« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

巷はハロウィン

と言っても、いろいろなことが起こった年です。

馬鹿騒ぎムードではないよう。

ご近所のケーキ屋さん前には今年も化けかぼちゃが出現しましたが↓、普通の家ではそれほど飾られていません。

111031holloween

本来「死者の祭り」、あるいは「西洋お盆」と言われるハロウィンの装飾は、まがまがしいものだったようですが、いまや完全にかわいいキャラクターと成り果てています。

この害のない笑い顔は厄災を振り払ってくれるでしょうかしらん。

111031holloween1

で、お前↓は何だ????

111031holloween3

仕事場のベランダで実ったかぼちゃです。冬至に煮ていただこうと思っているので、くりぬきませんでした。

白いビニールテープを貼って、ペンでちょこっと顔を。間抜けだなあ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

[XP→7]PDFはどうやって作るんじゃ

(XPから7、と思ったけどXPまだ使えそう、7よく分からないしソフト買いそろえてないし・・・混乱の日々:その4)

-----------------------
→Adobe CS5.5、Office 2010 Professional、Dyna font プラチナパック買いました。レーザープリンタも7では不具合があることが発覚して、対応品を物色中・・・と、お金が流出しまくり。
-----------------------

XPが復活しちゃったもので、(7を買わなくてもよかったよなあ・・・)と実は内心ちょっぴり後悔してましたが、ここへきて「買っといて良かった」と思う事態が。

業者より一般の方のほうが新バージョンを早く手にする、というのは昔からよくある話で、印刷関連業界もそうそうバージョンアップにつきあっていられなくて、お客さまに薀蓄たれつつ、ようするに低いバージョンに落としてのデータ入稿を要求したりします。

イラストレーターのデータは8で保存して納入するように、と言われていたのはついこの間のことだった気がするのに、現在のイラストレータは8を通り過ぎ9も通り過ぎ10(わたくしが使っていたバージョン)も通り過ぎCS5。

OFFICEだって98がメインで、2000など邪道で2003(わたくしが使っていたバージョン)なんぞもってのほか、だったのが2010。

昨日、お客様からいただいたOFFICEデータをXPで開くと、重すぎてXPがフリーズする事態となりました。メモリ1GBで扱えないファイルって、いったい何をどう貼り付けているんでしょ。

で、やむなくWindows 7のOFFICE2010で開きました。あらま、さくさく動くこと。

2003からがらりと変わったリボンがめんどくさいけど、慣れよ慣れ、慣れちゃえばきっと便利なはず・・・

PDF関連が大違いになってました。

Acrobat 6からAcrobat Xは違いすぎます。

Publisher 2003を印刷メニューのAdobe PDFで書き出していましたので、2010でもそうしたのですが、「透明」設定が無効となって書き出されます。はて、と訳の分からないリボンメニュをクリックしまくり、ようやくリボン「Acrobat」で環境設定してそのままリボンメニューで書き出すと、「透明」が維持されるし、なんとCMYKに変換もできることを発見しました。

(って、解説書を読めば多分説明されているんでしょうけど、適切な解説書を見つけ出すのも大変)。

そうやってPublisher 2010から書き出したPDFですが、Publisher 2003からAdobe PDF印刷で書き出していた頃に比べると、似たような内容なのにファイルサイズが極端に小さい。

プレス設定にして、フォントも埋め込みにしたのに、どっか間違ってるの・・・

と大変心配です。

校了になる前に製版所に送って確認してもらうことにしましたが、製版屋さんも「2010はあまり扱ってないので」よく分からないという雰囲気です。

しばらく混乱しまくり必至。おかげで、基本やらないはずの残業漬けやってます。忙しいことはいいことだ(多分)・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

[XP10]XP復活のまとめ

(2014年までは使えるはずのXPパソコンが突如「入力信号がありません」と起動しなくなりました。その後半年以上悩まされることになった騒動の顛末 その10)

原因不明で始まった「入力信号がありません」騒動は原因不明のまま解決(?)しました。

以下は推測による、XP復活の道。

原因は不明ですが、長年使った(6年間)ことによるシステムの不整合と、物理的劣化による静電気帯電との相乗作用ではないかと思われます。

1.結局リカバリしました。

 システムの不整合なら、ユーティリティソフトでなんとかなるかと思い、それまでのSuper XP Utilities ProをNorton antivirusと相性のよいと思われるNorton Utilitiesに入れ替えましたが、今更無理、という事態だったようです。

 Windows 7パソコンを買ってデータをそっくり移行したことで、ようやくリカバリする決心がつき、決行。

 ●まっさらになったところで、各種アップデートを注意しながらインストール。

 注意しながら、というのは自動アップデートで通知が来たものを「カスタム」インストールに切り替えて内容をチェックして実行。

 リカバリ前のシステムに悪影響を及ぼしたと考えられる「Windows search」や「Microsoft Update」をインストールしないためですが、これらは今日現在、自動アップデートでは通知されていません。

 以前、すべてのアップデートをインストールしたほうがいい、とのネット上のアドバイスに従ってわざわざMicrosoftのサイトに出向いてダウンロードしたような記憶がありますが、これはやめといたほうが無難、ということでしょう。

 それでも、インストール後に不具合が生じる事態が発生して、以前の状態に戻したことが数回。

 1回はPCメーカーからのアップデートで、Remote Wake Up関連でしたので、今後インストールしないことに。

 ●システムの復元機能はあてにできない

 今回もまったく復元できませんでしたが、以前も成功したことがありませんので、きっぱりあきらめました。(セーフモード他、各種情報に基づいての復元も試みましたがすべて失敗)

 変わりに、Acronis True Image HDを使うことに。システムをそっくりそのままディスクイメージにできるというソフトです。システムに不具合が生じたら、作成しておいたディスクイメージを復元すれば、即使える状態に。

 ソフトとして買うと結構高いので、おまけとしてついているバックアップ用ハードディスクを買いました。このインストールにちょっと悩みました。

 ●おまけのAcronis True Image HDをインストールするには

 説明はインストールディスクの中のPDFに書かれています。それを知らずに(読まないのが悪いんですが)、どうすりゃいいんだとネットを探しまくりました。

 要は、PDFマニュアル内のStub keyを使ってAcronisのサイトで登録してプロダクトキーを発行してもらい、それでインストールする・・・と。HDDの箱に「パソコンをまるごとガード!!」と大きく書いてある割には不親切です。

 ●PCの内蔵HDDがWD(ウェスタンデジタル)製なら、無料のAcronis True Image HDが使える。

 ということを後から知りました。

WDサポート/ダウンロードにあります。
http://support.wdc.com/product/download.asp?groupid=608&lang=jp

それを教えてくださったのはこちらのサイトです。
「スタンプカードが好きなんですっ!」
http://stampcard1.blogspot.com/2011/01/acronis-true-imagewesterndigitalseagate.html

(この無料版はWindows 7PCにインストールしました。インストール時、英語版しかありませんでした。日本語版はそのうち出ます、みたいな予告はありましたが。)

 これでXPの調子よくなった、と安心していたら、またしても恐怖の「入力信号がありません」が出現。

 えええーっ、どうして、とがっくり。

2.LANケーブル関係が怪しい。

 接続機器、ケーブルを全部外し、PCのカバーを外し内部をエアダスターで吹き飛ばし、しばらく放置して(定番の対策)、なんとか起動させることに成功しました。

 で、その少し後の起動中に、LANケーブルを外したままであったことに気づき差し込んだとたんに、ぷつっ。

 どう考えてもLAN関係が怪しい。

 怪しいのは、(1)PC本体側の差込みポート、(2)LANケーブル、(3)スイッチングハブ側の差込みポート。

 (1)だったら修理しかありませんので、(3)と(2)から捜査開始。

 (3)を変更してみましたがダメ。別のPCのケーブルをそのポートに差し込んだら問題なく動作するので、ハブ側の問題ではなし。

 (2)のケーブルかと。

 ここで、なぜ他のPCのケーブルと取替えなかったのかは、思い出そうとしてもわかりませんが、多分、「他のケーブルは長い(2m以上)」「1mのは爪が折れたりしている」ので、まっさらなケーブルで原因を探ろうとしたのかと。

 (ケーブルが長いと帯電する、という話をネットのどこかで読みましたが、それは展示会場などでの20mとか30mあるいはそれ以上での話だったはず。) 

 早速、1mのケーブルを買ってきました。奮発してノイズも少ないというカテゴリ7にしたので、1mで1580円もしましたが、こんなところをケチって後で泣くのはいや。

 これで解決、と思ったのに、ケーブルを刺したままだと「入力信号がありません」を繰り返します。

 もうだめですか。

 もうこれっきりですか、これっきりこれっきりこれっきりでえすかあ・・・

 と思いかけたのですが、間もなくLANケーブルを刺さなければ問題なく起動することに気づき、その後は起動してから刺し、終了後はスイッチングハブ側のポートから引っこ抜き、静電気除去マウスパッドに先端を接触させておく・・・

 それでなんとかなってます。あまりに順調に起動するので、もう大丈夫かと思い、数日刺しっぱなしで起動を繰り返していたらまた「入力信号がありません」が・・・

 やっぱり刺しっぱなしはダメです。LANケーブルを外して静電気除去マウスパッドに先端を接触させておくことが、パソコン内部が帯電するのを防いでいるのでしょうか。

3.メンテナンスは毎日必要

 Macでは頻繁にディスクユーティリティで「アクセス権の検証・修復」をします。Windowsにも必要ではなかろうか、と、Norton Utilitiesでメンテナンスすることにしました。

 すると結構な量の不要ファイルとエラーが毎回検出されます。これが積もり積もればシステムが不安定になるでしょうなあ、というくらい。

 Windowsのシステムエラーチェックも時々します。時間がかかるのが難点ですが、エラーを溜め込んでシステムがまともに動かなくなるよりましです。

それにしても2014年にはXPのサポートが打ち切りになります。それまでに、XPから7にきちんと移行しておかないと

(まだ7に慣れません。7使いづらい。オフィス2010のリボンめんどくさい・・・)

----------------------------------------

20111209追記:

この直後(10/20)に、BIOSを初期値から変更しています。

.「起動」の「ネットワークサーバからの起動」を初期値「使用する」から「使用しない」へ。

〔使用する〕の説明はこうなっています。

「ネットワークサーバから起動する機能(Preboot Execution Environment)を使用可能にします。
BIOSセットアップを終了して再起動すると、起動デバイスの優先順位のPCI BEUデバイス(LAN)が設定可能になります」

.「電源管理」の「PCIデバイスによる電源ON」を初期値「使用する」から「使用しない」へ。

説明には「PME#信号により電源をONにします」と書かれています。

で、「PME信号」とはなんぞや。この先はオタク領域かも。以下ネットから寄せ集め。

「システムの電源をオンにする電源管理イベント(PME)信号」
PMEとはPower Management Eventのことで、PCI 2.2に準拠したデバイスからの起動信号をPCIバス経由で受け取れるようにする機能である。」

Wake on LANに対応したネットワークアダプタを装着しているパソコンは、Wake on LANソフトがインストールされているパソコンから送出されたマジックパケットと呼ばれる信号を受信するとコンピュータの電源がOnになります。」

で、「マジックパケット」とは?

インタフェースカードの MAC アドレスが含まれるマジックパケットというものを送信し、 パケットを受信したマシンが自分宛てのものと判断した場合に電源がオンになります。」

素人にはよくわかりません。

わたくしのXPはWake on LANに対応しているらしいです。だもので、外部から起動信号を送られて、そのために起動関係がおかしくなっていたのかもしれません。

アンチウイルスソフトも常駐させているのですが、感染する可能性の少ない隣接7マシンを完全スキャンしたら、「トロイの木馬」ウイルスが燻し出されてきました。その結果に不安になってXPも完全スキャンしましたが、こちらからは発見されず。

とりあえず、時間のあるときにはせっせと完全スキャンに励んでいます。

しかし、XP、本当に2014年まで実用に耐えるのかな、と心配になってきました。このところエクスプローラ(IEではありません)が高頻度でフリーズします。ネットで調べて対応策もとったのですが、相変わらず。

Acrobat6で書き出した縦書き文書のPDFがAcrobat reader9以降で虫食い表示になるし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

あん肝・・・のようなもの

近所のスーパーで「アメリカ産アンコウの肝」1パック350円也を見つけまして、一瞬ためらったのち買ってきました。

一瞬といえどためらった理由はですね、お高いから、じゃありません。値札シールをとっとと捨ててしまったので詳細不明ですが、多分350gはあったはず。とすると・・・キロ1000円です。十分安い。ネット情報によると国産品相場は、最高級品は別として、魚屋さんの仕入れ価格でキロ2500円くらいらしいです。

ええと、ためらった理由はですね、過日読んだマクロビオティックの本に魚の内臓は毒を蓄積しているから食べてはいけない、と書かれていたからです。

わたくしはマクロビオティック信者ではありませんでして、マクロビオティックとはなんぞやとの興味から読んでみただけですが、読後の感想は「ほどほどに参考にしとこ」でした。

人間の体質は一人ひとり驚くほど違いますから、あの人に良い食べ物が別の人に害をなすというのは珍しくないようです。学校給食では偏食を目のかたきにして「食育」することがあったりしますが(すくなくともわたくしの幼少時代は拷問のような光景が見られました)、人参食べられなきゃかぼちゃを食べればいいじゃないですか・・・

もう一つ理由もありまして、それはですね、新秋刀魚を食べたことを海の向こうの同居人にスカイプで話しましたら、怒られました。

「海はつながっているんだから、原発事故で汚染されてるかもしれないんんだから」今年の秋刀魚は食べちゃいかん、と。

そんなこと言われたって食べちゃったもん。美味いんだよねえ。河豚だって毒があるから美味いんだし(違うだろ)。

「ワタは絶対食べちゃだめ!!!!」

とりあえず、アメリカ産だし、常食するわけでなし、たまには美味に淫してもいいじゃありませぬか。

で、食欲の赴くままに自己流調理開始。

生臭いので、ざっと洗って、かなり濃い塩水に漬けました。

そのまま一昼夜冷蔵庫の中で寝かせようと思ったのですが、せっかちなもので6時間後に塩水から引き上げてお皿に入れて日本酒を振りかけて蒸し始めました。

10分経って見ると、お皿の中が水浸しで一部よく火が通っていない気がしたので、皿から出してアルミホイルに並べて再度蒸し器の中へ。

合計で中火で30分ほど蒸して出来上がりました。

適度に塩味が効いていて、おお美味です。とりあえず食べる分を小さな密閉容器に取り分けて、あとはアルミフォイルで厳重にくるんでジップロックに入れて冷凍庫へ。

111018ankimo1

上中央の丸い物体はアンコウの卵・・・じゃなくて、大きさ比較のための鶏卵です。隣のアルミフォイルの中には大きめの肝をくるんであります。左端が、当面ちびちび食すあん肝もどき。

↓このキモを見て、美味しそうと思うかキモいと思うか。

111018ankimo2

ふっふっふ、かぶりつきたい(けど、丸かじりしたら味がくどい)

111018ankimo3

ホヤが好きな人には堪らない濃厚な味です。

補足:作り終わってから、あん肝ってどうやって作るんだろ、とネットで調べましたら、あらま、作り方がぜんぜん違うではありませぬか。ちゃんと作りたい人は、きちんとしたサイトの記事を参考にしてくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

松茸さま

先日我が家に奇跡が降って沸きました。奇跡が「訪れた」なんぞと生易しいものではありません。

棚から牡丹餅が落下傘降下したように、床下から畳を蹴散らして温泉が噴出したように、まあ、どこから見てもご立派な松茸が現れました。

ああ、我が家にこんな日が来ようとは。生きててよかった・・・

と、大げさに騒ぎたくなるよな到来モノでした。送って下さったのは東北地方出身の友人。食べ方を知らないだろうと気遣ってか、一気に食しなさい(つまり、取っとこうと考えるな)とのメールまで戴きました。

ありがたい忠告とおり、片っ端から裂いて塩振ってグリルで焼いて醤油とレモン(カボス代わりに)をちょろっとたらしていただきました。

んめえ~

111017matu1

左:どっからどうみても松茸
右:とりあえず1個裂いて焼きます。

111017matu2

美味しいお汁がジュクジュク出てきました。むふふ。

送って下さった方、ありがとうございます。この味は向こう30年は忘れられません、いえ、向こう岸に渡っても忘れられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

四つ頭の朝顔

三つで驚いていたら、さらなる驚異を発見しました。

と言っても、10月11日の一番下の写真に写っていたのですけど、よ~く見たら四つ頭でした。

111015asagao

前に三つ種がありますが、さらに一つ、花は咲けど結実しなかった風の物体が。

横から見ると、こんな風。

111015asagao2

ねっねっ、1本の茎の先端に4個ついてるでしょ、って分かりづらいみたい。

では、後ろからではどうでしょ。

111015asagao4

わっ、毛むくじゃら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

三頭の朝顔の種

さんとうのあさがお、じゃありません。みつあたまのあさがお、と読んでくださいまし。

昨年は双頭の花が咲いた、と珍しがっていましたが、今年は花が咲いている間は気がつきませんでしたが、三つ首朝顔だらけでした。

↓こんなのがごろごろ。

111011asagao2

もちろん、双頭もごろごろ。

111011asagao1

これなんか、6個も。というのはウソ。3個が絡み合っています。

111011asagao3

しっかし、まあ、この↓写真だけで、3個が4個、2個が2個見えます。

って、表現が変。三つ頭が4、双頭が2、(単頭が1)です。

111011asagao4

放射能のせい、なんて言わないでくださいまし。

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

3連休・・・でしたが、例によって関係ありません。

亡きお母様の3回忌で田舎に帰ってなんだかくたびれましたし、月曜は出社してみれば、室内がぐっちゃぐちゃ。片付ける、という言葉が辞書から欠落しております某御仁の仕業です。

せっせと片付けて洗って磨いて、何とか翌日から仕事復帰できるように整えまして、ついでに繁り放題だったベランダも少々ちょきちょき刈り込みまして・・・(その結果が上の朝顔の種の発見)

お家に帰ってついドドドっと疲れが出てちょい昼寝。

最近なんだかぐっすり眠った記憶がないです。諸々の事情により、完全休日は日曜だけになりましたもので、その日曜がつぶれるともう大変。丸一日寝てみたい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

かじりかけ林檎はどこへ

昨日、アップルコンピュータの創始者、スティーブ・ジョブス氏が亡くなった(現地時間10月5日)とのニュースが流れました。

ころんとしたiMac ボンダイブルーがわたくしの初めての自宅用パソコンでした。

仕事ではWindows 95~98を使っていましたけど、自宅でうふふむふふ、とPCライフ楽しむのにMacは欠かせないお友達でした。

専門知識もない素人が、ネット界の荒波に漕ぎ出していけたのも、スティーブ・ジョブス氏のおかげでした。

昨日から、アップルのホームページのトップはスティーブ・ジョブス氏の遺影になっています。

ご冥福をお祈りします。

「いつかは死ぬということを覚えておくことは落とし穴を避けるための私が知る最善の方法である。」

これは、スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学での卒業式スピーチの一節です。

今津 英世 (いまづ ひでよ)さんのサイトから引用させていただきました。

全文はこちら
https://sites.google.com/site/himazu/steve-jobs-speech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

パソコン狂想曲・・・の息抜き

秋の彼岸の頃、もしくは台風の通り過ぎた頃からいきなり涼しくなりはじめまして、本日の東京気温17℃昼14.7度。

寒いです。つい数日前は半そでで暑い暑いといっていましたが、今日はしっかりとジャケットを着込んでおります。

この夏はWindows XP、7、MacG3 X10.4に振り回されました。仕事も重なって忙しくて忙しくて・・・というのは嘘ではないけれど、人間、忙しいときこそ息抜きが必要です。

先週末はちょこっとお出かけしました。親戚のお付き合いです。

歓談するのが目的ですが、海外からのお客さんも混じっておりましたので、では観光もしようではないかと、ドライブがてら美術館なんぞに、観光地なんぞに。

あちこち行きましたが、そのひとつがここ↓。

ミレーの「落穂拾い(夏)」(よりも「種まく人」かな)があることで有名な、首都圏近くの某県立美術館です。某、と匿名にする理由はありませんわな。B級グルメグランプリの甲府鳥もつ煮で有名になった甲府市にある山梨県立美術館です。

美術館庭にある馬鹿でかい虫食いつくされりんご。これもゲージツ作品です。

111002ringo

右手の丘を登ったところから、晴れていれば富士山が見えるそうです。

↓これは庭のおにぎり樹木。

111002onigiri

庭にはムーアとか岡本太郎とかいっぱい有名な彫刻があるのですが、どうも目が変なほうにばかり引き付けられるのは人間性ゆえでありましょう。

美術館の向かいには文学館。深沢七郎さんといえば晩年の爺様になってからの写真しかみたことがありませんが、若いときは↓こんなんだったそうです。

(文学に興味のない人ばかりだったので、こちらには入館せず。つくづく教養より栄養の我が一族・・・)

111002fukazawa

近くには有名な観光地、昇仙峡がありますが、美術館めぐりでいいかげんくたびれていたので、やけっぱち気味で車でさっさと仙娥滝にのりつけて見物して了(もったいない・・・)。

じっくり歩くのは、この次にしようということですが、「この次」は多分来ません。他の観光地に興味が移っているはずです。

↓仙娥滝に降りていく階段の手前の、日本昔話風石像の小団体さん。

111002jizo

観光地ゆえ、土産物屋がずらりと並んでおりましたが、一行の誰も何も買いませんでして、帰りがけに地方デパート内の無印良品でお買い物。

海外からのお客さんは、こまごまとした日本製品に興味があるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »