« ひょうたんの優雅な花 | トップページ | タッシェンのシーレ »

2010年8月 7日 (土)

残暑袋物

立秋とはいえ暑さ真っ盛り。夕方になっても室温32度です。
こんな日は外に出たくありません。外出好きでも図書館に行くのが精一杯。
こんな日に何をするかというと、ミシンを引っ張り出して袋物作成。

どうやら袋を作るのが好きみたいです。

先日、クッションカバーをつくる目的で百円ショップで幅1.1m以上長さ1mの綿100%の厚手で色は薄いベージュの生地を見つけだし、とりあえず1m(1点)でよかったものをせっかくだからと3点まとめて買っておいたのが2点残っています。

その布(0.5点分)で、お買い物袋(というか買い出し袋)の大きいのが欲しいな、と先日作って、仕事場に置いてきました。使い勝手がよかったので、こんな日に自宅用も作ることにしました。

1度作ったものですから、手順は頭に入っていますが、素人仕事ゆえ、裁断、ミシン掛け、アイロン掛けで1時間15分掛かりました。材料費は税込み105円で袋2枚作成ですから、1枚52.5円と格安ですが、人件費を時給1000円として、なんやかやで原価合計で約1350円。そこに儲けを乗っけると・・・・

売り物にはならんですなあ。

100807fukuro

幅48センチ、高さ40センチ。米袋でもトイレットペーパーでも入ります。左上は大きさ比較のためのCD。

まだ生地は1m分残ってます。ざっくりしたショルダーバッグを作ろうかな、と思っているのですが、脳内に(止めとけ止めとけそんなに作ってどうする)の声あり。はて、どうしましょ。

|

« ひょうたんの優雅な花 | トップページ | タッシェンのシーレ »

コモノ 布・糸系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/49085161

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑袋物:

« ひょうたんの優雅な花 | トップページ | タッシェンのシーレ »