« 豆苗栽培中 | トップページ | 桜色消火栓 »

2012年4月 7日 (土)

おばちゃんがケガすると3

昨年暮れに階段を滑ってアイタタ・・・から3ヶ月ちょっと経ちまして、気がつけばすたこら歩いている今日この頃のわたくしです。明日の今頃はまた新たに滑って・・・

じゃなくて、先日仕事場の模様替えをしていて、本棚を奥へ動かそうとして向う脛(むこうずね)をいやと言うほどぶつけました。

向う脛とは脚の膝から下の前面部分のことでして、皮膚の下は即骨でして、ぶつけるとクッションがないぶん非常に痛い。いわゆる「弁慶の泣き所」です。

が痛いのは一時(いっとき)。ててて、と暫らく悶絶したら治まりました。

ええと、本題は3ヶ月前のケガです。ほとんど治りましたが、治るまで左足をかばったりしたもので、歩き方のバランスがおかしくなったみたいです。

左足の筋肉が極端に落ちたことに気付いて、そらからは左足に意識を集中するようにしたら、どうも力が入りすぎたみたいです。

左足に履いた靴下の踵直下の底に1日で大穴が空くようになりました。

最初は、なんて軟弱な靴下なんだ、と怒って新しい靴下を買いに行っていましたが、途中でどうもおかしいと思いまして、靴を眺めて検証すると・・・

左側の靴の中底の踵の部分が極端に減って、減っただけならまだしも、おろしがね(大根おろすやつ)みたく毛羽立っていました。

あ~れ~

毎日これで靴下を摩り下ろしていたのですか。それではどんな靴下でも太刀打ちできません。

あ~れ~

しばし考えました。

1.靴を買い換える

→履き心地を求めてあれこれ買い換えて今の靴に落ち着いたんだよな・・・

で、却下。

2.中敷を入れる

で、買いに行きました。で、いろいろ種類はあれど、なんかこうしっくりきません。それに靴の中底にいれるだけなのに、なんで2000円近くもするの・・・

で、これも却下。

お家に帰って沢山余っているフェルトで中敷を作ることにしました。

が、ですね、途中ふらふら立ち寄った100円ショップで、中敷を見つけちゃいました。

「天使のなんとか」と銘打った少し厚めの中敷のと、いわゆるインソールに成型されたものと。

両方買って試すことにしました。

型紙をあててちょきちょき切り抜いて靴にセットして・・・今のところ、靴下は摩り下ろされていません。適度にクッションが効いていて、足底にもやさしい気がします。

これで問題解決となるといいな・・・

ところで、本題の3ヶ月目のケガのことですけど、ふくらはぎが今も左の方が周囲1センチ程少ないままです。

結局元通りになるのには1年くらいかかるのかなぁ・・・

滑ったときには1週間もすれば元通りになると高を括っていたのになぁ・・・

やっぱ、おばちゃんは治りが遅いんだなぁ・・・

120403asi

|

« 豆苗栽培中 | トップページ | 桜色消火栓 »

病気・ケガ・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

あの階段滑り、まだ引きずっていたのですね。歳をとってからの怪我の治りの悪い事と言ったらありませんね。私もあちこちに痣を作っていますが全く消滅しません。

投稿: te | 2012年4月 7日 (土) 22時00分

あらら、
どうぞお大事に。

寒い時の傷は、特に治りにくいような気がします。

投稿: kiri | 2012年4月 7日 (土) 22時14分

teさん、そうなんです。とっくに治ったと思っていたでしょ。この後一生たたるかも。
大けがをしないよう、お互い用心しましょうね。

投稿: マイマイ | 2012年4月 8日 (日) 08時35分

kiriさん、ありがとうございます。
そうですね、寒い時の傷は治りにくいのでした。
加えて年齢要素も・・・
左足首は過去にねんざして医者通いしましたが、「ここできちんと治しておかないと、歳とってから出ますよ」と言われました。
何が出る?、とその時は思ったのですが、こういう時にこういう形で出ているのかもしれません。

投稿: マイマイ | 2012年4月 8日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/54338412

この記事へのトラックバック一覧です: おばちゃんがケガすると3:

« 豆苗栽培中 | トップページ | 桜色消火栓 »