« 篭が増えていく | トップページ | 平日の井の頭自然文化園 »

2010年12月 2日 (木)

ああコレステロール

年に一度の健診結果を聞きに行きましたら、本年は赤信号・・・

「高脂血症」ですって。

思いっきり言い訳しまくりました。

「今年の炎暑がこたえて体調不良のまま健診受けて・・・」とか。

けど、数値が高いのは事実。けど、アメリカでは総コレステロール上限値が240mg/dlっていうじゃありませんか。ほぼ健康体じゃぞい・・・

(ここはアメリカじゃありませんです。わたくしは日本人です。)

血中脂質検査
101201hyou1

LDLがオーバーしてます。本で調べたら、中性脂肪値とHDLコレステロールは範囲内、LDLコレステロールのみ高いのを「高LDLコレステロール血症」というのだそうです。

「動物性脂肪の食べすぎや運動不足などが原因でおこる」とかいてあります。うーん、当ってるなあ・・・とか言ってる場合じゃありません。

一昨年初めてLDLコレステロール値がオーバーして焦りまくった結果、その翌年の昨年は正常値に戻ったのに気をよくして、好物の牛スジを食べまくった報いですな。脂は極力排した積り(ベランダのプランタに食べてもらった)でしたが、過剰摂取してしもうたのですな。物には限度というものがありますな。自重せねば。

運動不足は、あの8月9月の暑い盛りに体を動かす気になれなかったんですもの、無理もない・・・・(と未練がましく言い訳)

(総コレステロール値が高いのは「高コレステロール血症」だそうです。こっちの原因は病気や遺伝他いろいろで、動脈硬化を促進させるとか。こっちの可能性も心配しなくちゃいけないかも)

最近の考え方では、HDLとLDLの比率をみる、というのがあります。「LDL÷HDL=1.5未満であること」。で、158を60で割ると2.6333・・・ いけませんなあ。

「血管の中がLH比によってどのように変化するかを内視鏡で撮影したものを見ると、LH比が1.0以下だと血管の内壁はツルツルでまるで赤ちゃんの肌のようです。

これが1.5を上回ると血管の壁にコレステロールの輪ができ始めます。

2.0を超えるとコレステロールの塊が血管全体にこびりついていきます。

そして、2.5を超えるとコレステロールの塊がいつ破裂するか解らない状態になります。」

ブログ「MY PHOTOGRAPHY」から引用させていただきました。
http://aay226517.at.webry.info/200812/article_15.html

ぐえっつ。早いとこなんとかしよ。

(追加:気になったので、遡って計算しました。一昨年169÷58=2.91、昨年138÷50=2.76。比率だけ見ると改善傾向にある・・・)

で、もう一個異常値が。↓

腎機能
101201hyou3

血清クレアチニン値が低いです。年々低くなっていきます。健診結果の説明には、腎機能に異常があると高くなる、とは書いてありますが、低い方は説明がありません。

お医者さんも、低いのは心配ないといいます。

が、それなら低い方の値は書かなくていいんぢゃないのかい・・・とネットで調べました。

あらら、いっぱいでてくること。考えられる原因として

「筋萎縮、妊娠、糖尿病、筋ジストロフィー、多発性筋炎、尿崩症、筋萎縮性側索硬化症・・・

筋肉量の少ない小児や高齢者では成人に比べ低値

血清クレアチニン低値は2型糖尿病の新たな発症リスク」etc.

ぎえ。手っ取り早くいうと、筋肉が少なくなると血清クレアチニンも減るということ。

思い当たるフシはあります。体重計に乗りますと、体重の他に体脂肪、代謝、骨量、筋肉量も一緒に測ってくれるのですが、体脂肪に関しては言いたくないのですが(隠れ肥満です)、骨量も少ないが、筋肉スコアも毎回-2と出るのです。

うそだろ、と信じていなかったのですが、確実に筋肉量が落ちているようです。どうして? ちゃんと毎日1万歩以上になるように歩いているのにぃ、と現実から目をそむけたくなりますが、要するに老化の一途を辿っているのですよ。素直に認めなさい。

筋トレするしかないですな。

というわけで、しまいこんであったダンベルを持ち出して、おいっちに、さんし、とふりまわしていますが、実益の無い運動は飽きるな。雑巾がけしたほうがよさそ。床も綺麗になるし筋力も付きそうだし

・・・(しばらく経過)・・・

はあはあぜいぜい、お寺の小僧さんスタイルで雑巾がけするのは結構疲れます。無理して脳溢血でも起こしたら元も子もない・・・

世にあまた健康法はありますが、言ってることが見事にまちまちで素人は判断に困ります。

朝食一つとっても、「しっかり食べなさい」「朝食は食べるな」「果物を食べろ」「生姜黒糖紅茶を飲め」「水を大量に飲め」「水の飲みすぎは毒」・・・

果物に関しても、「肥満の元」「中性脂肪を増やす」「果物の甘味は果糖でインシュリン代謝に関係ない」「果物は体を冷やす」・・・

ほかにも「高齢者ほど肉を食べなさい」「肉食は血が汚れる」とかいろいろ、いろいろ。

主張する方はそれぞれ医学を学んだお医者さんだったり栄養学の権威だったりするものですから、はて、どうしたものやら。

一部には、健康法の本を読んでるつもりがいつの間にか宗教めいた領域に入ってしまったりします。玄米菜食の本を読んでいたらホメオパシーの記述になっていました。信ずるものは救われるのでしょう。

あれこれ判断のつかない素人は、結局、おのれの体を使った人体実験を試みることになります。

|

« 篭が増えていく | トップページ | 平日の井の頭自然文化園 »

病気未満の不健康と不眠と歯」カテゴリの記事

コメント

私もLDLコレステロールが240とかで、薬を飲んで今136です。やせているので心筋梗塞とか脳梗塞とは無縁だと思っていたのですが、すぐそこまで来ていたのです。酒かすがいいようですよ。

投稿: 水車杉線香 | 2010年12月 2日 (木) 14時09分

これまで通りには行かないお年頃、ですね。
もう一つ、除脈も言われました。頻脈の反対で、脈拍が少ないことです。なんだろな・・・

投稿: カピバラ | 2010年12月 2日 (木) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/50182647

この記事へのトラックバック一覧です: ああコレステロール:

« 篭が増えていく | トップページ | 平日の井の頭自然文化園 »