« 信濃町からミッドタウンへ | トップページ | きゅうりのグリーンカーテン »

2011年5月19日 (木)

赤坂氷川神社から高橋是清公園

信濃町駅から出発したお散歩の続きです。

余談1:持参した地図が古くてミッドタウンが乗ってなくて、防衛庁跡地のことだと思いつつ少し迷いました。

余談2:持参した地図が細かく表示してなくて、檜町公園から赤坂氷川神社へ行く道を思いっきり間違えました。(ほぼ反対方向に歩いて行って、???と思い、住居表示を頼りに方向修正。)

緑の濃い方向へと歩いて行ってやっとたどり着いた赤坂氷川神社。

のっけからこんな光景です。地震で落ちたのでしょうか。

110515jinjajisin

赤坂氷川神社も由緒ありすぎまして、簡略に説明などできませんので、興味のある方はサイトを御覧下さいまし。
http://www.akasakahikawa.or.jp/index.html

境内に掲げられた「社務所新築事業 ご奉賛のお願い」を読みますと、

「奇しくも平成28年(2016年)は、現社殿を造営されました徳川八代将軍吉宗公が享保元年(1716年)将軍職を継がれて参百年という慶祝の年」

とありました。吉宗公といえば、あの「御落胤天一坊」騒ぎの将軍様・・・

(事物はいろんなところでつながっています。)

「包丁塚」には「料理人の魂とも言える包丁が納められてい」るそうで、「毎年10月に、この塚の前で、赤坂青山料飲組合の皆様が参列のもと、商売繁盛・業務安泰を祈願する神事が行われ」るそうです。

110515jinjahoutyo

氷川坂へ抜ける参道の太鼓橋の元の石の上でカラスが油揚げの袋を突いていました。向かいのお稲荷さんの供え物をくすねてきたのでしょうか。

110515jinjakarasu

もっとアップで撮ろうと近づいたら飛び上がって樹の上に逃げていきました。あらあ~、お食事の邪魔しちゃってごめんね、と飛ぶ鳥の跡に寄ってみたら、袋だけ残っていました。

つまり、近づいたから逃げたんじゃなくて、中身を抜き取ることに成功したから口にくわえて飛んでいったのです。

さて、境内には狛犬がとりどり何組もいました。

これは入り口に近いところの受難狛犬です。どんな災難が降りかかっているかというと

110515jinjakomainu1

桜の老木が頭にごちんこ。重たいよ~、なのでした。歯を食いしばって耐えています。

110515jinjakomainu2

氷川坂を下って道なりにてれてれ歩いて前方に緑地帯を発見。あっちへ行こうと移動していくと、おおおっの急坂出現。

三分坂(さんぷんざか)というのだそうです。

110515sanbu

カップラーメンにお湯を注いで上までのぼるとちょうどよく出来上がっているから、じゃなくて、シュワッチのウルトラマンが3分オーバーでイケなくなって終の棲家にした寺があるから、でもなくて、

「急坂のため、通る車賃が銀三分(さんぷん・百円余)増したためという」(標識説明)そうです。

「坂の多い港区の中でも特に急坂として知られ」ているそうです。

詳しく知りたい方は「東京23区の坂道」さんへどうぞ。
http://www.tokyosaka.sakura.ne.jp/minato-sanpunzaka.html

正面に見えるお寺は「報土寺」です。江戸時代の名力士雷電為右衛門さんのお墓があります。お参りしようか迷ってパスしてきました。

実は地元のお寺で2時から香山リカさんの講演があるので、間に合うように帰ろうと少々焦っていたのでした。

↓青山通り手前の薬研坂の標識。一度坂をおりて上りきった向こう側にも標識があります。

この坂も「東京23区の坂道」さんサイトに説明がありますが、再開発のおかげでサイト内の写真とずいぶん雰囲気が違っています。

110515yagen

坂好きという方は多いようです。向こう側からきたお兄ちゃんも振り返って写真を撮っていました。同好の士が、いい歳こいたおばちゃんでは気まずかろ、と遠慮してカメラ隠して横向いて立ち去るのを待ちまして、さあ、人通りも途絶えたところでパチリ。

これでもそれなりに気を使っているのですぞ。

さて、そんなこんなで時間を食って、次引っかかったのが高橋是清翁記念公園です。この時点で2時まで後少し。リカさん講演は諦めることにしまして、高橋是清公園へドロップイン。

(そもそもきょろきょろうろちょろが大好き人間が見るものいっぱいの赤坂あたりに出てきたのですから、美術館みたらとっとと帰れというのが無理というもの・・・・)

この公園は高橋邸の跡地だそうです。↓泉水庭園だと思うのですが、枯山水の趣あり。

110515takahasiniwa

↓これが原因です。

110515takahasiniwa2

奥にいらっしゃいますのが高橋是清翁。この写真ではわかりにくいのですが、実にやさしい顔をしています。

110515takahasizo

大正から昭和初に日本の財政危機を救った政治家として評価されていますが、軍事予算の縮小を図って軍部の恨みを買い、1936年、2・26事件で暗殺されました。享年82(そんな爺さんを暗殺しなくても・・・)

さて、園内には石像がいっぱいありました。

110515takahasizo1

お地蔵さん・・・というより中国っぽい気がするのですが、はて、何の像でしょう。

110515takahasizo2

↓3人目までは似た雰囲気。

110515takahasizo3

↓4人目 少々お悩みがありそうな・・・

110515takahasizo4

↓5人目 仏教関係というより、モアイとか宇宙人とか・・・

110515takahasizo5

この後はとっとと帰りました、と言いたいのですが、神宮外苑公園に引っかかってうろちょろ・・・ 

おうちは遠い・・・

|

« 信濃町からミッドタウンへ | トップページ | きゅうりのグリーンカーテン »

おさんぽ4・都心編」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

私も都内近郊の寺社や公園など憩いの場を紹介するBlog活動をしているので興味深く読ませて頂きました。行ってみたくなりますね。
素敵なスポットをご紹介頂きありがとうございました。

投稿: H.L.B.(システム部員) | 2011年5月27日 (金) 01時08分

H.L.B.(システム部員)さま。コメントありがとうございます。
ブログを拝見しました。面白そうな記事がいっぱいなので、時間のあるときにゆっくり読ませていただきます。
ブログの「アントレプレナー」、久しぶりに目にしましたが、響きのよい言葉ですね。ご活躍を祈っております。

投稿: カピバラ | 2011年5月27日 (金) 09時38分

>カピバラさま
ご返信と、Blogにもご来訪頂いたそうでありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: H.L.B.(システム部員) | 2011年5月28日 (土) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/51695578

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂氷川神社から高橋是清公園:

« 信濃町からミッドタウンへ | トップページ | きゅうりのグリーンカーテン »