« ワニさんのエクトプラズム | トップページ | 牡丹燈籠 »

2011年6月14日 (火)

それでもきゅうりは育つ

どれがきゅうり2号に育つかな、と思ってから10日ほど経ちました。

梅雨に入って気温が下がって日照も減少して、いっとき成長が止まっちゃったような雰囲気でしたが、合間に照る日も暑い日もありまして、一斉に候補がぽこぽこ出現しました。

↓元祖2号候補。このどちらか、と思ったのですが、根元近くについたのがまずかったのか両者9センチ。上は曲がってますので、伸ばせば10センチくらいかも。

110614kyuri1

現在のダントツ候補。16センチあります↓。10日前は雌花の花芽だった・・・

110614kyuri2

同じく「雌花」だった次点候補↓。15センチ。

110614kyuri3

隠れてこっそり育った10.5センチ↓。

110614kyuri4

このあたりは9センチ級。

110614kyuri5

これと同じくらいのは7~8本あります。

順調に育てよ、ふふふ。みよ、この黄金の栽培技術・・・じゃなくて、偶然の産物です。

買った苗が良くて、植えた時期が良かったようです。

1株150円の安い苗なれど、地元で評判の専門店で買いました。鉢に植えてしばらくして気づきましたが、ミミズも一緒に売ってくれたようです。ミミズさえいれば、肥料の心配なんぞいりません。台所の残り物をそっと埋めとくと、ちゃ~んと肥料にして植物を養ってくれます。

4月の末に植えたのも幸いしました。天気が良くて結構気温が高くて、その時期にかなり大きくなりました。

(5月半ばに通りがかりの花屋さんの隅っこにあった苗を買って植えた自宅ベランダのきゅうりはいまだに身の丈30センチくらいにしか伸びていません。花芽がちょぼちょぼついて尺取虫程度の実もつきましたが、グリーンカーテンに仕立てるのは無理かな、みたいな雰囲気です。)

育て方は、書くとその方面の人に怒られそうなテキトーなものですが、それでもきゅうりは育ちます

○苗を買ってきました。

 鉢を買いました。100円ショップの一番大きいの。

 土を買いました。100円ショップの花と野菜用。

○植えます。

 鉢の底に、土が流れ出ないように換気扇フィルタの切れ端を敷きます。

 土をある程度入れます。苗を置きます。周りを埋めるように土を入れます。

 以前100円ショップで買った洗面器に鉢を入れます。
 (その後洗面器を、より容量の大きい角型洗い桶に変えました。)

 このとき、鉢の下にも換気扇フィルタの切れ端を折ったものを敷きます。(毛細管現象を利用するため)

○水やり

 苗に水をかけます。洗面器に水がしみ出してきたらストップ。洗面器の水は、土中の養分が含まれていますから、捨ててはいけません。

 苗が土になじんだら、以後の水やりは洗面器に水が無くなったら、鉢ではなく洗面器にどぽどぽどぽと注ぎます。根っこが水を吸い上げるイメージです。

 換気扇フィルタの切れ端を、洗面器の中の鉢があたる部分に敷いたのは、鉢の底全面が地面につかないよう作られているものが多いためです。隙間があったら、洗面器の水が全部上がっていきませんもん。

 上から、土、換気扇フィルタ切れ端、鉢の底、換気扇フィルタ切れ端、洗面器の底、です。底石は使っていません。

 きゅうりは結構水を吸います。様子をみながら水やりをします。

○その他

 枯れずに成長するようでしたら、網を用意して張り巡らします。ここでは、以前使った鳩よけネットを流用しましたが、網目が細かすぎて少々不都合でした。きゅうりネット、というのを100円ショップで売っています。

 野放図に伸びようとする茎をつかまえては、パンの袋の口を閉じているビニタイなどで網につなぎます。

 触手のようなツルが網に絡まって安定したら、ビニタイは外して使いまわし可。

 正当な育て方だと、芽をかいたり、水を制限したりするらしいですが、きゅうりに聞くのが一番みたいです。といっても言葉を話すきゅうりは今のところお目にかかっておりませんので、しおれてないかな~、水の吸いが悪いかな~、たまには栄養のあるものが欲しいかな~、みたいにテキトーに判断します。

 それで上手くいかなかったら、運が悪かったとあきらめましょう。腕が悪かったのではありません。

 原則肥料はやりませんが、お米のとぎ汁、牛乳パックをゆすいだ水をかけてやったり、鉢の隅っこに肉の脂身やさばいた魚のあらなんぞを埋めたりしています。

 脂身やあらはきちんと埋めて土をおまけでかけておきましょう。さもないと、ありがたくない微小飛行生物が繁殖することがあります。

○ぼやき

 東京のはずれのこの辺でも、「土」は買うものです。そこいらへんから持ってくると「窃盗」になっちゃいます。ときどき地元の善意団体が作った「腐葉土」を無料で分けてくれたりしますが、このところ遭遇しておりません。

 投資に見合うだけのきゅうりが収穫できるか・・・ って、そもそもグリーンカーテン狙いで植えたきゅうりです。収穫はおまけです。欲張っちゃいかんです。

|

« ワニさんのエクトプラズム | トップページ | 牡丹燈籠 »

植物・きゅうり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/51933861

この記事へのトラックバック一覧です: それでもきゅうりは育つ:

« ワニさんのエクトプラズム | トップページ | 牡丹燈籠 »