« 本日 夏日 | トップページ | 足腰を鍛えねば »

2010年10月 6日 (水)

芋づる式に思い出す嫌なこと

ばあ様の一周忌を前に色々な夢を見ました。

たいてい目が覚めてしばらくすると忘れてしまうのですが、あの夜の夢はしばらく忘れませんでしょうな。

というのはですね、昔々ン十年前にある男と付き合いまして、その男は実家に来まして、あのこっ恥ずかしいセリフをばあ様とじい様の前で申したのです。

「娘さんを下さい」

当時は女性は20歳くらいで結婚して家庭にはいるのが「普通」でしたから、実家の親は喜びました。当事者のわたくしは、こんなもんかあ、と諦め半分でした。そもそも結婚するというのが、女にとって人生を捨てること、みたいな感覚しかもってなくて、しかも相手に惚れてるわけでもない・・・

で、その後ゴタゴタして「ええい、やめた!」と勝手に決めてしまって、親だけでなく相手の男にも泣かれたのでした。

その男が夢で主役級をつとめておりました。

夢でどうしたわけか、わたくしはその男と結婚しているのです。いるけど別れたくって仕方ない。離婚を迫っているのに、ばあ様とその男が異様に仲良しで、「何バカ言ってんのよ」と取り合ってくれない。くれないだけでなく、ばあ様とその男の二人で仲良く温泉に行くんだとぉ。

ふざけるなっ。

のあたりで目が覚めたはず。

好きになれなかったのは、あまりにも方向が違いすぎたからだと思います。先方は、素直で可愛らしい普通のお嫁さんが欲しくてわたくしがそうだと思ったようですが(見かけは清純そのものでした)、どっこい女の子の中味は砂糖菓子じゃありませんです。

カマトトこなしながらこの先の人生の収支計算もすれば妄想もする。

(収支計算は必ずしも経済的なものばかりではありません。人生のお楽しみも重要な計算要素です。つまり、こいつと結婚すれば金に縁はないだろうが面白おかしく暮らせるだろう・・・とか。)

で、その時思ったのは、こいつと結婚すれば金銭に不自由はしないだろうが決まりきった人生になるだろうな・・・

当時、新宿の紀伊國屋ホールに「薔薇の葬列」を見に行きました。わたくしが映画好きでした。ピーター16才、まごうかたなき美少年でした。わくわくどきどき、わあ、なんて素敵、と見とれておりましたのに、かの男、「くだらない、出よう」と申されました。

あ、あ、あ、あ・・・

このすれ違いはデカかったですねえ。先方は「いちご白書」に大感激してましたもんねえ。いえ、「いちご白書」が嫌いというわけではないですけど。

澁澤龍彦氏の本が大好きで買い込んでいましたら、「変な本は読むな」と言われましたっけ。

給料貰ったからとフランス料理を食べに行きました。わたくしは当時から食い物屋に連れて行かれて喜ぶ感覚はありません。そんな金使うなら、映画見に行った方がいい。20回は見られる、とかで。

当時のフランス料理店はプライドが高いというか、不慣れな客を露骨に田舎モノ扱いすることが多々ありました。入ったのもそんな店でした。コースメニュを選んで、ワインが来て、ボーイ(ギャルソンというべきか)が、グラスに注ぎます。男、飲みました。無反応。ボーイ、そのまんま・・・

小娘のわたくしが、かわりにうなづいて「これでOK」のサインを出しました。

男、テイスティングを知らなかったのです。バカにされまくったその夜のディナーは美味しかったかどうか覚えていません。ビフテキだった気がします。スズキのポアレとか食べたかった・・・

あるときは、別れ際に、「ナントカナントカ・・・お前一人の体じゃないから」と言われまして、目が点点点。この人、何言ってるんだろ、どの歌謡曲からそのフレーズを引っ張ってきたんだ・・・

「お前一人の体じゃない」そういわれて嬉しいもんなのでしょうか。わからん。

何かにつけて型どおりに行動する人でした。母の日だからとカーネーションを買ってきて差し出されましたが、(わたしゃあんたのお母さんじゃない)と喜ぶ気になれませんでした。

そうやって、そうやって、いかにすれ違っていたかを次々に思い出しますが(ネタはほかにもいっぱいある)、先方も、昔変な女に引っかかったと思い出しているかもしれません。

男、今頃はいいおとっつあんになっているでしょう。結婚して子供が3人、なとどいう話もどこからか聞きました。

ひと頃は思い出すたび、結構新鮮に腹が立ちましたが、ここまでくると青春バカ話の一篇にできるものですねえ。(といっても少々腹が立つ。)

|

« 本日 夏日 | トップページ | 足腰を鍛えねば »

ちまちま懐古/回顧」カテゴリの記事

コメント

その昔は結婚したら人生お仕舞いみたいな時代でしたねえ。婚活するような時代が来るとはねえ。

投稿: te | 2010年10月 6日 (水) 22時10分

その他諸々、こんなに変わるとは思っていませんでした。
昔も、それなりに楽しい時代でしたが。

投稿: カピバラ | 2010年10月 7日 (木) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/49605849

この記事へのトラックバック一覧です: 芋づる式に思い出す嫌なこと:

« 本日 夏日 | トップページ | 足腰を鍛えねば »