« 明治座と水天宮 | トップページ | パソコン本体のホコリ取り »

2010年8月 1日 (日)

窓辺の根っこ

100730mado1

これは何でしょう? 夕暮れの海辺? 

いえいえ、実は3週間前に庭の手入れ(というほどのものでなし)をしていて、紫式部の首をちょんと斬り落とし・・・じゃなくて、剪定の積もりで花芽のついているムラサキシキブの小枝を切ってしまったので、瓶にさしておいたのでした。

気がつくと、水中の部分に白いものが出始めて、あれまカビさせてしまったか、と思ったら根が出ていたのでした。花芽はしおれてしまったけれど、根はぐんぐん成長しています。

100730mado2

瓶があるのは台所の窓辺です。いつのまにか「箱遺伝子」の瓶が増殖しています。隣の緑色はバルサミコの空き瓶。捨てる積もりでラベルを剥がして洗ったら、あらま素敵だわ、とコレクション入り・・・

100730mado3

↑前近代的台所風景・・・

昨日も汗まみれになって草むしりをしました。3週間経つと堪え難く草ぼうぼうになります。どちらかというと雑草が生えているほうが好きなのですが、ご近所の方々はそうはいきません。由緒正しい小心者として、見苦しいだの、虫が出るだのと苦情が来る前に対処します。

むく毛が咲いてました・・・じゃなくてムクゲ槿、木槿、無窮花)の花です。この暑いのに暑苦しいむく毛犬を鈴なりにさせてどうする。

(2010.9.6訂正:「ムクゲ」じゃなくて「芙蓉」でした。どこが違うかは
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-mukuge_large.html
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-fuyoh_large.html
をご参照下さい。)

100731hana2

写真のこの花には少ないのですが、他の花には蟻がいっぱい群がっていました。ムクゲにつくアブラムシ(ゴの字でないやつ)が出す蜜を目当てに集まってくるそうです。

(花とヨットとマンドリンのページ 第2巻
http://www1.suisui.ne.jp/~hanasail/00mokuge.htm
その2 アブラムシと蜂や蟻 参照。なかなか面白いサイトです。)

↓蕾(種かな?)。蜘蛛みたいです。

100731hana1

|

« 明治座と水天宮 | トップページ | パソコン本体のホコリ取り »

ちまちま箱遺伝子」カテゴリの記事

植物・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/49017780

この記事へのトラックバック一覧です: 窓辺の根っこ:

« 明治座と水天宮 | トップページ | パソコン本体のホコリ取り »