« 冷え冷え東京 | トップページ | 人は老いる 物は壊れる »

2010年9月16日 (木)

ドブネズミのにほひ

少し前のことです。

夜、お家の台所でくつろいでいました。テレビをつけっぱなしにしながら本を読んでいました。見てないなら消しなさい、と今は亡きばあ様がよく言ってましたけど、なんとなく音がしてて欲しい時もあるのですよ、都会にひっそり住む人間には。ふっふっふ。

見てなかったので何の番組だったか全く覚えていないのですが、そしてそれは話に全然関係ないのですが、9時過ぎのことでした。足もとにさささっと何かが現れて、ぎゃっ人間が居たっ、とでも言いそうな勢いで後戻りして逃げていきました。

な、な、な、なんだーっ。

灰褐色の毛むくじゃらの小さい猫ほどの生き物でした。

しばし呆然としたのちに気がつきました。ネズミだーっ。

そういえば、数日前から夜中にごそごそと台所で音がしていました。変だな、と思いながら、気のせい気のせい、で片付けていました。

ほぼ十年くらい前にもネズミ騒ぎがあって、保健所で殺鼠剤をもらってきたりで近所中で大騒ぎして駆除したことがあったのに、(だからこそ駆除した)ネズミがいる筈が無いと思い込んで、現実を見ようとしなかったのです。

ではあれは、と気がつき、籠にいれておいた乾麺を調べたら、え~ん、そうめん、冷麦、蕎麦などがかじられていました。袋の中身が半分以上なくなっていたのが2袋。

人間が天下泰平に寝ている間にネズミの饗宴が行われていたのですか。

腹が立つのは、2袋の他にちょこっと穴をあけたのが4袋もあったことです。2袋食べてからにしろやっ、喰い散らかすなっ。

穴をあけられただけなら、どうせ茹でて食すのだし、とっとこうか、とケチなことを考えかけたのですが、この貧乏人をしても全部捨てる気にさせたのは、むわっとする獣臭でした。ドブのかび臭さに濃厚な甘ったるさを加えたような匂いは、もしかして何らかの成分を足したら香水に化けるかも、という悪臭でした。

ご存知ムスクは動物性香料で、加工前は「悪臭」なのだとか。

被害にあった麺を捨てて、麺の置いてあった周囲も使い捨て雑巾で綺麗に拭きました。侵入経路となったベランダ側の窓もアミで全面をふさぎました。

で、かなり経つのに室内に獣臭が残っています。なんでだろ、なんでだろ、と再びネズミが入らないように予防した上で開けられるところは全部開けて換気扇も回して、ついには使っていない香水もあちこちに吹き付けました。

でも、獣臭い。

ちなみに、使った香水は、「アラン・ドロン」プロデュースのスイス製「SAMOURAI」でした。「アラン・ドロン」の部分にどう反応するかで、世代が分ります。なんちゃって。

なんでだろ、なんでだろ、と思いながら日が経つばかりでしたが、ある日、台所を大掃除したくなって、ガスレンジの周りに汚れよけに詰めてある「換気扇フィルター」を取り替えました。

その日からドブネズミ臭が消えました。

そう、ドブ野郎(あらら、お下品な)は乾麺をかじっただけでなく、ガスレンジの周りもかぎまわって匂いをたっぷりこすり付けていたのです。

一件落着。

今回のネズミ事件の教訓:人間とは、騒ぎ納まれば経験を忘れ教訓となしえない生き物である。

|

« 冷え冷え東京 | トップページ | 人は老いる 物は壊れる »

動物・ネズミ攻防編」カテゴリの記事

コメント

ネズミとは?! やはり猫を飼いましょう!

投稿: テコニシキ | 2010年9月16日 (木) 13時04分

哀しいかな、ペット禁止の団地です。

投稿: カピバラ | 2010年9月16日 (木) 14時33分

どぶねずみくんはばい菌だからけだから気をつけたほうが良いと思います。

投稿: な | 2010年9月16日 (木) 15時37分

改装工事でちょん切られたベランダの排水管の穴が怪しいので煉瓦ブロックで蓋をしました。
網戸もつけようかな、とネットで調べたら結構お高いのです。
あれ以来出没してないので、ちょっと油断していますが、いけませんわね。
室内に食べ物をむき出しでおくのはやめました。全部缶やタッパの中・・・
(早くからそうしておけばよかったのにね。)

投稿: カピバラ | 2010年9月16日 (木) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/49465409

この記事へのトラックバック一覧です: ドブネズミのにほひ:

« 冷え冷え東京 | トップページ | 人は老いる 物は壊れる »