« 公園のラブカップル | トップページ | 昭和のかほり »

2011年11月 2日 (水)

箱遺伝子は陶磁器に及ぶ

用済みの箱、缶、壜が捨てられない人を「箱遺伝子」を持つ人と言います(と勝手に定義づけました)。

この遺伝子、かなりの確率で親から子へ伝わっていきます。(生活様式に関することだからでしょうね。)

わたくしは箱遺伝子の持ち主です。ステキと思う空き箱が捨てられない、缶・壜が捨てられない。それどころか、ひと様がいらないというものまで貰ってきちゃったりして・・・

それではさぞ入れ物だらけになるであろう、と思いますわな。

これがそうそうは増えないんです。何故って、結構入れ替えがあるから。

手に入れたそのときは「ステキッ!」と声が上ずった物件ですが、しばらくしてそれよりいい(と思われる)ものが手に入ると、しばし悩んだ末に入れ替える(基本、モノを捨てないヒトなんですけどね)・・・

で、先日、陶磁器のティキャデイ(キャニスタ)を貰ってきました。

111031uva

陶磁器、と書いたのは陶器か磁器かわからないからです。陶器にしては硬そう、磁器にしては厚い・・・要するに、見識が半端なのです。骨董品の蒐集をしてるんじゃないからいいんです、目が節穴だって。

と開き直っててどうする。

(ボーンチャイナかな・・・)

蓋を取るとこの通り、ステキな入れ物です。

111031uva2

これにお茶を入れるのはちょっと不安なので、朝顔の種入れにしようかと。

なぜ不安か。それはですね、手に入れたのはコミセン(=公民館)のフリーマーケットに行って知らない人から買った、からではなくて、そのフリーマーケット会場のコミセンの庭の一角にある不要陶磁器置き場で晒しものになっていたのを見つけたからです。

要するにゴミ扱い。

ゴミが悪いのじゃなくて、昨今風雨に晒されるとありがたくない物質が蓄積される可能性が大、ということが気がかりなのです。

さて、この紅茶キャディの出自はですね、ラベルによると、「東急オリジナル紅茶」「ロイヤルガーデン」「ウバ紅茶」です。

東急は東急百貨店、ロイヤルガーデンは英国のホテルRoyal Gardenなんざましょ、ウバは乳母じゃなくて、Ceylon Uva、世界三大高級茶の一つざましょ。ほほほ、丸ごとお高級ざますわね・・・

と、たかがキャディ1個ですけど、しばらくあれこれ妄想して楽しめますわね。つくづく安上がりな人間ですこと。

|

« 公園のラブカップル | トップページ | 昭和のかほり »

ちまちま箱遺伝子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/53129133

この記事へのトラックバック一覧です: 箱遺伝子は陶磁器に及ぶ:

« 公園のラブカップル | トップページ | 昭和のかほり »