« 陶磁器リサイクル | トップページ | TBS 手抜き2 »

2010年7月22日 (木)

TBS-4 色々な効果

とにかく使ってみよう「Toon Boom Studio trial」の4回目。

30日間無料お試し期間の半分まできました。なんとなく操作方法の見当がつくようになり、最初に目を通した時には意味不明だった英語マニュアルも、拾い読みながら理解できるようになりました。

マニュアルの451ページ掲載のエフェクトを使って7/13のアニメに手を加えました。
60コマフレームレート「6」=約10秒のはず。

エフェクトはカメラモードで設定します。今回試したのは、

●「Drop Shadow Effect」
真ん中のチビタンに影を付けました。

●「Colour Transform Effect」
左のチビタンを「透明にする」
右のチビタンの「色を変える」
背景3を(夕暮れ風に)「色を変える」

●effectではありませんが、「Peg Element」も使ってみました。該当する日本語が分かりませんが、親レイヤーのようなものです。

3人のチビタンにそれぞれ動きと効果をつけて、親レイヤーにまとめて、その親レイヤーにも動きを付けました。3人まとめて、なんとなく左右に傾いている動きです。

●画面1●
100722tbseffect

●画面2●
100722tbstimeline

●画面3●
100722tbslayer

●画面4●
100722tbsproperties

●「Drop Shadow Effect」

TimeLineの緑の「+」をクリックして、メニューリストから「Drop Shadow Effect」をクリック。そこへ、影を付けたい画像のレイヤーをドラッグして入れます。

作業は「Drop Shadow Effect」レイヤー(画面3の上から2番目)をクリックして行います。

影の調整は、左下の●が位置調整、右上の■が大きさ、上辺と右辺中央の■が角度調整です。

●「Colour Transform Effect」

TimeLineの緑の「+」をクリックして、メニューリストから「Colour Transform Effect」をクリック。そこへ、画像のレイヤーをドラッグして入れます。

作業は「Colour Transform Effect」レイヤー(画面3の上からそれぞれ4,6,8番目)をクリックして行います。

初期値で20コマ生成されます。コマ数調整はコマ端をドラッグすることでできます。

設定方法:
画面4の「Properties」の下にある「+」をクリックし、つまみをスライドさせます。
取り消すのは「-」で。
なぜか、コマの両端では設定できません。
上下に同じつまみが並んでいますが、違いは現在未確認。

1)透かし効果「Alpha」のみスライドさせます。

背景1の左のチビタン:20コマのみ設定しましたが、同じ効果を繰り返す場合はコマを右クリック、「Change Loops」で繰り返し回数を設定します。

2)色変化

全背景通しの右端チビタンと、3番目の家背景に設定しました。画面4の値は背景3のものです。

「Peg Element」

TimeLineの緑の「+」をクリックして、メニューリストから「Peg」をクリック。そこへ、まとめたいレイヤーをドラッグしていれます。

画面3だと「100713-peg」が親レイヤー、その中に3つの画像レイヤーとそれぞれの効果エフェクトレイヤーが入っています。

------------------

マニュアルによると他に

•Clipping Effect, on page 450
•Feather Edge Effect, on page 456・・・・とあります。

クリッピングエフェクトは、イラストレーターやフォトショップでおなじみのクリッピングマスク(パス)を使ってのビットマップ画像切り抜き方法です。

フェザーエッジエフェクトはぼかし効果。

いずれ試してみます。

★★重要★★

カメラモードで図の変形などが上手くできない時は、変形の中心点がとんでもないところに移動している可能性があります。画面をどんどんズームアウトすると、はるか彼方に中心点が発見される場合があります。画面内におさまるように移動します。

|

« 陶磁器リサイクル | トップページ | TBS 手抜き2 »

パソコンToon Boom Studio trial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBS-4 色々な効果:

« 陶磁器リサイクル | トップページ | TBS 手抜き2 »