« サボテンの花盛り | トップページ | 桜が咲いてるよ »

2010年12月 3日 (金)

気になるささいなこと

いつも行くお店の冷凍ショーケースが、温風が吹き出て商品が溶けているのに数度遭遇しました。

つい先日も並んでいる冷凍挽き肉が明らかに溶けているので、お店の人に「溶けてますけど、大丈夫ですか」と伝えました。

店の裏に入っていった店員さん、多分先輩格の店員さんとお話をしたようです。しばらくして、別の売り場に移動していたわたくしの所にやってきました。

「霜取りになっているので、問題ありません」

そうですか。わざわざ報告をして下さいまして、ありがとうございます。返事が欲しかったわけではありませんのに。ここのお店は店員教育ができている・・・という話ではありません。

今の家庭用冷蔵庫には霜がつきませんが、昔の冷蔵庫はすぐびっちりと霜が付くので、霜取りをひんぱんに行いました。熱を加えて霜を溶かすので、当然冷蔵庫の中身の無い時、あるいは中身を全部出してやったものです。専用の霜取りへらなんぞもありました。

業務用の冷凍庫も熱を加えて霜を溶かすのですね。そこまでは何の問題もありません。問題はですね、冷凍ショーケースに商品が入ったまま温風を吹き付けて、

「霜も溶けるだろうが商品も溶けちまってる」

ことです。霜取りが終って冷凍状態に復帰して、一度ぐずぐず溶けた商品をまた凍結して、まさかそのまま売るんじゃないでしょうね。殆んどの冷凍食品のパッケージには「一度溶けたものを再び凍らせると品質が変わることがあります」と書いてあるんですけど・・・

さて、このことを次にお店に行った時に、意見箱(そんなものがあれば)に入れてこようと思っています。箱がなかったら・・・直接言うべきかな、嫌な顔されるだろうな。黙って金輪際その店に行かないことにしちゃおうかな・・・(と小心者の悩みは深い)。

ちなみに、問題のお店は「消費者の味方」みたいなスタンスのお店です。

追加:その後インターネットで調べてみたら「霜取り」で冷凍庫の温度が上って商品が溶けるのはよくあることらしいです。アイスクリームまで溶けた状態で売ってたり・・・今まで知らなんだわたくしが間抜けなのか。

自宅の冷凍庫が霜取りしているところをみたことないけど、やっぱりしてるんだろうか。

冷凍食品のパッケージに、家庭用冷凍庫は温度が一定しないので早く食べろ、みたいなことが書いてありますけど、それ以前に売ってる方の冷凍庫も、溶かしたり凍らせたりしてることも書いといてくれなくっちゃ不公平というもんではないかいな・・・

|

« サボテンの花盛り | トップページ | 桜が咲いてるよ »

ちまちま日常」カテゴリの記事

コメント

大いに気になりますねえ。便利なものには罠がありますか。

投稿: te | 2010年12月 3日 (金) 16時47分

おかげで冷凍食品不信になりました。

投稿: カピバラ | 2010年12月 5日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/50198517

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるささいなこと:

« サボテンの花盛り | トップページ | 桜が咲いてるよ »