« 本を買う2 | トップページ | 本を買った »

2010年7月 7日 (水)

送金するのも楽じゃない

円高です。90円を切りまして、金融機関の海外送金レートは88円台になってます。海の向こうのワイワイに送金するチャンスです。

もしかしたらもっと円高になるかもしれませんけど、金融オンチゆえ、相場の動きが読めません。88円なら結構、この前送金した時は96円台だった筈。それに較べりゃ・・・

というわけで通帳と印鑑とキャッシュカードと前回の送金控えをもって銀行に行きました。

で、窓口でああだこうだと言いましたら、個人客で振り込み元口座の本人で(古いタイプの)キャッシュカードを持ってるなら「テレビ窓口」が便利です。手数料も安いし・・・とボックスに案内されました。テレビ画面の向こうのオペレータと話をしながら手続きするというものです。

前回までは、ワイワイの口座から振込み、わたくしは代理人、という形だったのでテレビ窓口ではなかったようです。

キャッシュカードの古いタイプというのは、昨今はICカードへ切り替えがなされていまして、しかし外国送金の場合「スーパーICカード・ICキャッシュカードのセキュリティタイプ、および身体情報登録のあるカードはご利用いただけません」ということなのです。

切り替えを進められたことがありましたが、余計な機能がうっとうしくてやめておきました。ここに来て正解。

さて、このテレビ窓口ですが、「便利」だそうですが、ボックスにこもってから完了まで少々の順番待ちを含めて45分掛りました。前回の送金控えをスキャナで読み取ってもらっての作業ですが、全ての項目を確認し、送金目的を聞かれ、某社会主義国家との関連を聞かれ(勿論無関係と答えました)、おまけに電話音声が音割れで聞き取りにくく何度も聞き返し(必然的にわたくしの声も大きくなっていたはず)、ボックスとはいえ防音とは縁遠く、すぐ横はキャッシュコーナーゆえ丸聞こえだったかも。

無事完了してボックスから出てきましたが、この苦行で、本来3500円の送金手数料が3000円になりました。45分で500円稼いだ計算です。

(先日街頭アンケートで呼び止められて連れ込まれたアンケート会場での謝礼は15分で500円でした。図書券の筈がグルメカード=お食事券だったので、結局使い道なし)

今回の送金で、このケチなわたくしが思いましたこと。

「500円払うから窓口で送金手続きしてくれえ~」

|

« 本を買う2 | トップページ | 本を買った »

ちまちま日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/48817655

この記事へのトラックバック一覧です: 送金するのも楽じゃない:

« 本を買う2 | トップページ | 本を買った »