« 突発性難聴ではないぞ・・・ | トップページ | 篭を編む »

2010年11月 4日 (木)

フリマ 散歩 フリマ 音楽会

11月3日文化の日は盛大に晴れました。ですので、お散歩に行きました。

都心散歩、という選択肢もあったのですが、カレンダーを見ると、地元市民団体のフリーマーケットが2つもあるではないですか、ふっふっふ。(チェックした時点でカレンダーに書き込んであるのです。)

ご存知(かどうか)地元市は西の芦屋市と並ぶ日本屈指の富裕自治体です。住民は一部例外はあるけれど概して金持ちです。

お金持ちのフリーマーケットの特長はですね、いい品物が多くてその割りに値段が安いことです。由緒正しい貧乏人には宝の山です。もちろん、モノを増やしちゃいけません必需品以外買っちゃいけませんけど、目の保養くらいしとかないと・・・

で、コースは、第1会場経由、千川上水沿いに下って吉祥寺の第2会場へ行き、それから井の頭公園でモルモットにお触りして帰宅、の予定。

第1会場で禁を破って必需品じゃない竹カゴを買っちゃいました。だって2つで100円だっていうんですもん。あああ・・・

数々の誘惑を断ち切って上水沿いへ。地元市はこの小さな川を挟んで練馬区と接しています。すなわち川向こうは練馬。

しばらく歩くと川を離れて境界は道路になります。すなわち道のこちら側は地元市、向こうは練馬区。たった1本の細い道路のあっちとこっちは行政上はえらい遠くです。

途中のあっち側にこんな公園があります。立野公園です。道に接する入口は小さいのですが、中は結構広い。

↓別の出入り口は花いっぱいでのどか。

101103kouen1

こんもり木も繁ってます。

101103kouen2

なぜかギリシャローマ風。

101103kouen3

井戸みたいなものも。

101103mizu

と思えば中華風。桃花源(桃源郷)らしいです。

101103toka1

さあさ、ここが桃源郷入口だよ。

101103toka2

左の猪八戒のブタ鼻みたいなのが「桃」を表しているとか。

101103toka3

練馬区の公式ホームページに「桃花源」の説明があります。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/fukei/park/tateno/midokoro.html

「 練馬区と友好交流を行っている北京市海淀(かいでん)区から平成6年3月に碧桃樹(へきとうじゅ)と呼ばれる花桃の苗木が贈られました。これを記念して碧桃樹を配した中国式の庭園を作り桃花源(とうかげん)と名付けました。碧桃樹の花は3月下旬から4月上旬頃に咲きます。

古来より桃の花の咲く郷、桃花源は中国の人々にとり理想郷とされています。また、桃源仙境は桃花源の奥にあり仙人の住むような場所とされています。」

だそうです。

地面に花火が・・・・

101103jimen

思いがけず時間を費やしてしまったので、いそいで吉祥寺方向へ。

途中で適当に曲がっていったら、吉祥寺在住漫画家の西原理恵子さんの家の前に出てしまいました。かなり前に通った時には家だけがあり、隣は空き地でした。その次に通ったときはコンクリート打ちっぱなしのアトリエが隣に出来ていました。本日通ったら、仕上げがされて周囲を木が取り囲んでいました。

これ、西原さんがペン1本(かどうか)で建てたんですねえ・・・
(関係ないけど、わたくし、麻雀放浪記からのファンでし)。

で、第二会場へ。お屋敷街の真ん中です。ここでも引っかかってしまいました。BELLA TORREとかいうブランドのセーターが500円だって・・・(そのブランドはよく分かりませんが、焦げ茶で素敵・・・)

これはいかん、とその後の誘惑を打ち切って井の頭自然文化園。ふっふっふ、モルモットにさわりまくっちゃる、と期待していったのに、なんじゃ、この混み具合は。入園前から人人人で、モルモット広場には長い列が出来ていました。

ですので、とっとと諦めて、資料館のネズミコーナーへ。ふっふっふ、ネズミ年でもないのにネズミが展示されているのです。

↓ハリネズミ。ケースの角にぴったり張り付いて昼寝中。

101103hari

カヤネズミハタネズミも二段重ねで昼寝中。小さいです。

カヤネズミは昔田圃で稲刈りをしている最中に巣をよく見つけました。こんな可愛い住人がいたのでしたか。(2010.12.2カヤネズミをハタネズミに訂正。カヤネズミの写真は12/2に掲載)

101103kaya

↓こちらハツカネズミ。もっとぎっしりいるのですが、ちょこまか動きすぎてピンボケばかり。台の上に載って比較的動きの少ない連中です。

101103nezu1

ハツカネズミがぎっしり詰まったペットボトルもありました。底を切ったボトルを横倒しにしたものに押し合いへしあいになってました。ネズミ嫌いの人には堪らない光景でしょうなあ。

忘れるところでした。井の頭自然文化園にきた目的の一つは、音楽会でした。

「PAN CAKEがおくる 極上アコースティック音楽」。スティールパンという、ドラム缶から作成された(とは思えない優雅な音の)楽器と、アコーディオンとギターのバンド(といってよいのでしょうか)の演奏です。

初めて聴くスティールパンは夢のような音でした。

どんな音色かお聴きになりたい方は、奏者原田芳宏さんのホームページにMovieがあります。
http://home.att.ne.jp/theta/y-h/

(Movieをクリックすると2曲のタイトルが表示されます。タイトルをクリックするとすぐ再生されて音が出ますので、内緒で聴きたい場合はご注意を。)

アコーディオンの大塚雄一さんのボーカル(レモン林・小笠原民謡)にもうっとり。

ギターは小畑和彦さん。ギターとも思えない音もだして、そんなこんなで、小さい子供が最前列でノリノリでした。

3人それぞれに活躍されているようです。

こんな音楽を気楽に楽しめる、井の頭自然文化園はいいところです。(年間パスポート1600円は安い・・・)

|

« 突発性難聴ではないぞ・・・ | トップページ | 篭を編む »

おさんぽ2・井の頭公園など」カテゴリの記事

おさんぽ4・練馬区」カテゴリの記事

動物生物」カテゴリの記事

コメント

相変わらず動物はかわいいですね。

投稿: なす | 2010年11月 5日 (金) 17時46分

今度行ったら、ハツカネズミのペットボル詰めを撮ってきます。

投稿: カピバラ | 2010年11月 7日 (日) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/49926144

この記事へのトラックバック一覧です: フリマ 散歩 フリマ 音楽会:

« 突発性難聴ではないぞ・・・ | トップページ | 篭を編む »