/7664

1984年11月16日午前11時50分ごろ、東京都世田谷区太子堂4丁目、世田谷電話局前の地下溝から出火した。
地下溝はNTT専用のケーブル埋設トンネルで、一般の電話回線のほか通信専用回線も入っていた。
この地下ケーブル火災によって、世田谷区内で約9万のユーザーの電話が10日間止まった。
大和銀行のオンラインシステムは、本店、各支店を結んでいたので首都圏のオンラインシステムが止まった。
世田谷区池尻にコンピュ−タ事務センターがある三菱銀行は、全国230支店を結ぶオンラインシステムが止まった。
信号求まり、交差点に警察官が立って、手信号が行われた。

2.ASCII.jp TEC
http://ascii.jp/elem/000/000/535/535149/

 1つは、1984年11月の「電電公社世田谷ケーブル火災」である。これは、電電公社(現:NTTグループ)の世田谷電話局前の共同溝内で発生した火災により、共同溝内の通信ケーブルが損傷したため、現場近くに事務センター(今でいうデータセンター)を設置していた2つの大手都市銀行のオンラインシステムが停止した事件である。特に三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)では、全国243の店舗でCD(現金自動支払機)やATM(現金自動預け払い機)が一時的に使用できなくなり、社会問題としてマスコミにも大々的に取り上げられた。

3.高度ネットワーク社会の脆弱性
http://www.hiroi.iii.u-tokyo.ac.jp/index-ronbun_shu-ronbun290.html

②ケーブル火災による社会的影響
(中略)・・・世田谷区内の企業や商店も、一般加入電話回線やデータ通信回線の不通によって、「注文や予約の受け付けができなくなる」「顧客や得意先との連絡ができなくなる」など深刻な影響を受けた。電話の不通は、ふだんの生活で電話に慣れ親しんでいる一般の人びとにも少なからぬ影響を与えた。各種調査によると、電話不通で一般市民がもっとも不安になったことは、第一に、「自宅や近所で火災や犯罪がおきた時に、消防署や警察に通報できないこと」であり、第二に急病人が出た時などに、病院や119番に連絡できないこと」であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

少女サンデー

少年サンデーの間違いではありません。

「少女」サンデー。

120402shojo

先日の昭和37年2月の「女学生の友」にあった広告です。

広告中にもあるように、女学生の友の「妹」分、解りやすく言えば、「アンアン」に対する「オリーブ」みたいなもの。

実物を持っているわけじゃありません。ネット情報によると、

http://manga-db.jugemu-tech.co.jp/bgmag/magdata1.aspx?mag=ID085

戦後日本 少年少女雑誌データベース : 少女サンデー

出版期間: '60(昭35)年9月~'62(昭37)年4月

出版社: 小学館

短命だったようです。従って現物があれば非常に「レア」アイテム・・・

(神田の古書店のブログでは8400円で即決だそうです。)

広告だけですが、つっこみどころ満載ですなあ。

○左下に表紙写真が3枚あるのはなんで? 意味もなく、でしょうか。

○サブティーンてなんだろ。小学生の婉曲表現かしらん。

(追記:サブティーンsubteenはpreteenと並んで、米口語で「準ティーンエージャー、思春期前の子供」のことだそうです。 手持ちの辞書には載っていませんでした。)

○ローマ字タイトルが、SYOZYO SUNDAY(長音記号付き)。

前半の訓令式ローマ字がなんとも新鮮です。いまどきの人間なら、なんと読むか一瞬ためらうかもしれません。

しょーずよーってなんだ・・・とか。

その昔、学校では訓令式を習いましたが、実生活においてはヘボン式がその他と入り交じって幅をきかせています。

実は日本語のローマ字表記法には一貫したルールがないのだといいます。

少女サンデーをローマ字で書いてみい、といったら今なら

「SHOJO SUNDAY」が一番多いでしょうねえ。

これを漢字交じりに再変換すると、少女サンデーだか処女サンデーだか書状サンデーだか賞状サンデーだかわかりません。

だいたい、少女は「しょうじょ」であって「しょーじょ」ではないんでないかと・・・

パスポートのローマ字表記なんぞ原則ヘボン式といいながら混乱しまくっていまして、例外がまたややこしいことになっているようです。

(平凡な名前でよかった、と思うのはこういう時)

---------------------------------

同じ女学生の友にこちらの広告もありました。

120402modmo

雑誌「マドモアゼル」(小学館)創刊号(昭和35.1)-9巻3号(昭和43.3)

これも実物は知りません。素敵です。

けど突っ込みます。

読者対象は広告中に「女子大生もBGも若奥さまも読んでいる!」とあるとおり、女学生の上の世代らしいです。

何がNGか。まずBGがダメです。BGは今でいうところのOLのことですが、仕事する女性=ビジネスガールのつもりだったようですが、英語圏では別の意味の夜のお仕事をする女性のことだとかでその後使われなくなったはず。

若奥さまって、奥様ならこの時代はマダムを読まなくっちゃ。マドモワゼルは未婚女性のことでしたよん。(今ではミス・ミセスとともに差別語扱いされてますけど)。

けど、この雑誌の実物があったら読んでみたいです。いろいろ面白いだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

「藤田ミラノ ヨーロッパに花開いた日本の抒情」

先日図書館でみつけました。

「藤田ミラノ ヨーロッパに花開いた日本の抒情」
中村圭子編 河出書房新社 2011年3月20日発行

120330mirano

わあ~懐かしい~

藤田ミラノさんの少女画をリアルタイムで知っている方々は、そりゃもう圧倒的に「女学生」の方々です。「女子学生」じゃありませんですよ。「女子高生」でもありません。旧制女学校の雰囲気を色濃く引きずっている古き良き日本女子世代・・・

かく言うわたくしはですね、残念なことに女学生ではありませんでした。その予備軍でさえもない、野育ちのガキンチョ。

なんで懐かしいかというと、そのガキンチョがマセガキになりかけた頃、古書店で「女学生の友」を数度買ったことがあるからです。掲載されていた少女向け小説のほとんどは忘れてしまいましたが、藤田ミラノさんの挿絵だけは感銘を受けて覚えていました。

「感銘」というより「影響」ですかしら。

せっせとノートの後ろの方に、鼻筋の通った美少女の模倣画を書いておりました・・・とさ。

なんで今頃、藤田ミラノさんの本が、と思ったら、昨年2011年4月に弥生美術館で「藤田ミラノ展 ~ヨーロッパに花開いた日本の抒情~」をやっていたのですね。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/exhibition/yayoi/1104.html

東日本大震災の直後でした。気付く余裕がなかった・・・

ところで、今自宅に昭和37年頃の「女学生の友」が4冊あります。その昔のマセガキ時代に買った雑誌を後生大事に取っていて・・・ではありません。

古書店の店頭で1冊100円で売られていたのを数年前に見つけました。緑のビニールテープで体裁構わず補修してある、一部表紙は取れている、住所氏名の書き込みはある・・・と状態は最悪ですが、だから安いんです。

物好きですから即買ってきました。買ってきて読んでみたら、まあ面白いこと。

小説ありファッション(モードという言葉)あり英会話ありペン習字料理あり平和運動ありスターの噂話あり洋服の作り方あり読者の投稿は自作の詩やお習字や絵・・・文通コーナーには住所氏名全記載。各種懸賞当選者も住所氏名全記載・・・個人情報保護法がなんぼのもんじゃ・・・

50年前の日本女子の精神構造は現在と大違いで、恥ずかしくなるくらい素朴で生真面目で・・・読者全員カマトト風味。そのまま現在に当てはめたら、ずれまくること必至。

そのほか細かいところで、小説中の母親が急病で往診を頼むため電話するシーンなんぞ番号が「一局の〇五二九」とかだし、だいたい電話そのものが街角のパン屋の赤電話(公衆電話)・・・

電話が一般家庭にほとんどない時代でしたね。

さて、藤田ミラノさんの挿絵ももちろん載っていました。

連載小説口絵
↓「女学生の友」昭和37年2月号

120401mirano1

↓「女学生の友」昭和37年3月号

120401mirano2

↓「女学生の友」昭和37年5月号

120401mirano3

↓「女学生の友」昭和38年1月号

120401mirano4

抒情画シリーズ。掲載号は上の口絵と同じ順。

120401mirano5

120401mirano6

120401mirano7

120401mirano8

なにせ50年前の雑誌です。紙は酸化して変色しています。

色もかなり褪せていると思い、しかし元の状態がわからないので、photoshopの自動機能で補正しています。

もっと淡い色かな・・・と思いつつ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »