« こう暑くては・・・ | トップページ | 土砂降り・久し振り »

2010年9月14日 (火)

カボチャの花を食べる

昨日の段階で食べ頃は7個、と思っていた花が11個ありました。食べ頃、といってもみなしぼんだ花ばかりです。

今朝全開になっている花は5個ありましたが、咲いてる花をぶちっとむしってしまうのは、ちと気が引けます。

収穫した花は、まな板の上で開きます。虫が入っていないか確認するためと、具を詰め易くするためです。(全開の花ならそのままぐりぐりと詰め込めますが・・・)。

↓カボチャの花の開き。

100914kabo1

具を詰めます。ハンバーグの種、と言いたいところですが、平日の朝から挽き肉をこね回す根性はないので、レンジでチンするだけの冷凍豆腐ハンバーグを前夜から解凍しておきました。

チーズも乗せて、11個作っても食べきれないので、残り5個は蓋代わりにします。数が合いませんので、一番大きい花は蓋なしにします。

100914kabo2

小麦粉をまぶして、オリーブオイルとバターでフライパンでじゅうじゅう焼きます。味付けは仕上げに醤油をひとたらし。

なすも一緒に焼きました。

100914asa

飽きもせずサツマイモご飯です。(特大サツマイモを買っちゃったもので、あと3回は芋ご飯が炊けます。)

うふふ、おこげのできる炊飯器です。(三菱製 MITSUBISHI NJ DC5)

100914asa2

で、カボチャの花のお味は、というと、これといった風味はありませんねえ。強いていえば、さっぱりして食べ易い、でしょうか。

こんな効用があるそうです。

カボチャの実、花、種ともに、解毒・殺虫効果があります。
カボチャの花には、消痰止痛作用があります。痰をきったり、熱を下げる、下痢を治す、乳の出をよくするなどの効果があります。
http://www.popuri.info/syokuyou/syoku-jiten/kabotya.htm
【食品辞典】

かぼちゃの花や葉は虫さされに効くので、昔はよく利用されていました。花は指でつぶし、葉は塩でもんでから虫にさされたところにつけると、腫れやかゆみを抑える効果がある。
http://www.shoku-zukan.com/yasai/kabocha.html
「食べものずかん」

|

« こう暑くては・・・ | トップページ | 土砂降り・久し振り »

植物・かぼちゃ」カテゴリの記事

食べる 飲む」カテゴリの記事

コメント

かぼちゃの花が食べられるとは、初めて知りました。薬効もあるのですねえ。

投稿: te | 2010年9月14日 (火) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/49443440

この記事へのトラックバック一覧です: カボチャの花を食べる:

« こう暑くては・・・ | トップページ | 土砂降り・久し振り »