« ロングスカートのワナ2 | トップページ | やれやれ »

2012年1月11日 (水)

おばちゃんがケガすると・・・

「ロングスカートのワナ」の続きです。

ふくらはぎにアザが出現して、あれ~、とまた左足をかばうようにギッコギッコ歩きを再開しましたが、結果からいうと良くなかったみたい。

というのはですね、3日ほど前に気がつきました。

左足の筋力が極端に落ちている!!!

左での片足立ちが出来ないんですよぉ。
右なら立ったまま靴下だって問題なく履けちゃうのに、左だと支えが必要。爪先立ちは絶対できない・・・

年寄りが転んで骨折して入院すると、あっという間に寝たきりになるという、あの原理と一緒で、左足に負荷をかけないよう生活していたら、2週間で体重を支えられないほど筋力が落ちちゃったんですよ。

あ~れ~

こんなデータがありました。

伊豆見治療院(静岡県三島市)
http://izumi.o50.jp/oushin.html

    安静仰臥による筋力低下
-----------------------------------
  安静の日数      筋力の低下
1週間の寝たきり   筋力の20%が低下
2週間の寝たきり   筋力の36%が低下
3週間の寝たきり   筋力の68%が低下
4週間の寝たきり   筋力の88%が低下
5週間の寝たきり   筋力の96%が低下
-----------------------------------
  医学博士 大井淑雄先生による

寝たきりではないので36%までは落ちてないにしても、25%くらいは落ちてるんじゃないかしらん。

筋力の低下と平行して「拘縮」の問題もあります。

「寝たきり等によって、関節が固まって動きにくくなることを言います。曲がったままの状態となる屈曲拘縮と、伸ばしたままの状態となる伸展拘縮があり・・・」
http://chouju.do-yukai.com/glossary/sick/post_4.html

で、左の足首も曲げないようにかばっていたら、2週間経って曲げにくくなってます。足首が曲げにくということは、

「階段を下りるのが大変」

ということです。下手すると転げ落ちるかも。

こりゃいかん、というわけで、3日前から、

1)なるべく普通に歩く(左足をかばわない)

2)左の足首をなるべく曲げる(椅子に座って仕事しながらとか)

3)エレベータ-、エスカレーターを使わず

  階段を上る(これは問題なし)

  階段を下りる(こけそうなので、手すりにつかまって)

するとですね、動かしたほうがその後の痛みが急減するのですよ。多分、血行が良くなるからかしらん。

それにしてもねえ・・・

この試練は、人生をしっかり見直せ、という天の声かしらん。

↓少々グロい証拠写真追加(約2週間後の1月7日時点)

120111aza

足首以下のアザは、ただアザが出ただけで、痛くもなんともありません。

ふくらはぎに縦方向に走っているスジは靴下の跡。
(新陳代謝が悪いんですよっ)

|

« ロングスカートのワナ2 | トップページ | やれやれ »

病気・ケガ・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

まあ何て事でしょう。痛々しいおみ足。しかしそんなに急激に筋力低下とは恐ろしいですね。気を付けて徐々にリハビリされますよう。

投稿: グローブフォルダー | 2012年1月12日 (木) 18時02分

若くなくなってからこそ、体力筋力が重要、と身に沁みてわかりました。
お互い、気をつけませう。

投稿: カピバラ | 2012年1月13日 (金) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/53710645

この記事へのトラックバック一覧です: おばちゃんがケガすると・・・:

« ロングスカートのワナ2 | トップページ | やれやれ »