« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

UPSのファームウェアのアップデート

メーカーからこんなメールが来ました。

--------------------------------
無停電電源装置(UPS) 「BY-Sシリーズ」ご愛用のお客様へ 
<お詫びとファームウェア更新のお願い>

(以下抜粋)
バッテリの劣化状態を判定する機能が正常に動作しないことが判明いたしました。

対象製品のファームウェアを最新バージョンに更新いただくことにより、一括で解消いたします。
--------------------------------

で、使っているUPSが対象機種なら、バージョンアップ用ファイルをサイトからダウンロードしてやってちょ、ということです。

自分でできなければ、UPSをメーカーに送ればやってくれるそうですが、それはそれで発送伝票やら依頼書やら必要でめんどくさそ・・・

自分でやることにしました。

そもそも買ったときはXPマシン用でしたので、XPマシンでバージョンアップすることに。

できるはずですよ。サイトにもそう書いてあったし。

で、結論から言うと、XPマシンではできず、7マシンでしました。

原因はですね、ダウンロードしたZipファイルをXPマシンで解凍すると、必要ファイルが出てこないのですよ。解凍の仕方が悪い? いえいえ解凍時になぜかIEエラーでなんとかかんとかという表示がでるのですよ。

ためしに7マシンでやったら、おおっ、一杯ファイルが出てきました。

では、と、この出てきたファイルをフォルダごとファイル共用でXPマシンに持っていくと、1個のexeファイルしか表示されず、めげずにクリックしても「必要ファイルがありません」とつれない返事。

これでは実質「XPではバージョンアップできない」ということではありませぬか。

しかし小市民なので、「なら7でやればいいや」という解決策を出してしまうのでした。

とりかかる前にPDFの説明書を読み・・・読んだだけでは15ページ分も覚えていられそうもないのでプリントし、にらめっこしながらバージョンアップ開始。

15分ほどのち、すべての処理を終えて、無事バージョンアップできましたが、もしXPマシンしか持ってなかったら、悪戦苦闘した挙句、メーカーに送りつけることになっていたでしょうなあ。

XP、2014年まで大丈夫かい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

publisher2010でできなくなったこと

1月26日のブログでPublisher2010の愚痴をこぼしました。

「Publisher2003ではWordやExcelのファイルから複数写真を何の問題もなくコピー&ペーストして編集していましたが、

Office2010のPubulisher2010だと、にWordやExcelから複数写真をまとめてPublisher2010にコピー&ペーストすると、1枚の図になって、個別の編集ができない。」

と。頭を整理してからマイクロソフトさまにお伺いを立てました。

するとですね、さすが天下のマイクロソフト、翌日には丁寧に回答していただきました。

ありがとうございます。座布団何枚差し上げましょ。

回答の要旨は、「Publisher2003ではコピーできていたが、Publisher2007でその機能はなくなった」ということ。

ぐえっつ・・・(なんでなくなったの?)

2003から2007を飛ばして2010に鞍替えしたので、ちっとも知りませんでした。

機能復活させるようがんがん注文をつける、というのもありですが、代替法を教えていただきましたので、ま、いっか(いくないぞ・・・)。

代替法の内容ですが、ExcelとWordに分けて別々にご教示いただきましたけど、基本同じことなのでExcelのみ掲載。

以下引用

■ Excel から貼り付ける方法
1. 希望の画像が挿入されている Excel ファイルを開き、シートを選択します。
2. シート内のデータを全選択するために、Ctrl キー + A キー を押します。
3. Ctrl キー + C キー を押し、コピーします。
4. Publisher を起動します。
5. Ctrl キー + V キー を押し、ペーストします。
6. 画像とともにシート内のセル情報もペーストされるので、画像以外の情報を選択し削除します。
以上の方法で画像はひとまとめにならずペーストできますが、レイアウトは崩れてしまいます。

引用ここまで。

その通りにしてみました。するとですね、試したExcelファイルの当該シートがですね、1シートに数ページ分作成されておりましてですね、しかも欲しい写真のほかに図形もたくさん使用されていましてね(わたくしが作ったんじゃありません、お客さんからの支給データです)、フリーズしたかと思うくらい時間がかかった挙句

「データがでかいから全部ペーストできないよん」

と言いつつ、最初の1ページも3分の2くらい取りこぼしてペーストできただけ(2ページ以降は全滅)・・・

ぐっ(愚っ)、使えねえ・・・・

さあどうするか。

こうします。

Excel新シートを作成して必要な写真だけコピー&ペーストし、そのシートの写真が乗っかっている範囲のセルをコピーして、Publisherにペーストし、セル情報を削除。

これでなんとかなりそうです。

それにしても、このPublisherというソフト、需要があるんだかないんだか、わたくしなんぞはお客様がPublisherファイルを原稿として支給してくださるので、それをInDesignで作り直すようなマネはしたくないのでPublisherを使うようになったのですが、参考書が皆無です。

かろうじて何年か前に書店で1冊手に入れたのがPublisher2002の解説書。それを古本屋に売って最新版を買おう、なんて考えなくてよかったです。いろいろ調べてどうやら解説書はほとんど流通しておらず、最新版も20072003の参考書が最後らしく、ネット上ではプレミアがついて高額で売りに出ていました。

Microsoftさん、公式解説書を出して頂けませんかねえ・・・

1.31追記:

セルを範囲選択してなんとかなる、と思ったのですが、ちょっと写真数が多くなるとペースト動作が異様に重い・・・

Office 2003を使っているXPパソコンが、メモリ1GB上限でお客さんから支給されるデータファイルが大きすぎてしばしばフリーズするので、

メモリ4GBの7パソコンなら楽に作業ができるであろう、と期待して移行したのですが、Publisherを使うOfficeソフトに関しては、メモリの足りないXPパソコンで2003で作業して、最終的に7の2010でまとめるのが圧倒的に効率的です。

いっそ、7パソコンにOffice 2003をインストールしようかしらん。仕様を調べなくては・・・いやいやXPパソコンがまだ使えるのにOffice 2003を抜いてはいかん。2003にアップグレードする前のOffice 2000があるけれど、パーソナルだからPublisherはもちろんPowerPointもはいってないしなあ・・・

と悩みは尽きませぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

確定申告してきました

まだ早いだろ、って。

2月16日からだろう、って。

いえいえ、作成済みの確定申告書の提出は1月から受け付けてくれるざますよ。

2月16日からなのは、特設会場で税務署職員のご指導を仰ぎながら、こんなんでいいんでしょ、とか、どう書けばいいんだよっ、とか申告書を作成して提出する場合です。

自力で仕上げて、提出して受付印もらうだけなら1月でいいんですう~(今なら空(す)いているし)。

というわけで、仕事も一段落したことだし、会計ソフトで貸借対照表とかプリントして、それ見ながら申告書を書きました。

会計ソフトなら全部やってくれるだろう?と思いますか。思いますよね。

使っているのは「やよいの青色申告09」です。当初買うのに1万円くらいかかりました。このソフト、実はその後毎年年度対応させていくのに1万円くらいずつかかる仕組みになってます。

ま、世の中万事そうやって儲ける仕組みになっているんですけどね。

でも、申告書書くくらいで1万円も払いたくない、というのは由緒正しい貧乏人です。税務署から送られてくる書類に自分で書きこめば済むんですもん。

肝心の帳簿作成部分は、年度が変わったって関係ありません。

つまり「青色申告」ソフトなんですが、ただの帳簿ソフトとして使えばいいんです。

とはいうものの、ワタクシの人生、自営業を始めるまで、簿記にご縁はございませんでした。貸方借方なんぞといわれても意味不明。

見よう見まねでなんとかごまかしてます。加えて、決算処理なんぞ1年に1回するだけですから、1年前のことは綺麗さっぱり償却・・・じゃなくて忘却しておりまして、思い出すのが大変。

貸借対照表の右と左の数字が違ったまま清書しかけて、(あれ?確か右と左に同じ数字が入らないといけないんだよな・・・)で、計算しなおし、とか、数々の初歩的つまづきを乗り越えて、申告書完成。

週末手元に置いて、じっくり見直したほうがいい、と頭のどこかで理性の声がつぶやいていましたが、(間違っていたら修正申告すればいいさっ)と、とっとと提出してきました。

歩いていける範囲に税務署があると、こういう開き直りができるんですねえ。

確定申告される方、今のうちに行くと税務署が空(す)いていますぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

やれやれ

はっと気がつくと更新が2週間も途絶えてほったらかし。

いけませんなあ。

昨年暮れの御用納めから実はずっと野暮用続きでほぼ年中無休でありました。

野暮用1:

総量ではたいしたことのない仕事ですが、なぜか来るときには団体で押し寄せるし納期もほぼ一緒です。となれば、平日も仕事するけど週末も祝日も仕事します。

量的に忙しいだけならまだしも、PC仕事なものでして、昨年新機導入しまして、それはどういうことかというと、OSはもちろん各種アプリケーションもバージョンが違います。

それはどういうことかというと、旧ソフトで出来ていたことがなぜか新ソフトでできなかったり、あるいは実用に耐えないほどレイアウトが崩れたり・・・

具体的に申し上げますと、Office2003のPublisher2003は、WordやExcelで作ったデータを何の問題もなくコピー&ペーストできていました。

Office2010のPublisher2010にWordやExcelで作ったデータをコピー&ペーストすると問題だらけなのですよ。

例えばExcelに20枚写真が貼り込んであったとします。それをまとめてPublisher2010にコピー&ペーストすると、1枚の図になっちゃいまして、20枚個別の編集ができない。

なんでだっ!!!!!!!!!!!!!

エクセルのデータをまとめてコピーして、メタファイルとしてPublisher2010に貼りこんで最終段階でPDF変換すると変な黒三角のようなノイズが入りまくりますし、うっかりするとExcelの枠がすべて白(薄いグレー?)として残ってるし・・・・

なんでやっ!!!!!!!!!!!!!

Publisher2010は実はWord2010やExcel2010と上手く連携できてないのでは?

だって、Word2010やExcel2010のファイルの拡張子は、2003と違って末尾にxがつきdocxやxlsxですが、Word2010やExcel2010は2003とおんなじpub。

こういうPC(ソフト)不調部分への対応は本来作業以上に時間をとられるのですよ。ううーっあうう。

ファイルを互換モードで開いているのがいけないのか、そもそもソフトのバグなのか、いろいろ調べて話を整理して、マイクロソフトに問い合わせようかと思ってます。

野暮用2:

実は1月の中旬に、海の向こうの同居人が一時帰国しておりました。しばらくぶりの再会なので基本的には喜ばしいのですが、人間二人は詰め込めそうな大きなトランクを狭い我が家に持ち込みましたもので、足の踏み場がない、布団はどこに敷く、斜めになって通れ、などまあ混乱しまくりでした。

それにしても、我が家はこんなに狭かったのかしらん。

いえいえ、同居人の海外滞在がながびくかも知れないので、倉庫に預けていた荷物を引き取って整理して残りを我が家に運び込んだりもしたからでした。

(おかげで玉突き状態で我が家の荷物を始末することに。いま、基本モノを捨てられない人間がせっせと捨てまくっております。気分は捨てる罪悪感と捨てる快感のゴタ混ぜ状態。)

その狭いところに同居人の知人まで泊り込んだ日には、体温だけで暖房がいらないような具合でして、窓も玄関扉も結露しまくり。

なんだか毎日がどたばたしてました。

同居人が無事海外の家(広いらしい)へ帰っていって、ようやく平穏無事平凡退屈小市民的日常が戻ってきました。

野暮用3:

某御仁の御親族様ともいろいろ打ち合わせがありまして・・・

(自分で選んだ人生だ、愚痴は言わんどこ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

おばちゃんがケガすると・・・

「ロングスカートのワナ」の続きです。

ふくらはぎにアザが出現して、あれ~、とまた左足をかばうようにギッコギッコ歩きを再開しましたが、結果からいうと良くなかったみたい。

というのはですね、3日ほど前に気がつきました。

左足の筋力が極端に落ちている!!!

左での片足立ちが出来ないんですよぉ。
右なら立ったまま靴下だって問題なく履けちゃうのに、左だと支えが必要。爪先立ちは絶対できない・・・

年寄りが転んで骨折して入院すると、あっという間に寝たきりになるという、あの原理と一緒で、左足に負荷をかけないよう生活していたら、2週間で体重を支えられないほど筋力が落ちちゃったんですよ。

あ~れ~

こんなデータがありました。

伊豆見治療院(静岡県三島市)
http://izumi.o50.jp/oushin.html

    安静仰臥による筋力低下
-----------------------------------
  安静の日数      筋力の低下
1週間の寝たきり   筋力の20%が低下
2週間の寝たきり   筋力の36%が低下
3週間の寝たきり   筋力の68%が低下
4週間の寝たきり   筋力の88%が低下
5週間の寝たきり   筋力の96%が低下
-----------------------------------
  医学博士 大井淑雄先生による

寝たきりではないので36%までは落ちてないにしても、25%くらいは落ちてるんじゃないかしらん。

筋力の低下と平行して「拘縮」の問題もあります。

「寝たきり等によって、関節が固まって動きにくくなることを言います。曲がったままの状態となる屈曲拘縮と、伸ばしたままの状態となる伸展拘縮があり・・・」
http://chouju.do-yukai.com/glossary/sick/post_4.html

で、左の足首も曲げないようにかばっていたら、2週間経って曲げにくくなってます。足首が曲げにくということは、

「階段を下りるのが大変」

ということです。下手すると転げ落ちるかも。

こりゃいかん、というわけで、3日前から、

1)なるべく普通に歩く(左足をかばわない)

2)左の足首をなるべく曲げる(椅子に座って仕事しながらとか)

3)エレベータ-、エスカレーターを使わず

  階段を上る(これは問題なし)

  階段を下りる(こけそうなので、手すりにつかまって)

するとですね、動かしたほうがその後の痛みが急減するのですよ。多分、血行が良くなるからかしらん。

それにしてもねえ・・・

この試練は、人生をしっかり見直せ、という天の声かしらん。

↓少々グロい証拠写真追加(約2週間後の1月7日時点)

120111aza

足首以下のアザは、ただアザが出ただけで、痛くもなんともありません。

ふくらはぎに縦方向に走っているスジは靴下の跡。
(新陳代謝が悪いんですよっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

ロングスカートのワナ2

スカートの裾を踏みつけて階段1段滑って脚を強打したのは昨年暮れの23日のこと。

かなり痛い思いをしまして、足をひきずってぎっこぎっこと歩いておりましたが、打っただけだし年内に治るでしょうと気楽に考えておりました。

治んないんですよ~

まだ痛いんですよ~

滑って4日目くらいに踵に青あざが出たもので、痛いのはふくらはぎだけど打ったのはぜんぜん痛くない踵、と思い込んでいましたが、10日も経った正月3日頃にふくらはぎにアザ出現して唖然。なんで今頃・・・

やっぱり打ち付けたのはふくらはぎだったんですね。

ここにきて、単なる打撲ではなく「肉離れ」ではないかと心配になりネットにお伺いを立てました。

(医者に行ったほうがいいくないかい?)

結果、単なる打撲らしいです。治りが遅いのは・・・多分トシのせい・・・若いっていいなぁ・・・

ついでにロングスカートについても検索してみました。するとですね、結構危険なシロモノらしいんですよ、長いスカートというのは。

●芥川賞作家の川上未映子さんが「死ぬかと思った」と書いています。

「ロングスカートは命がけ」
http://www.asahi.com/fashion/column/omekashi/TKY201102040233.html

〈・・・ロングなんて最後にはいたの思いだせないほど久しぶり&いつも大股歩きなせいか、裏地がパン!と張って、あやうく階段から転倒しそうになるのだった。突然起こるあれまじ怖い。・・・〉

●YAMAちゃん☆お絵描きDIARY

「ロングスカートってやつは…」
http://s-yamacomic.blog.so-net.ne.jp/2006-07-01

●こちらの方は写真つき

「ロングスカートを履いたら~」
http://kikupooh.at.webry.info/200807/article_5.html

この方に限らず、エスカレーターにロングスカートは超危険因子のようです。

●社団法人 日本エレベーター協会

「エスカレーターのご利用について
http://www.n-elekyo.or.jp/instructions/escalator.html

〈降り口のくし部に衣類が巻き込まれると大変危険です。ロングスカートや着物など、丈の長い衣類をご着用の際は、エスカレーターのステップに触れないように気をつけてください。〉

-------------------------------------------

ですので、せっかくのロングですが、裾を少々上げようかしらん・・・
(今夜は鍋、じゃなくて夜なべ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

ことしのがんたんはよいがんたん

すっかり忘れちゃっていますが、子どもの頃遊んだ歌「今年の牡丹」の歌詞はこんなです。

 今年のボタンは よいボタン
 おみみをからげて スットントン
 もひとつおまけに スットントン

「スットントン」のところが人によっては「スッポンポン」になっていたりしますが、まあそんなことはどうでも良いです。

改めて検索すると、その歌詞のいとシュールなこと。

仲間に入れて欲しい子(オニ)が来ましたが、入れてあげません。

どうして?

  コドモ しっぽがあるから
  オニ  しっぽ切ってくるからいれて
  コドモ 血がでるからいや
  オニ  海で洗って来るからいれて
  コドモ 海坊主が出るからいや
  オニ  川で洗って来るからいれて
  コドモ 川坊主が出るからいや・・・

 (中略)

挙句に、

  コドモ (晩御飯の)おかずはなあに?
  オニ  カエルとナメクジ
  コドモ 生きてるの、死んでるの?
  オニ  生きてるの
  コドモ じゃあさようなら
  コドモ だれかさんの後ろに蛇がいる・・・

今年の牡丹」
http://homepage3.nifty.com/fuwa/utubo/030330/botan.htm
からお借りしました。

で、今年の元旦ですが、しょっぱなから東京含めた関東東北地方で揺れました。わたくし、かなり焦りました。

諸事情で帰省時期をずらしましたので、三が日は「東京のお正月」を楽しんでおりました。

と言えば聞こえは良いのですが、地元は人出も少なくほとんどノーバディ東京状態。行きかう数少ない車も、昔はほとんどが前面にお飾りをつけていましたが、今のところ一台もみていません。バスが国旗を掲げていたのがちらほら。

よってお正月気分ゼロ。

それでも元旦から営業している店舗が隣の吉祥寺にはあるので、賑やかしにのこのこと出掛けていきました。ついでに八幡様にもお参りしたいし・・・

実は防寒スリッパが欲しかったのです。元旦の朝ふと気付くと、それまでのがなんだか侘しい。(こういうものは暮れのうちに買い替えておくものですぞ。)

無印ならあるべ、と覗いたのですが、うーん、それなりのお値段(1500円くらい)なのに、なんかこういまいち気に入らない。

では家庭用品売り場なら、と行ってみました。聞いて驚きなさいまし、似たようなのが397円。が、無印以上に気に入らない。安ければ買うのが貧乏人だと思ったら大間違いざますよ。妥協して無印にするか、と売り場へ戻ったものの、やっぱなんとなく気に入らない。

やめやめっ、と外に出て歩き始めたら、あらまあヨドバシが営業しているわ、なら上のうにくろも営業してるはずだわ・・・でビルに吸い込まれていきました。

そして7階のうにくろをうろうろすることしばし、スリッパがない、と諦めて帰ろうとした時、一番先に通った売り場がスリッパ売り場だったことに気付き、あらまあ、探していたのがあるわ、あらまあセールで300円もお安くなってるわ、と2足を手にしたその時、ガタガタガタッ、ああっ揺れてますう~

大地震!?

とパニックになりかけましたが、みんな騒がないんですねえ。会計カウンターの後ろの吊り下げ表示板なんか曲芸みたいにブランブラン揺れているのに。天井を見上げ、落ちてきたら下敷きにならないようにと梁の部分を避け・・・とかやってるわたくしが馬鹿みたい。

結局揺れただけでしたが、

「防災意識を高めよう」

みたいな元旦の計(警)でありました。

今年もよろしくお願いいたします。

そうそう、八幡様は、「武蔵野吉祥七福神巡り」にはいっているせいか長蛇の列でして、お参りを諦めました。(たしか昨年もそうだった)。ほとぼりの冷めた頃、改めてお参りいたしますので、どうぞよしなに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »