« いのきちさん | トップページ | 東京は今朝雪 »

2011年12月 5日 (月)

吉祥寺美術館 池田満寿夫展

先日、ちょこちょこっと吉祥寺美術館へ行ってきました。

「池田満寿夫美術館所蔵

 池田満寿夫展

 組み合わされたイメージのなかへ」

をやっております。

期間は、11/12(土)~12/25(日)です。

111202ikeda0

内容についてはいまさら説明するまでもありませんが、詳しくは

武蔵野市立吉祥寺美術館のサイト
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

をご覧くださいまし。

(このサイトの「チラシ」をクリックすると、49MBという巨大PDFが表示されます。ダウンロードして印刷しよう、なんて積もりはございませんから、もうちょっと小さいサイズにしてくださるとうれしいな・・・なんて)

111202ikeda1

111202ikeda2

この美術館の何がよろしいかって、100円玉一つで、話題の企画展も、常設の浜口陽三記念室も萩原英雄記念室も見られることです。

安売りスーパーじゃあるまいし、安けりゃいいってものではありませんが、気楽に美術を楽しめるのはいいことです。

ところで、展示室に入って一瞬あれえ、と思いました。

版画ばっかで、あの三叉路がないよ・・・・と。

そう、「池田満寿夫」を見に来たのに、頭のどこかで「横尾忠則」に変換してしまっていたのでした。

脳味噌のどこかに欠陥があるのか、しばしばこの手の間違いをします。「池田満寿夫」と「横尾忠則」が全くの別人であることなど十分承知しているのに、イメージが交錯してしまう。

以前は、バート・ランカスターとカーク・ダグラス(知ってるかな?)をよく取り違えて、映画が始まって(おかしいなおかしいな)と思いつつ大分たってから(あっ・・・)とか。

池田満寿夫さんは、その昔「エーゲ海に捧ぐ」という、芸術だかポルノだかコマーシャルだかわからない映画を作りましたよねえ。劇場公開時に見に行きましたよん。

芸術、の部分は池田満寿夫さんの映画だから。

ポルノ、の部分は、その内容と女優チッチョリーナが出演していることから。

コマーシャル、の部分は、後援ワコールの新商品フロントホックブをつけた女優が意味もなくたびたびホックをつけたり外したりのシーンがあったから。アップだったような気もしますが、なにせ30年以上前のこと・・・

|

« いのきちさん | トップページ | 東京は今朝雪 »

おさんぽ・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/53392015

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺美術館 池田満寿夫展:

« いのきちさん | トップページ | 東京は今朝雪 »