« 「そうはいかない」 | トップページ | 年末進行中 »

2010年12月15日 (水)

自分を食べる

自分で自分の腕とか足とかにかぶりつく、という話ではありません。

口にいれたご馳走を食べようとして、頬の内側や舌を噛んでしまう話です。

つい先日やりました。小松菜を頂くつもりが頬を思いっきりガブッ。イテエ、と一発で目が覚めたはずなのに、口の中の小松菜を食べてしまおうともう一口噛んで反対側の頬もガブッ。テテテ・・・

とにかく小松菜をいただきまして口をゆすいで最初のガブツキを指で触ってみましたらヌラリと血が。ひええとティッシュペーパーを当てると結構な出血をしておりました。なんど拭いてもティッシュが血に染まります。

困ったなと思いましたが、そんなことで休日救急に駆け込みたくはない。幸い唾液には消毒作用も止血作用もありそうだし(?)、じっと耐えていたらほどなく出血が少なくなりました。

あ~あ。

「頬噛み」って言うんですね。

“第5回「もっと明鏡」大賞 みんなで作ろう国語辞典!”受賞作の新語です。

口の中を噛む原因として、ストレス、疲れ、太ってきた、噛みあわせが悪い、などが言われていますが、歯医者さんのページをみたら「加齢」というのもありました。

「歯と舌や口の動きの連携がうまく取れなくなってきているため」だそうです。
さかえ歯科医院

加齢ですかあ。噛むのは子供の頃から経験してるんですけど。

あちこちネットを調べたら

「舌や口の中を噛むのは、「脳」が疲れてるのです。

人間は一度舌なんかを噛むと、痛みを覚えて無意識のうちに噛まないように体が動きます。

その無意識の防御が出来ないくらい脳が疲れてるから噛むのです。

最近、舌や口の中をよく噛む用になった人たち、まずはリフレッシュしましょう。心も体も。」

というのが2チャンネル(■最近口の中や舌を良く噛んでしまいます。■ )にありました。

気分的には2チャンネル情報が一番当てはまる気がします。

即ち疲労の兆候あり。身体的な疲れは自覚していないのですが、久し振りに口唇ヘルペス君に襲われています。引っ込んだと思ったらまた別のところにぷくっと出現します。朝起きるとなんだか世界が色褪せて見えるときもありますし(白内障ではない、と思ひます)。

いかんです。とりあえず脳に良いことをしましょう。(快楽を追求しましょう。健康に良いも悪いもありゃしません。脳を喜ばせねば。)

今は亡きばあ様の介護で週末ごとに田舎に行っていたときは心身ともに疲労困憊でした。ばあ様が亡くなって半年ほど過ぎたある日、室内のベッドの上に干した洗濯物をふと見上げた時、タオルの青が目に沁みるように鮮やかに映りました。

それまでは使い古しのタオルで色もくすんで汚いし、雑巾にしようかと思っていたのに、不意に涙がでるほど綺麗な色に見えて、しばらくつくづくと見入っていました。

そして、思いました。もう介護は終ったのだと。これからは自分の人生を再生するのだと。

介護って介護する側の生活を本当にすり減らします。でも果てしなく続くわけではありませぬ。 必ず永遠のお別れという時がきます。

101215usagi2

早くも来年の干支の鏡餅の上のピカチュー系「お願いうさぎ」。

なお、口の中の噛み傷が口内炎にならないよう、歯磨きの後に、せっせとプレーンヨーグルトを口に含んでいます。乳酸菌が雑菌を退治してくれるそうで、虫歯予防にもよろしいそうです。

|

« 「そうはいかない」 | トップページ | 年末進行中 »

病気未満の不健康と不眠と歯」カテゴリの記事

コメント

あの痛さは実に不愉快な痛さですね。脳が疲れているって? 道理で最近噛まなくなりました。

投稿: te | 2010年12月17日 (金) 16時45分

懲りずにまだ噛んでます。
根本的な対策が必要なようで・・・

投稿: カピバラ | 2010年12月22日 (水) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/50298402

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を食べる:

« 「そうはいかない」 | トップページ | 年末進行中 »