« はずれ朝顔とネズミ | トップページ | いきなり冬 »

2010年10月25日 (月)

井の頭自然文化園 年間パスポート

というものを作りました。

入園料大人1回400円のところ、1600円出せば1年間有効、何度でもお好きなだけお入り下さい、という有難い券です。

101025pas1

101025pas2

いい大人が動物園に何の用か? ふふふ、井の頭自然文化園は動物園だけじゃないです。遊園地だけでもありませんです。温室もあって、彫刻館もあって、音楽会もあったりするんです。

そのどれが目当てかというと、文化の薫り高く彫刻館・・・というのは建前でして、ふふふ、ふっふっふ、ここにはモルモットがいます。抱っこが出来ます。むふふ、うふふ。

↓か~わええな~。膝に抱っこしてたら目がトロンとしてきて(ああっ、家に連れて帰りたい)。

101025mor

それからですね、いつからか知りませんがね、ここにはなんと「カピバラ」さんがいるんです。

あれれ、2匹、なんでそっぽ向いてんの。

101025kapi

間近で見ると結構大きいです。ぶさ可愛い・・・のかな。

101025kapi1

「リスの小径」というのもありまして、リスがいる大きな檻の中に人間が入っていきます。ほぼ放し飼い状態で人間を少しも気にせず、駆け回っています。指や耳を噛まれないように、と注意書きあり。

胡桃を抱えてカリカリやってます。

101025risu

が、中には思い悩んでいるリスも。

101025risu1

借金が返せないのでしょうか・・・

101025risu2

子供がぐれちゃったのでしょうか・・・

101025risu3

↓伊藤若冲(のモデルの子孫みたいな・・・)。山羊の囲いに一緒にいました。

101025tori

トリといえば、熱帯鳥温室も面白い所です。

↓オウギバト。仲睦まじく囁き交わしていました。ハトといいながら、結構大きいです。

101025ougi

インドネシア、ニューギニア原産。絶滅危惧種らしいです。

北村西望彫刻館は、日曜日にも関わらず貸切状態でした。アトリエで北村西望氏の道具を独占状態で眺めておりました。作品より道具に興味があるという、不埒な見学者です。

親子連れがドアを開けただけで引き返していきました。子供には面白くない空間だろうな・・・

↓園内にはライオンもいます。

101025sisi1

101025sisi

当初は、年間パスポートを作ってモルモットに触ってカピバラさんにご挨拶してさっと園内を回ってとっとと引き揚げる予定でしたが、ふと気づけば音楽会があるとのこと。

「ぶんかえんにやってくる いろんな音がやってくる」という催しの一環です。

1時から、一般公募当選者による演奏。2時から「バロンと世界一周楽団のボードビル・ショー!」だそうで、まもなく1時。なら見ていこう・・・・

なかなか面白いショーでした。

会場でいただいたチラシには「喜劇スターのチャップリン、エノケンを彷彿させる歌って踊れる芸人『バロンなかざわ』率いる喜劇演芸楽団」とありました。

全盛期の浅草の芸人、ってこんな雰囲気だったのかな。

会場には小さい子供が大勢いましたが、乗ること、演奏にあわせて走ったり踊ったり。ショーが終わった後、演奏しながら退場するあとを、子供がぞろぞろとついていき、まるで「ハメルンの笛吹き」。

機会があったら御覧になってはいかがでしょう。

バロンと世界一周楽団
http://www.aroundtheworldorchestra.com/

話が逆になりますが、井の頭公園には家から歩いていきました。地元駅の反対側に出て玉川上水沿いです。途中でガイドらしい人に引率された年配の方の集団に何度か遭遇しました。どうやら、太宰治ツアーのようです。

道沿いにもこんな案内板ができていました。

101025dazai

|

« はずれ朝顔とネズミ | トップページ | いきなり冬 »

おさんぽ2・井の頭公園など」カテゴリの記事

動物生物」カテゴリの記事

コメント

かわいい!!!

投稿: モル | 2010年10月26日 (火) 13時46分

以前一緒に暮らしたモルモットさんたちが懐かしい。今、団地で禁止ペットを巡って紛争が起きています。ペット可マンションに引っ越せるものなら引っ越したい・・・

投稿: カピバラ | 2010年10月26日 (火) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/49841779

この記事へのトラックバック一覧です: 井の頭自然文化園 年間パスポート:

« はずれ朝顔とネズミ | トップページ | いきなり冬 »