« 歩けば皿にあたる | トップページ | 12月のベランダ »

2010年12月 7日 (火)

中近東文化センター

バザーやフリーマーケットも楽しいけれど、物質的な喜びばかり追求するのはバランスに欠ける気がします。

という反省気分で、日曜日の午後は博物館へ行くことにしました。国際基督教大学の近く(三鷹市大沢)にある中近東文化センターで「ペルシャの宝物」展をやっています。

実はフリーマーケット会場のコミュニティセンターで「ペルシャの宝物」展チラシを見つけたのでした。チラシの表には、大好きな各種「器」の図版。裏にも壷だの杯だの三彩騎駝人物像だの面白そうなものが満載。

101207persia

101207persia2

しかもこの「中近東文化センター」は地元2市が資金を援助していることから、その2市の住民は入館料が100円だそうです。これで行かなかったら、由緒正しい貧乏人として感性が枯れ始めているのかも・・・

行くざます。

えーと、行き方は・・・JR三鷹駅よりバスで15分、だそうです。普通、駅から歩いていこうなんぞと考えない距離でありましょう。

と書けば、どういう方法で行ったか予測がつくと思います。

そう、駅から歩くどころかそれより遠くの自宅から歩いていきました。

どのくらい時間がかかったか、あちこち寄り道しながらいきましたので正確なことは不明ですが、1時間以上かかったでしょうなあ。つくづくバカだとは思います。

で、「ペルシャの宝物」展ですが、見ごたえがありました。2時間は過ごしたかもしれません。あとからあとから観るものが出て来て、出光美術館名品選まであって・・・しまいには脳味噌が疲労困憊。

古代文明に興味のある方には面白いところです。

↓「赤鹿形象土器」 イラン ギーラーン (前1千年紀) 絵葉書から

101207sika

お尻のプリプリ具合がたまりません。分りにくいけど耳に金のピアスをしています。

↓こんなものもありました。

101207persia3

満足しきって出てきまして、ふと振り向けば、こんなダジャレ看板。

101207tyukin1

(資金援助している2市をもじっています。)

で、帰り道も当然歩きます。歩くとこんなもの↓を見つけます。

101207tetto

鉄塔萌え~、と言いたくなるよな鋼鉄造形美。

101207tetto2

で、住宅の玄関にはこんな↓生物も。

101207usagi

どうみても悪事の相談をしているとしか思えない・・・

へっへっへ、今夜あたりあの畑の白菜を全部食っちまおうぜ・・・とか。

12月5日の冬桜の林に遭遇したのはこの先でした。

|

« 歩けば皿にあたる | トップページ | 12月のベランダ »

おさんぽ・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中近東文化センター:

« 歩けば皿にあたる | トップページ | 12月のベランダ »